がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
結局マラサイって制式採用されたの?
 マラサイというMSは、エゥーゴへの参与を疑われたアナハイムがティターンズに供与した機体として知られていますが、その後どうなったのかということを書いた資料はありません。後半、劇中に複数登場していたことから、当初供与された分(ジェリドたちが乗った分)だけがティターンズに配備されたわけではないようですが、実際のところ「連邦軍に制式採用されたのか」というところは曖昧になっています。
 ハイザックの後継、あるいは指揮官機として配備されていることから、なんとなくハイザックと同様に採用されていたような雰囲気があるのですが…

 一部の資料では、マラサイが実際に採用されたか否かを明言しているものもあります。

「一時期はハイザックに続くティターンズの量産MSに決まりかけたが、生産効率の悪さ、出力の低さ、そしてなによりアナハイムエレクトロニクス社製という事で本採用とはならなかった。しかし、基本に忠実な機体というのはパイロットにはとても好評であるのだろう。かなりの機数が戦場に出ていた。」(機動戦士Zガンダム大事典)

「のちにその高性能さを認められ、連邦正規軍に正式に採用されることになる」(ZガンダムフィルムブックPart1)
「その優秀さが認められた後、地球連邦宇宙軍でも制式採用に踏み切った」(ZガンダムフィルムブックPart2)

 大事典とフィルムブックではまるで逆のことを言っているように思えますが、前者は「ティターンズでの採用」を言っており、後者は「連邦正規軍での採用」を言っているため、矛盾はしていません。
 なので、これらの記述を参考にするのであれば、「マラサイはティターンズでは制式採用されなかったが、連邦宇宙軍では制式採用された」ということになります。
 しかし、劇中でのマラサイは完全にティターンズの機体として描かれています(正規軍自体が後半に出てこないからね)。ただティターンズに青色のハイザックが配備されたりしている以上、正規軍配備のマラサイがティターンズに編入された結果ティターンズの機体として運用されたという可能性もあります。
 また、ティターンズでは採用されなかったとする大事典においても、かなりの機数が戦場に出ていたとしていることから、主力機にはならなくても一定機数の発注は行っていたと考えられます。ザフトのMSをティターンズに例えるとジン=ハイザック、シグー=マラサイ、ゲイツ=バーザムってところでしょうか。主力にはなれなくても、指揮官機として一定の生産数があったのかもしれません。ほら、「後期生産型はハイザックの腕に交換された」ってあるくらいだから初期型と後期型で2回分の生産があるわけで(笑)

 ただ、1つ困る点があって、それはジェガンが「連邦軍初のアナハイム製量産機」と言われていることなんですね。マラサイは最初から最後まで純正アナハイム製ですから、このジェガンの設定がある限りティターンズはともかく連邦正規軍にマラサイが採用された可能性はゼロなわけです。

 …が、資料を見てみると、ジェガンを「連邦軍初のアナハイム製量産機」としている資料、どうもセンチネルだけみたいなんですよね(形式番号の説明のところ)。
 EBなど他の資料だと、ジェガンは「GM系初のアナハイム製」としているんですよ。んじゃ、別にマラサイは正規軍に採用されててもいいんじゃないの~?という気もします。劇場版上映当時の資料をあまり持っていないのでそちらが怪しいのですが、Bクラブではアナハイム製という記述自体がありませんでした。

 まぁ、強いて言うならマラサイは宇宙軍が採用しただけで、地上軍は採用しなかった…というところでしょうか。ハイザックは地上にも配備されていましたからね。

 というわけで、マラサイというMSは「ティターンズでは主力機に採用されなかったが、一部指揮官機として採用された」「連邦宇宙軍は正式採用したが、地上軍は採用しなかった」というところが、落としどころなのではないかと思います。
 でも連邦宇宙軍がマラサイを採用していたような形跡ってないんですよね、あんまり。実はZZ最終回のエゥーゴとの連合艦隊はマラサイをたくさん積んでたんだろうか。
スポンサーサイト
コメント
コメント
連邦に正式採用されたものの少数でしかなく、すぐにジェガンに取って代わったとか。

