がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
タイラント・ソードのメカを肯定してみる・ネモ編
 徐々にタイラントソード掲載号が集まってきたので(というかあと1冊だけ)、唐突にこんな企画を立ち上げてみることにしました。
 この、かつてのホビージャパンオリジナル企画であるタイラントソードは、Zガンダムの前史的な作品ですが、オリジナル設定が多いどころかMSの開発系譜が完全に書き換えられているために、非公式作品の中でも特に異端な作品として扱われています。どのくらい書き換えられているかというと、

・マラサイがアクシズのMSで、アクシズが地球圏に帰還し始める前に完成している
・ネモがジムIIより前に開発されており、ジムIIより性能が低い
・ジムIIはジムの後継機ではなく、ジムに似ているだけの新規設計機(ザクIIとザクIIIみたいなもの)
・超システム「SEドライブ」の存在
・メッサーラが非可変MAで、しかも大量に量産されている

 って感じでしょうか。まず技術レベル的にSEドライブ系が明らかにオーパーツであるということが最大の問題で、これがあるために、同じくMSの設定もデザインも大きく異なる近藤作品などよりもトンデモ扱いされているのです。
 で、まずこのSEドライブ系をとりあえず置いといて(笑)、MS設定だけどうにかしてみようという話です。とりあえずとっかかりとして、タイラントソード版ネモからいきます。

 タイラントソード版ネモの設定は以下の通りです。

 一年戦争後、GMの後継機として開発された連邦軍量産型MS。重装甲・高火力を目指した結果、初期生産型では満足のいく運動性能は得られなかった。このRS-81に若干の改良を加え量産に移されたタイプをSTI(スタンダード・インプルーブメント)と呼ぶが、失敗作の汚名を返上することができず、主力MSの座はRS-82ジムIIへと移行していく。

 以上の設定を整理すると、GMの後継機としてネモ初期生産型(RS-81)があり、その改良型のRS-81-STIという機体があるが、結局主力機にはならなかったということになります。ただし、このSTIは堅牢な構造がSEドライブの搭載に耐えうるということで、SEドライブ実験機として改修、ネモ・ソードとして生まれ変わるのですが…それは今回は無視。とにかく普通のMSとしてのネモを考察します。

 というかすぐに答えが出るのですが、RS-81STIってRX-81STとそっくりなんですよ、型番が。つまりRX-81の量産型がRS-81で、RX-81STがスタンダード仕様を意味するのであれば、通常のネモはRS-81STと呼称できるわけで、それをさらに改良してIがついたのがRS-81STIであるというわけですよ。
 このネモの重装甲・高火力というコンセプトはFSWSのそれと似ており、FSWSから派生した機体であるRX-81に通じるものがあります。また、M-MSVでデザインされたRX-81はガンダム系の後継機のくせにGMっぽい頭部になっており、RS-81との繋がりを匂わせます(つーかRS-81のデザインを意識してRX-81のデザインを大河原氏に依頼したんじゃないかってくらいに)。言うほどデザインは似てないぞって話ですけど、それはそれ、藤田氏のアレンジがかかってるからしょうがないってのと、RXとRSでは別機体ですから。というかRX-81は装備の換装でライトアーマー・スタンダード・フルアーマーと仕様を変えられる仕様ですが、RS-81はそういう機能はありませんので、RX-81の1形態を量産化した(F90SからF70が派生したみたいに)機体とも考えられます。実はデザインが発表されていないRX-81フルアーマーがRS-81に近い姿だったのかもしれません。
 となると、RSという形式番号の意味するところも見えてきます。つまり、RGMナンバー以外の連邦量産機を示すということです。当時はまだRMSナンバーがありませんので、連邦軍のMSの形式番号はRXとRGM、RGCにRBくらいしかありません。これらのうち、RX以外はそれぞれジム、ジムキャノン、ボールを示す型番ですから、それ以外の新たな機種には新しい型番を振らなければならなくなります。そこで作られたのがRSという型番なのかなと。Sの意味するところはわかりませんが、タイラントソードにおいてはネモもジムIIも新設計機ですので、RGMは与えられないからこそ、RSが充てられているのだと思うのです。これを利用すると、RMSナンバーが与えられる前のハイザックはRS-84とかだったんじゃないかとか思えるのですが、これは完全に妄想でしかありません。

