がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ゼータガンダムVSデルタガンダム、争いの果てに
 デルタガンダムとプロトゼータ「非変形のZガンダム」とは何だったのかから派生したネタ。

 デルタプラスは、「大気圏突入能力を持つ」ことと「フライングアーマーを持たない」ことから、ZプラスにおいてはC1型にあたる機体です。それと、「ZIIの代わりとしてのZプラスC1型」ということをあわせて考えると、デルタプラスがZプラスの競作相手だったとしても良かったのかなと思えるようになりました。
 そして、デルタプラスとゼータプラスの関係を考えたときに、この2機が「ゼッツーの代替機候補を争った機体」であるとすると、色々なネタが思い浮かんできたのです。

 すでに、量産型Zガンダムと量産型百式改は競合していたということが確定しています。これに、Zプラスとデルタプラスも競合していたとすると、このゼータ系とデルタ系は、可変MSとしても非可変MSとしても競合していたということになります。
 百式は、Zガンダムの候補であった機体とも言われます。これは、ある意味では「Z計画の完成機」という枠をゼータ系とデルタ系で争っていたと考えることも出来ます。

 つまり、当初からデルタ系とゼータ系が競合の関係にあったとするならば、百式とプロトZも競合していたのではないか・・・と推測することが出来るのです。
 百式は可変MSを再設計したものですが、プロトZは当初から非可変MSとして開発されたものです。これは、この段階でZ計画の非可変機開発計画が本格化し、「ムーバブルフレーム方式の非可変MS」と「ブロックビルドアップ方式の非可変MS」という形の対抗関係として生み出されたのかもしれません。結果的にプロトZは可変Zのベース機に流用され、百式も量産できる設計ではなかったがために、それぞれ量産型Zと量産型百式改の計画にスライドすることになります。その一方で、完成したZガンダムの技術をベースにしてデルタガンダムも完成し、デルタ系のチームは再度量産型可変MSの候補に名乗りを上げるわけです。

 最終的に、非可変MSは百式改が勝利し、可変MSはゼータプラスが勝利します。百式改は陸戦用が開発されていることを考えると、ゼータ系は空軍が、デルタ系は陸軍が採用したとも言えますね。
 単純な妄想ではありますが、こう考えるとカオスなアナハイムガンダムに一本筋が通るのかな?と思ったりもしました。

 Z計画の全体を統括しているのがピウツスキだったとして、その中でデルタ系の設計担当がナガノ博士だったとすると、ゼータ系の設計担当って、やっぱりフジタ技師だったのかも。つーことは、ゼータ系や百式系の直系後継機が途絶えているのは、やっぱりどちらも設計担当が退職&失踪したからか…(笑)
スポンサーサイト
コメント
コメント
>ゼータ系の設計担当

カツミー設計技師(OUT掲載 Zワールド記事参照)でフジタ博士とはおそらく別人。

元ネタは同じ人だけど(w
2008/04/11 (金) 06:01:51 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
ああそうか。フジタ博士はMk-IIに心酔してた人ですから、Zを作るのはまずいっすね(笑)
Zワールド設定もどこまで扱っていいのか難しいところであります。
2008/04/12 (土) 22:43:08 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.