ところで、性能的に陳腐化しつつあるハイザックの置き換えで、ジオン共和国で採用されたって記述をどこかで見た気がするんですが、どっかの俺設定だったろーか?
2008/05/26 (月) 22:53:54 | URL | 叡天 #-[ 編集 ]
>後期生産型はハイザックの腕に交換された
モモコ・キクチ中尉機はともかく、ZZでネオジオンにも使用されていたワケですから、それなりの生産数があったのでしょうね。

まぁ、ジオンの再興など(いわゆるG型やE型など)ではとんでもない数が生産されてたりしますが、この場合どこでこれらのマラサイを手に入れた(または新たに生産した)のかが気になるところではあります。
E型などは宇宙戦用といわれてましたから、地球以外のどこかにマラサイの生産ラインがあったんでしょうかね?

あとは後期生産分の内数機がグリフィンに改修されたとか…

近藤ネタばっかだな…自分w

あとは最近出たハイパーウエポン2008ではマラサイがとんでもないオリジナルメカに変貌していました。
2008/05/26 (月) 23:07:07 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
あと…
UC0085にマラサイがアクシズに配備されていた…というキース・マクレガーさんの自伝のフォローもオネガイシマス。
2008/05/27 (火) 17:08:29 | URL | 6 #-[ 編集 ]
マラサイの出力はあの時代の量産機の中では高い方なんですけど
それで出力低いって…
さすがティターンズとしか言いようがありませんね
あと出力といえば、マラサイとプラトZやパラスアテネの出力が同じですよね
同じジェネレータでも積んでるんだろうか
2008/05/27 (火) 21:43:05 | URL | わんこ #2DdjN05.[ 編集 ]
>「後期生産型はハイザックの腕に交換された」ってあるくらいだから初期型と後期型で2回分の生産があるわけで(笑)

ハイザック腕のマラサイ改は”前期生産型”ですよ。
とはいえ、文脈的に後期ロットは存在しますね。所謂G・α装甲のやつか?
HGUC解説では量産前提試作機、先行量産機が確認出来ますね。量産前提試作機が無償提供の6機とは思いますが、”前期生産型”が何処に当てはまるかは断言できません。

>性能的に陳腐化しつつあるハイザックの置き換えで、ジオン共和国で採用されたって記述

明確な記述は思い出せませんが、少なくともゼダンの門を改修していたジオン共和国軍(同時に共和国軍の主力機のリック・ドムが出てくるシーン)での運用が確認出来ます(ZG14話)。

共和国軍はハイザック、ディアス系も購入してますし、マラサイもそんな感じだったのかと。

>ジオンの再興など(いわゆるG型やE型など)ではとんでもない数が生産されてたりしますが、この場合どこでこれらのマラサイを手に入れた

MIAデータシートでは”ネオ・ジオンに引き渡された”とあります。ティターンズ同様AE横流しの可能性もあるでしょうし、ハイザック同様ティターンズ残存機体の編入も、もちろんあるでしょう。共和国軍装備の可能性もありえますね。
2008/05/27 (火) 22:57:24 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
もともと、エゥーゴに譲渡される予定だったのが、ジオン共和国からの発注水増し増産分だったとかw<ジオン共和国の指示で(爆)

連邦とは仲良くしてなきゃいけないけど、ティターンズは危険だぞ!エゥーゴを支援しなきゃ!

あ、でもAEと結託してエゥーゴ支援してるってバレたらまずいから、ティターンズに譲渡していいよ……とか(妄想炸裂中

「お前の小説じゃないんだからさ……」と陰の声(笑)
2008/05/28 (水) 18:03:31 | URL | サリエル #nL6A2.tM[ 編集 ]
>叡天さん
ジェガンも当初はロンド・ベルにしか配備されていない機体でしたから、
正規軍はジムIIIかマラサイかってところだったのかもしれませんね。

