がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
Zガンダムの通史を文章化する:序章(3)「ティターンズ」
 だいぶ間が空いてしまいましたが、前回の続きです。前回はカテゴリ「Zガンダム考」を参照してください。

 つーか、すでに前回も旭屋の解釈を取り入れて修正したいところです。そのうちまじめにZセンチュリーをやるときには、また加筆修正があると思います。

 一年戦争が軍事技術の面で与えた大きな影響が、モビルスーツと呼ばれる兵器の登場である。この、「手足」と「顔」を持つ機動兵器は、ミノフスキー粒子の影響下で縦横無尽に動き回り、連邦軍の戦艦を次々と沈めていった。しかし裏を返せば、モビルスーツはミノフスキー粒子の影響下でしか活躍できないということだ。恒常的にミノフスキー粒子が散布されない戦後においては、決して戦力として大きな位置づけにはならなかった。

 ただし、相手が同じモビルスーツを持つ戦力だった場合、必然的に相手がミノフスキー粒子を使用してくるため、モビルスーツでしか対抗できなくなる。そのため、戦後の連邦軍のモビルスーツは専ら対モビルスーツ戦――つまり連邦軍以外に唯一モビルスーツを保有する者――ジオン残党との戦闘において運用された。結果的に、対ジオン残党のみを専門的に請け負う部隊に、モビルスーツを集中配備した方が効率が良いという状況が生まれてくる。それを、ジャミトフは利用した。

 地球連邦軍の最大派閥は、未だ旧来の戦力で事足りると思う者が多かった。これは、一年戦争においてモビルスーツを運用したのがほとんど宇宙軍であり、旧世紀時代から続く伝統を誇る陸海空軍においては、モビルスーツの価値を肌で認識していなかったことが大きい。何より、一年戦争最大の陸上戦争となったオデッサの戦いにおいて、連邦軍はモビルスーツをほとんど使用せずに勝利を収めていることが、モビルスーツ不要論の強大な根拠となっていた。そのため、モビルスーツを専門に扱う特殊部隊の設立は、現実には難航していた。多数派ではなかったジャミトフは、これをジオン残党の武装蜂起を利用することで、実現させた。

 デラーズ戦役。ギレンを崇拝するジオン残党最右翼、エギーユ・デラーズを中核としたジオン残党の一大勢力が、連邦軍の戦術核搭載型モビルスーツを奪取したことから始まる一連の対テロ戦争のことである。ジャミトフはアナハイム・エレクトロニス社を通じてジオン残党の一部と接触。内通者の身の保障を条件に作戦の内容を聞き、あえて紛争を長期化させることで現状の連邦軍がジオン残党に対応できないことを示して見せたのだ。これによって脅威を感じた多くの官僚たちは、ジャミトフが提案したモビルスーツ特殊部隊の設立を許可した。幸運だったのは、ジオン残党のテロによって連邦軍の主流派の多くが観艦式中に一掃されたということだ。生き残った主流派もこの紛争の責任をとる形で失脚し、これによりジャミトフにとっての障害はほとんどなくなった。そして宇宙世紀0083年12月。ジャミトフ・ハイマンは特殊戦闘部隊“ティターンズ”を正式に設立した。


 対ジオン残党対策用特殊MS部隊ティターンズの特質は2つある。1つは地球出身者、すなわちアースノイドのみで構成されている点。もう1つは、正規軍よりも一階級優越する権限を与えられている点だ。

 アースノイドのみで構成されている理由は、ジオンの残党狩りが目的であるため、できるだけジオン残党を攻撃することに躊躇がない人間を選びたかったからというのが名目である。しかし実情は、単純に連邦軍内でスペースノイドが差別されていたという現実があったからだ。階級が上の人間ほど、スペースノイドを蔑視している傾向が強い。これは軍に限らず、あらゆる職の人間においても同じである。地球に住んでいる人間のほとんどが富裕層であることが最大の理由と言える。更に、コロニー国家であるジオン公国が戦争を引き起こしたことから、スペースノイドへの敵対心は一層強まっていた。ジャミトフはこの感情を利用したのだ。アースノイドのみで構成されているという事実がティターンズ隊員にプライドを与え、軍の上層部には好印象を与えた。それが組織に勢いと正当性を与えたのである。

 正規軍より一階級優越するのは、名目上はジオン残党の武装蜂起という緊急事態に対し、ティターンズが現地の正規軍を指揮する権限を与えるためである。有事には有事のプロが主導権を握るべきだ、というのは組織の構成上間違っていない。しかしこれが、アースノイドのみで構成されているというティターンズ隊員のエリート意識を一層増長させることとなる。だがこれもジャミトフにとっては狙い通りだった。というのも、元々ジャミトフはこのティターンズを使って連邦政府に革命を起こそうと企図していたからだ。そのためには、隊員に野心があった方がいいのである。

 現実にジオン残党のテロ行為は止まることがなく、それに対抗し、鎮圧を続けたティターンズの有効性は確かに示された。そしてジャミトフがしたたかだったのは、その真意を誰にも漏らさなかったことだ。ティターンズは確かにジオン残党狩りのために設立された部隊であり、その特質も全て理に適っていた。だから、誰もジャミトフが政治的な野望を持ってティターンズを設立したなどとは思わなかったのだ。しかし、一人だけそれに気づいた者がいた。同じ連邦軍の人間である、ブレックス・フォーラ准将である。

次回:序章(4)ブレックス・フォーラ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.