がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
投票変更
 投票を変更しました。新しいアンケートは「一番好きなガンプラ連動企画」です。また偏りそうな選択肢ですが(笑)、MSVとセンチネルはどちらの方が投票が多いのかとか、SEEDとOOの外伝の評判はどちらの方がいいのかとか、気になるところです。

 で、OOの評価についての結果ですが…

 まず、一番多かったのは「ストーリー」と「そんなものは皆無」でした。ストーリーを評価する方が多いと同時に、何の魅力も見出せなかった方も多かったという意味では、賛否両論の作品だったということでしょう。ガンダムに何を求めているかは千差万別もいいところですから、OOに魅力を見出せなかった人の理由というのも1つではないのかなと思います。
 個人的には、OOを全く評価できなかった人というのは、基本的に中高生向けに作られているのを受け入れられなかった人(もっとリアルでハードな作品を求めている人)なのかなぁ…という気がしないでもないです。OOって結構、アニメっぽすぎるところ漫画っぽすぎるところと、リアリティにこだわったところで落差があったので、その前者の方が気に入らなかったという人が多かったんじゃないかなと。逆に後者が気に入らないという人もいるのかもしれませんけどね。

 で、一番評価されていたのはストーリーなんですが、放映前に一番期待されていたのはメカ描写なんですよね(この投票に寄せられた意見が全てではないですし、そもそも放映前と放映後で投票総数が全然違うということは大前提ですよ)。
 ガンダムって、0080でレンタル率が高かったのはMSが戦う話だけだったとか、設定的にいろいろ矛盾がある08小隊において、グフカスタムとの戦闘だけは飛びぬけて人気があるとか、やっぱりメカアクションが優れているとそれだけで人気が出る部分っていうのがあるんですよね。ただ、例にあげた2作がOVAであるように、メカアクションというのはそれだけのコマ数が要るもので、スケジュールの厳しいTVアニメでOVA並みのアクションをするのは難しく、それならシナリオ面で勝負するしかない…という現実もあるのだと思います。
 実際に、富野作品の影響が強いのか、ガンダムにシナリオ性を要求する人は多いですし、設定や描写に一定の説得力がなければ叩かれるのがガンダムという作品の抱えたジレンマだと思います。また、SEEDのヒット要因の一つだったからか、アニメ界全体の傾向なのか、キャラクターの描写に力を入れることは現状では必須要件になっている部分もあると思います。
 ただ、そういう制約がある中でも、基本的に「ガンダムはロボットアニメ」ってところは忘れないで欲しいな、と思ったりしました。いや、OOは頑張ってましたけどね。戦闘シーンがない話はほぼ皆無でしたし、終盤の戦闘シーンのテンションは凄かったと思います。ただ、ちょっと「メカアクションを描いてやろう」という意識が欠けていたかな、とも思うんです。エクシアの動きとか、速すぎてわけわかんないところがあるし(笑)
 SEED序盤で、キラがラクスをアスランに返すとき、ストライクの前に飛んできたイージスが、宇宙空間で止まるために腰のバインダーで逆噴射をかけるカットが入るんですが、ああいう小さくて何をしているのかわかりやすい描写がOOには足りなかったんじゃないだろうか、とか思ったりします。ファーストガンダムも、ヴィジュアル面や設定面は今の目で見ればかなりお粗末ですが、ホワイトベースが飛び立つ時に木が倒れたり車がひっくり返ったり、そういうところの描写がすごく行き届いていたんですよね。OOの第2期には、そういう小さな気配りを期待したいなぁ、なんて思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
同感です。
2008/05/06 (火) 16:11:12 | URL | wase #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.