ジオン共和国のマラサイは、とっぱさんが仰るようにTV版14話に登場しているのでそれは確かなんですが、
ハイザックの置き換えでっていう記述はちょっと見たことがないですね。
あの時点ですでにジオン共和国にマラサイが配備されている、というのは実はかなり重要な気がします。
ティターンズ経由にしては早すぎるので、当初からアナハイムに供与されていた可能性が高いような…。

>コンラッドさん
ジオンの再興のマラサイは陸戦用ですから、
連邦宇宙軍が採用した宇宙用とは別に、アナハイムから供与されていたとも考えられますねぇ。
おそらくはハマーンの艦隊が地球に降下したとき、あるいはその後に降下した部隊が彼らでしょうから、
その時点でネオジオンはジオン共和国軍と合流していないはずですので、
共和国経由ではないような気がしますね。
ティターンズ経由かアナハイムから直接供与されたか、というところですが…
バウと同時期にアナハイム経由ってのが怪しいところでしょうか。

近藤作品的に考えると、
MS-108マラサイ、MS-109ゴブリン、MS-110チャイカの関係はちょっと気になるところです。

>6さん
NMS-04の型番からして意味不明なんで、なかなか難しいっすね(汗)
実はマラサイはアクシズ経由でアナハイムに伝わった機体だった、と考えればいいのかなとは思いますが。
アクシズ製マラサイの再設計をエゥーゴがアナハイムに依頼したけど、事情が変わって不採用になってティターンズにまわされた、とか。
だったらジオンの再興のマラサイはアクシズオリジナルの機体とか考えたりも出来るんですけど、妄想の域を出ませんな。

>わんこさん
自分もそこはひっかかるところだったんですが、
ハイザックもあの出力でなんでサーベルとライフルを同時に使えないんだという問題もありますし、
何か構造的な問題なのかもしれないですね。

出力が同じMSというのはいくつかあるんですが、
全てタキム社製とかって設定がない限りは、うかつに結び付けられない部分がありますね。

>とっぱさん
勘違いしてました。マラサイ改の設定を読んで「じゃあ、マラサイには前期型と後期型があるのか」と思った印象だけが残っていたようです。

量産前提試作機=ジェリド機他6機
先行量産機(前期生産機)=それ以外のティターンズ配備機(あるいはジオン共和国配備機)→一部は後にマラサイ改に改修
後期生産機=連邦正規軍配備機(及びネオジオン配備機)

ってところでしょうか。

>サリエルさん
元々ジオン共和国用に開発された機体ってことにすると、
マラサイがなんでハイザックよりもずっとザクっぽいラインなのかもなんとなく分かるような気がしますね。
NMS-04はジオン共和国の型番だったとか?
それをアクシズに譲渡したのがタイラント版マラサイ?(開発時期的に苦しいか…)

なんにせよ、マラサイはかなりきな臭いMSってことが見えてきました。
2008/05/28 (水) 21:14:25 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
単行本、ジオンの再興の解説では
E型を「マラサイ初の量産タイプで…」と説明しています。
これをZ本編のマラサイも含めて、最初に量産された型式が「RMS-108E(MS-108E)」だったとすると…なんとなくケンプファーにも繋がる感じが(電ホのアレではないですが)…w

まぁ、Bf109も本格的な量産タイプがE型からですし、有り得なくもない…かな…と。また、E型が基本とすると、グリフォンのベースになったF型が後期生産分…とか。ガンダム顔なのは近藤版バーザムと同様ですが、中身はMk-Ⅱだったりして…。

>ジオンの再興のマラサイは陸戦用ですから、

E型は宇宙戦用としてるんですよね(F型はその発展型)。そこから地球侵攻の際に必要になったので、急遽G型が作られた…となってますね。これがE型改修なのか、新たにG型として新規に作られたものなのかはわかりませんが、ネオジオンには、かき集めたマラサイ以外にも、独自で生産されたマラサイを保有していたという事なのでしょうかね?
2008/05/28 (水) 22:54:57 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
>NMS-04
これいい案かもしれませんね。
Nが新生ジオン共和国(NewZeonRepublic)のNなのかも?(笑)

