がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
TACTICS別冊 GUNDAM GAMES
 入手したのは半月以上前ですが、ようやく扱おうと思います。逆シャアが上映された頃に発売された、ホビージャパン発行のムック本で、いわゆるガンダムのボードゲームのガイドブックです。今で言うとガンダムウォーの攻略本みたいな感じですかねぇ(あれはほとんど絵集ですが…)。
 なんでこんなものを入手したかというと、「0087年4月21日 グラナダ叛乱 連邦軍月方面艦隊、エゥーゴへの参加を宣言」の出典がこのムックであるという情報を頂いたからです。そして、確かにそういう年表がありました。

 注意したいのは、これが当時よくあった「勝手に設定捏造」の類ではなくて、しっかり「この記事はホビージャパンが独自に創作したものです」と注意書きが入ってるところなんですね。当時としては珍しい気がするんですが、この資料を公式度で判断するなら、GUNDAM WEAPONSのオリメカと同レベルということになるわけです。まぁ、それにしちゃよく出来てますし、矛盾する設定があるわけではないので、問題ないっちゃないのかもしれませんが、完全に非公式設定であることは確かなのです。

 というわけで、そんな超オリジナル設定を紹介。

○オリジナル年表
 一年戦争とグリプス戦役の年表が載っているのですが、そもそも現在の公式設定とは日付が全く違うものになっています。日付のずれを公式に合わせることで、史実だけを肯定することは不可能ではありませんが…。
 目に付く限りでこれはオリジナルだなと思える年表の記述を列挙します(日付は無視)
<一年戦争>
・連邦軍組織改編 陸軍・海軍→地上軍、空軍・宇宙軍→航空宇宙軍(星一号作戦の主力艦隊がジャブローを発進した前日の記述)
・北アメリカ反抗作戦の名称は「タコマ作戦」
・キャリフォルニアベース陥落の2日後、ラサ会戦によりユーラシア大陸のジオン軍組織的勢力消滅
<グリプス戦役>
・L4艦隊、グリーンノアを襲撃したエゥーゴ艦隊の追撃命令を拒否(Mk-II奪取の7日後)
・グラナダ反乱 ルナ方面艦隊エゥーゴへの参加を宣言(ジャブロー降下作戦の10日前)
・航空宇宙軍予備役第14航空隊 カラバへの参加を宣言
・連邦議会、ジャミトフ・ハイマンの統合参謀本部長就任を承認。これに反発し、L4方面艦隊エゥーゴへの参加を宣言(ブレックス暗殺の次の日)
・第3航空軍、地上軍第6軍集団カラバへの参加を宣言(上記の次の日)
・L5艦隊 エゥーゴへの参加を宣言(コロニーレーザー完成の2日前)
・地上軍参謀本部 ジャミトフ統合参謀本部長の不信任を宣言
・アンマン秘密会談 連邦行政府、エゥーゴとの交渉を開始
・連邦司法府 ティターンズの行為を違憲と判決。行政府 制式にエゥーゴと同盟、反乱軍ティターンズの討伐を依頼

 以上のような感じです。特にZの年表はぶっ飛んでます。でもリアリティはありますね。ティターンズがコロニーを毒ガスやコロニーレーザーで壊滅させたのは、L4・L5艦隊の反乱に対する制裁措置だったとしています。

○軍制
 実はこれが一番メインです。もうこれでもかってくらい捏造しまくってます。正直ここには書ききれませんが、トピックだけ列挙します。
・ジオン軍は第1~第6艦隊(本国1、アバオアクー2、ソロモン3)までが宇宙攻撃軍、第7艦隊(グラナダ)が突撃軌道軍の管轄。
・ガルマの地球攻撃軍と、マクベのカザフ分遣隊は相互独立。
・地上において、連邦軍のMSは陸軍ではなく航空軍司令部の管轄で、支援兵器として運用された。
・地上軍と航空宇宙軍はグリプス戦役時も存在
・グリプス戦役時の連邦宇宙艦隊は主力艦隊(ゼダンの門)、ルナ方面艦隊(グラナダ)、L3・L4・L5方面艦隊の5つ。
・グリプス時の各部隊は相互に独立しており、統合本部よりも州行政府やコロニー公社などの地域の利害に支配されていた。ジャミトフはそれを制御しきれず、各部隊が別々に反乱を起こしていったためにティターンズは求心力を失っていった
 他にも、一年戦争においては主要な戦闘の部隊構成が詳細に(輸送大隊とか工兵大隊とかも)設定されています。

○オリジナル武装
 MSの携行火器も、かなり膨大かつ詳細に設定されています。解説までは書ききれないので、名前だけ列挙。
<連邦軍>
・155mmマシンガン
・76mmカービン
・360mmグレネードランチャー
・メガビームランチャー(性能はガンダム4号機のものに酷似しているが、移動時は4機で運搬、1発ごとにカートリッジ交換が必要、陸戦用兵器という点が異なる)
・対空ミサイルランチャー(08小隊に登場した陸ガン用武装にあたる?)