 で、このRS-81をガンダリウムγで再生したのがMSA-002とMSA-003だったのでありますよ。うん。
 
スポンサーサイト
コメント
コメント
かつての「ザ」にタイラント肯定版ネモ開発系統図が確かありましたが、まぁそんな感じだったような。
まぁ、あくまでコンセプト参考機で中身はかなり別物だろうけど。

>SEドライブ系が明らかにオーパーツ

ミノフスキードライブの原型と夢見テイイですか?(w

>マラサイがアクシズのMS

このあたりが難しい所ではありますが、手記という形態故、何かと誤認している可能性を考えるとシルエット的にガルスJ原型機あたり?
ちなみに基礎設計は地球圏帰還前に完成しているらしい。地球圏より帰還した技術者から新技術でで再設計したのがガルスJ(ミッションZZ参照)で、最速でグリプス戦役後半で試作機が実戦投入可能だったらしい(RPGマガジン「Zの鼓動」参照)。

まぁ、妄想の域は出ませんので参考までに(w
2008/04/07 (月) 22:40:08 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
ああ、オレ向け?
オレ向け考察なの!?

えーと、タイラントソードで語られるMSの配備状況などは、早い話全部「ウソ」って考えております。
うん、スッキリ!

作中でも、出展が0108年に出版された「ネオファリアの中で」という著作からということになってますが、この著作自体がソード兵器の真実を隠すために意図的に世に出されたモノであり、宇宙世紀のアングラネットワークで度々噂に上る「ソード兵器」というシロモノが、マジメな考証に値しないものだと思わせるための逆暴露本なのでは?と。

ウソに事実を織り交ぜることで真実味が増すならば、その逆も然りで、事実にウソを織り交ぜることで真実は隠されたのだというワケです。

確か、ハブブルー(ステルス戦闘機F-117の原型機)が開発されていた頃に、UFOの墜落情報が空軍関係者を名乗る人物達からたくさんリークされているんですね。

本当に隠したいコトは一見事実に見えるウソに包み、その解釈を研究家に任せればよい。彼らは勝手に真実までウソだと考え興味をなくすだろう。

ただね、オレの手元には、月面のアナハイム社有地を月周回軌道上から望遠撮影した映像があるんですが、そこには物理法則を無視した動きをする・・・あ、なんか突然黒い服を着た男達gあ
2008/04/07 (月) 23:28:36 | URL | 叡天 #-[ 編集 ]
ネモに関しては、SEドライブのテストベッドになり、改造されまくって「スレイブソード」の原型になったという、ソード開発史上無視できない記述があるので、この名前のMSは実在したのだと考えます。

「ネモ」は元々なんらかの略称から出てきた名前で、TV版のネモは本来「ネモⅡ」なのですが、「ネモⅠ」は表に出すワケにはいかないMSになってしまっているので、まったく別開発の機体ながら、そのコンセプトが「ネモ」だった為にネモになったみたいな。
2008/04/08 (火) 00:03:29 | URL | 叡天 #-[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/09 (水) 14:10:51 | | #[ 編集 ]
PC環境ないゆえ秘密コメントになるのを謝罪させてもらいます。
2008/04/09 (水) 14:13:32 | URL | カゲ #3/2tU3w2[ 編集 ]
>とっぱさん
SEドライブって解説を額面どおりに受け取るならミノドラ以上の性能に見えるんですよねぇ。
きっと太陽炉なんですよ(爆)

マラサイはストレートにMS-22ってことで…。
RX-107の図面が極秘にアクシズにわたっていて、
その改良機の実験中だったとか(笑)

>叡天さん
叡天さん向けです、明らかに(笑)
真実を隠すための意図的なデマというのは非常に現実的な解釈ですね。
本当に隠したかったのは何だったのか、ということを考えたくなりますが。
あくまで公式設定からそれらしいものを引っ張るなら、GPシリーズくらいしか考えられないわけですが、
あれって0099年に一部公開されてるんですよね、アナハイムジャーナルで…。
あー、モノアイガンダムズの方か?(笑)