ジオン共和国としては「ティターンズよりエゥーゴに近い」と思うんですよね。シャアがアクシズから地球圏に戻ってくるのにしてもアナハイムとのパイプに一枚噛んでいる気がしたりする訳です。(ジオニックやツィマッドの吸収合併などの絡みもありますし)

ジオニック社は全面的にアナハイムに吸収されたとされているのも実は「グラナダにある本社」であって、サイド3にも工場や開発局は残っている筈なんですよね。それも含めてアナハイムに吸収されたのだとすれば、アナハイムはジオン共和国軍から発注を受けていない筈がない…とか(笑)

そうすると、ガルバルディのルナツー製とか、ハイザックのデザインとかが微妙なんですが、マラサイについては割と説明がつく気がします。

アクシズはジオン共和国を接収することで、マラサイやらアイザックやらを入手した……という風に考えることもできませんでしょうかね?
2008/05/29 (木) 01:38:30 | URL | サリエル #nL6A2.tM[ 編集 ]
>NMS-04 妄想

01:リック・ドム
02:ハイザック
03:リック・ディアス
04:マラサイ

バンザーイ!バンザーイ!(w

ちなみにRディアスは地上残留ネオ・ジオン軍で確認出来ます(ジオンの再興)。シュツルムD同様、共和国経由の線が濃厚。

まぁ、そもそもタイラント版マラサイは時系列的に問題なんですが(w
2008/05/29 (木) 09:05:48 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>MS-110チャイカ

ずっと前から妄想の域を出ませんが、急遽変更されたディジェのジオン系のMSの外装(カイシデン・レポート)がコイツだったんではないかと。
チンガードを外してダム顔を付けると宇宙用ディジェ(Bクラブ・アイアンハート)になるのが美味しいですよね、この設定。

そんなわけで、チャイカもアナハイム経由のネオ・ジオンMSだったのかも。
そうなると、間の109・ゴブリンもそうなるのかなぁと。一応マラサイの廉価版という説もあることですし。
2008/05/29 (木) 09:20:37 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
チャイカ

なるほど!
ディジェ宇宙用との繋がりってのは上手い線ですね。

えーと、近藤デザインから小林風味(誠・源文)を除くため、最近のMSデザインの最大公約数的な要素に分解してアク取り、カトキ手法で再解釈を加えて組み直し…って感じでリファインしてみよっと。
つまり、立体としてマラサイなどの隣に並んだ時に、同時代・同時空のMSに見えるように。
2008/05/30 (金) 21:19:43 | URL | 叡天 #-[ 編集 ]
>コンラッドさん
「E型が初の量産タイプ」というのは結構重要かもしれませんね。
ジェリドやカクリコンの機体は量産試作型だからE型じゃないのかも。
ジオン共和国やタイラント版ネオジオンのマラサイもE型以前の機体かもしれませんし。
しかし、確かにケンプファーを彷彿させますな、108でEというのは…。118だったら完璧だったんですが。

F型はHJ別冊のHOW TO BUILD GUNDAM WORLD3に出てきますね。あげた氏のデザインで。
あれがグリフォンのベース機だった…のかも。

ジオンの再興を考慮に入れるなら、ティターンズから接収した以外のマラサイもあったと考えた方が良さそうな気はします。
仮にティターンズ不採用、連邦宇宙軍のみ採用だったとすれば、
陸戦用のマラサイは連邦系組織には存在しないはずですからね。

>サリエルさん
タイラントソードではアクシズを組織名として使わず、
一貫してネオジオンと呼称しているので、
Nの意味もネオジオンを意図しているとは思うのですが、
それでもジオン共和国と考えたくなる番号ではあります(笑)
現実的に考えると、近藤作品のRMSからRを取っただけの型番の方がそれっぽい気もするんですけどね。

アナハイムってやっぱりサイド3にもあるんでしょうかね?
何かにサイド3のジオニックは解体されたって書いてあったような…

アクシズがいつジオン共和国軍と合流したかははっきりしないんですが、
ネオジオンのアイザックやマラサイが登場するのは確かガンダムチームが再び宇宙に上がって以降(青の部隊のアイザックは鹵獲機でしかないはず)なんで、
ジオン共和国経由という可能性はあると思います。

