がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
Zガンダムの通史を文章化する:序章(4)「ブレックス・フォーラ」
 今回はエゥーゴの成り立ちについて。政治面での対立に加え、月と地球の経済面での対立を入れてみました。
 ブレックスは連邦宇宙軍所属の将校であった。一年戦争後はグラナダ基地の鎮圧を始め、多くの元ジオン領の事後処理を担当していた。だが、ティターンズが発足すると、宇宙における戦後処理はほとんど彼らの仕事となった。地球至上主義を掲げる彼らはその権限で宇宙軍の領域を蹂躙し、結果を出しながらも確実にスペースノイドの反感を煽っていった。ブレックスは宇宙軍を代表してそのやり方に異議を唱えたが、政府の圧力がかかり正当な異議として認められることはなかった。ティターンズの存在に陰謀めいたものを感じたブレックスは、裏でジャミトフが動いていることに気づく。そのヒントを与えたのは、アナハイム・エレクトロニクスのメラニー・ヒュー・カーバインであった。
 メラニーはジャミトフと同期だった間柄であり、また戦後の特需で一気にのし上がり経済界のトップに躍り出た成り上がり者である。経済と軍・政治という違う領域ではあるが、同じように戦後の情勢を利用してのし上がった存在である。デラーズ紛争で少なからずジャミトフとアナハイムに接触があったこともあり、メラニーはジャミトフの目論見に大まかではあるが気づいていた。そして、ブレックスにそれを示唆したのである。
 アナハイムを初めとする月資本にとって、ティターンズは脅威となる存在だった。それは、ジャミトフが地球資本の全面的なバックアップを受けており、その権限でティターンズを使ってスペースコロニーを支配し始めていたからである。つまり、ティターンズを通して地球資本が宇宙へと進出し始めていたのだ。経済面と軍事面、共にティターンズの影響を受けたメラニーとブレックスは互いに手を組んだ。
 ブレックスはアナハイムら月資本の後ろ盾を受けたことで、政治の世界に足を踏み込んだ。そして議席を獲得した彼は、戦前から勢力を確保していた連邦政府の野党に働きかけ、連邦製反対派や環境主義者、親スペースノイド主義者らと、それまで中立的立場を貫いていた月面資本のパイプとなり、ジャミトフに対抗するための反地球至上主義という立場を固めていった。
 ジャミトフが政界と同時に軍の主導権を確保しようとしたように、ブレックスもまた連邦軍内での派閥を形成する必要があった。しかし、元々彼が所属する宇宙軍は連邦軍内において権勢が弱かった上に、ティターンズに仕事を奪われその規模を縮小しつつあった。そのため、ブレックスは正規の連邦軍内とは別に軍事力を必要とした。すなわち、非公式の軍事組織を設立することを考えたのだ。折りしもティターンズは、ジオンの残党狩りと称して多くのスペースコロニーに対して弾圧に近い行為を繰り返し、コロニー市民の反感を買っていた。立場に劣る正規軍はティターンズの横暴を止めることができず、市民は独自に自警団を組織してティターンズに反抗するしかないという状況が生まれていた。
 ブレックスは、各コロニーに点在する反ティターンズ組織のネットワーク構築を手助けし、一大市民組織に育て上げた。正規軍として表立って彼らの支援を行えない代わりに、裏からの支援を行ったのである。これらの行動には当然月企業の協力があったことは言うまでもない。
 これら非公式組織と正規軍を繋ぐ拠点として、ブレックスは元ジオン基地グラナダを選んだ。当時ティターンズは月から最も遠いサイド7と同じ宙域にある宇宙基地ルナツーを宇宙の拠点とし、またかつてジオン軍の宇宙要塞であったコンペイ島やジオン軍の秘密研究基地であったペズンも支配下に置いていたが、月面のグラナダ基地だけはその権威が及んでいなかった。これはひとえに月資本の影響力がティターンズの支配力よりも大きかったからであり、月がブレックスを味方できた理由と同じである。
 しかし、これだけではティターンズに対抗するには戦力が足りなかった。ティターンズに劣る軍備しか持たない正規軍と、まともな軍事力を持たない市民ゲリラを寄せ集めたところで、いくらアナハイムから最新型の軍備が供給されたとしても、質も量も劣ることは明白であった。そのため、ブレックスはジオン残党との接触の必要性を感じていたのだが、彼にはジオンとのパイプがなかった。アナハイムにしても、デラーズ紛争後はほとんどジオン残党との繋がりは断っていたために、この点においてはブレックスの力となれなかった。そんな時、1つの情報が入る。それは、ジオン公国で最も有名なエースパイロットであった、“赤い彗星”の異名で呼ばれた金髪の青年が、連邦軍の軍籍を手に入れてグラナダに現れたらしい、という情報だった。

次回:序章(5)シャア・アズナブル
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
軍事 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…
2008/06/09(月) 00:06:21 | 気になるワードを詳しく検索!
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.