RS-82がネモで、MSA-003がネモIIだったとすると、
MSA-004ネモIIの設定が曖昧不明瞭なのもちょっと納得がいくかもしれません。
本当はMSA-004はネモIIIで、004kはそのキャノンタイプに過ぎないと。

>カゲさん
管理人のみ閲覧となってしまうのは本意ではないということで、
本来の書き込みを公開させていただきますね。

>確かスレイブソードの性能を落としたというのがバイアランだというのは聞いたことありますね。
>正確にはエンジン部を従来のMSに採用されていた熱核ジェットエンジンに変えたでしたっけ?(曖昧)
>そして、SE計画の技術流用されたのがディジェSEーRだったかと。

>しかし、ネクストワンってニュータイプの亜種とありますがいまいちわからないっすね・・・・
>未だ謎が残り・・・・です。

>なにせタイラントソードってZZを三秒で解体、フィールド解放で八十余機のメッサーラディノファウストαでしたか?を壊滅させ、シロッコのディノファウストジュピターと交戦ってありますがSE計画自体が『MSとはまったく違うモノを創る』というコンセプトもあったような。

バイアランがスレイブソードの簡易版ってのは、SEジェネレーターとされているパーツの形状がバイアランのバーニアにそっくりだからって解釈ですよね、多分。

ネクストワンはよくわからんですね。
ガンダムXのニュータイプみたいなものかも。
ソード兵器はMSとは違うカテゴリの機体ですね。
2008/04/09 (水) 23:04:54 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
GPシリーズを隠すための嘘と見せかけて、その実、嘘自体を隠すための大嘘。
MS売って儲けてるアナハイム社が、一機で全てのMSを無効化してしまうソード兵器を商品にするワケにはいかないのであります。
「これ一機あればあらゆる敵は鎮圧できるし、もうMSいらないよ」って言われたら困る。
それ以前に、一人のパイロットに世界の命運を預けるコトになるようなシロモノを「兵器」とは呼ばない。武器として余りにバカげているし。

オレ的妄想では、SEドライブの推進器としての機能はひそかに洗練され、ミノフスキードライブの基礎技術に変化し(動力源として格段に扱いやすくなった)、後にサナリィによって機体設計されたVガンダムの主機に収まるのです。

SEドライブとミノフスキードライブの技術的立ち位置を例えるならば、SEドライブは原爆。
そこからエネルギーを得ようとするには乱暴すぎる技術。風車で発電すんのに核爆発で爆風起こすようなモン。確かに強力だが、少し頭おかしい。
ミノフスキードライブは原子力発電。
一応制御技術が確立されてるが、油断すると手に余るよ、みたいな。制御されてる分まだ理性的ではある。

同じ理論から生まれた技術ながら、原爆のほうが先に出来た。制御しなきゃならん原子力発電は技術的に難しいので後になった。
SEドラとミノドラ、同じような関係かと。
2008/04/10 (木) 01:33:15 | URL | 叡天 #-[ 編集 ]
SEドライブ自体はあったけど、言われるような性能ではなかったと考えれば、
ミノドラの原型だったとしてもおかしくはないですね。
単独飛行能力を持つバイアランがSEドライブ搭載予定だったんじゃないかというのも、
ミノドラと絡めると説得力が増しますね。
2008/04/10 (木) 22:00:07 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>SEドライブ搭載

少なくともディジェSE-Rがそうだという記述があるらしい(ガシャシールだっけ?)のですが、その昔、ディジェSE-Rはディジェ飛行試験型?という妄想日記を書いた記憶が(w
SEドライブって反重力機能があるんだよね。

2008/04/11 (金) 05:50:18 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
ディジェ自体が空戦を想定した機体だとすれば、
SE-Rが独力飛行を前提としていてもおかしくはありませんな。
タイラントソードでは宇宙しか出てこなかったから、その重力下試験機がディジェSE-Rだったとか。
2008/04/12 (土) 22:39:45 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.