>とっぱさん
ジオンの再興に出てくるネオジオンのMSって、
ほとんどジオン共和国が採用している機体とかぶってるんですよね~。
実はゴブリンも共和国製だったりするのかも。低コストなあたりがそれっぽいし。

チャイカ+ディアス=ディジェってのは確かにあり得ますね。
というかガンダムヘッドの予定があったって、アイアンハートを意識してたのか…
2008/05/30 (金) 21:45:22 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>叡天さん
リファインチャイカですか、すごく期待してます、それ(笑)

仮にディアスのフレーム+チャイカの装甲=ディジェだったとするなら、
ディアスとチャイカはある程度似たフレーム構造を持っていて、
それは同じGP02を祖とするからだ…とか妄想してみる。
デラーズフリートが遺したGP02のデータはアクシズに受け継がれ、チャイカを生んだのです!(爆)
2008/05/30 (金) 21:52:59 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>ティターンズ不採用
今回もルロイ様をはじめ皆さまのマラサイ考察、大変楽しく拝見させて頂いております。拝見していて、「ティターンズ不採用説濃厚かな…」と思った途端に頭の中に湧いたMSが一機…「キリマンマラサイ」
これって、ティターンズ生産機じゃなかったでしたっけ?
2008/05/31 (土) 00:17:33 | URL | 花柳氷輪 #-[ 編集 ]
>青の部隊のアイザック

一応フォローしておくと、”FLNを経由してネオジオンから譲られた機体”らしいです。ディザート・ザクも同様。(出典:ジ・アニメZZ裏設定)

降下した特務部隊はアフリカの連邦軍基地を巡回しティターンズ残党を併合していたそうなんで、ザクマリナー同様連邦鹵獲品の可能性が高そうですね。
2008/05/31 (土) 08:40:30 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>花柳氷輪さん
キリマンマラサイ…ZZゲームブックのやつですか。
これはアナハイムの支援を受けられなくなったティターンズが独自に開発したマラサイということですから、
アナハイムのマラサイとは別機種なんだと思います。型番もRMS-108ではないでしょうね。
しかし、これを踏まえるとティターンズ不採用説は逆に間違いないというような気がします。
出力が足りないとか色々理屈をつけてはいるけど、結局アナハイムとの関係が途切れただけだったんじゃないかと。

>とっぱさん
んー、ということはジオン共和国経由はあまり考えられないですね。
ジオンの再興の地上軍も「降下した特務部隊」の一員だったんでしょうかね~。
2008/05/31 (土) 12:53:19 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
型式番号ってのは制式採用していない機種にまで付けるものなんでしょうか。

ティターンズで終盤まで使われている機体が制式採用されていないというのも不自然な気がするのですが……。

アナハイムの設定も明確なものがないですしね(笑)
ツィマッドの様に、ジオン側の工場などはジオニックメンテナンスとして残っていそうですが。
2008/06/02 (月) 14:33:20 | URL | サリエル #nL6A2.tM[ 編集 ]
あー、不採用というか、「主力機として不採用」ということですね。
制式採用されてはいるけど、主力にはなれなかったということだと思います。
2008/06/02 (月) 21:43:28 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>主力機として不採用
それならば、納得します。
次世代主力機というより「その場の主力機」って感じでしたからねぇ。

>FLNを経由
wikipediaなんかは「ティターンズがダカール侵攻の際に合流した」的なことが書いてあるんですが、出典はなんなんでしょうねぇ?
2008/06/03 (火) 20:39:25 | URL | サリエル #nL6A2.tM[ 編集 ]
HGUCインストの「使い潰される形」という記述どおりなんでしょうね。

地球に降下したネオジオンがダカール侵攻までの間にティターンズ残党を糾合していったというのは、
データコレクションにもある記述です。
地球でティターンズ地上軍を吸収したってことでしょうね。
2008/06/04 (水) 21:29:26 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.