<ジオン軍>
・120mmコマンドライフル(降下猟兵用の短銃身ザクマシンガン。デザートザク用のとは別物)
・120mmオートマチックウェポン(ザクマシンガンのフルオート版。MMP-78?)
・175mmアサルトライフル(マゼラ砲の砲弾と互換性がある)
・175mmマシンガン
・90mmピストル
・90mmサブマシンガン(通称ザクシュマイザー)
・203mm対MSライフル
・360mmグレネードランチャー
・560mmロケットランチャー(通称ザクファウスト)
・火炎放射器

○オリジナルMS
 MSVの真似事といえる、ミリタリズムあふれるオリジナルMSが捏造されています。

・GM狙撃兵
 頭部のみスナイパーカスタムのバイザーを装着したジム。スナカス用ライフルも装備。東南アジア方面の第5航空軍MS兵団直属の狙撃兵。全身に迷彩塗装と偽装ネット。
・グフ降下猟兵
 パラシュートパックを装備したMS-07A。連邦の高射砲の到達高度よりも上空からMSを降下させるための機体。マ・クベ指揮下の空軍第6航空団第4MS降下猟兵旅団所属。
・ドム(北米第2機動師団仕様)
 ザクカラー、頭部にツノ、拡散ビームが対AFV用の30mmバルカンに換装。
・ヤークトザク
 当初から戦闘用に製造されたザクタンクのうち、203mm対MSライフルを装備した機体の愛称。ハノーバーの第28装甲擲弾兵師団第42対MS大隊駆逐MS中隊所属。ザクタンクはマゼラベースに対してザクの上半身が重量オーバーであるため、兵員輸送スペースに補助動力を取り付けている。
・ザク・グレネード
 360mmグレネードランチャーを装備したMS-06J。
・自走600mm迫撃砲"マゼラベルファー"
 マゼラベースを後ろ向きにして自走式迫撃砲にしたもの。
・ザク迫撃砲装弾手
 マゼラベルファーの装弾を行うMS-06J。他にも射手を担当するザクが配備される。
・ザクMS工兵仕様
 両胸にスモークディスチャージャーを装着、バックパックに火炎放射器、腰に対MS地雷を装備したMS-06J。脚部にはツィメリットコーティングが施されている。

 こんなところですね。感覚的には、「一年戦争を舞台にしたセンチネル」というような設定になっている気がします。あれよりももっとミリタリー寄りですが(センチネルはあくまでリアル・ガンダムであってミリタリーではないですからね)。
 ゼータ部分は「何故逆シャア時代にティターンズは反乱軍扱いになっていたのか」の回答にするための設定という側面が強いです。当時のゼータ考察では最高レベルなんじゃないでしょうか、これ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
タクティクス系のこういう設定って、後のRPGマガジンのガンダム読参に生かされてますよね。
戦士たちの鎮魂歌などでも、携行ミサイルボックスやザクショットガン、150mm重マシンガンなど、オリジナルのMS用火器が多数出てきてましたし
しかしながら、こうも元ネタ直球勝負だと潔いと言うかなんというか…

マゼラベルファーは600mm迫撃砲装備ということで「自走できる『攻城砲』」ことカール自走臼砲だし、120mmコマンドライフルは性格からいってカービン化したザクマシンガン、とりわけ降下猟兵用ということで「Gew43」や「FG42」などでしょう…。おそらくガウ内部での取り回しや降下時に邪魔にならない為に銃身を切り詰めた(軽量化)したんだと妄想。
ヤークトザクなどは名前からしてロンメル戦車…もとい「ヤークトパンター(もしくはヤークトティーガー)」。対MSに特化した「駆逐戦車」という同じ様なコンセプトですしね。

>シュマイザー
こういう固有名詞が「俗称」なのか「メーカー名」なのかが気になるところ。まぁ公式ではないのでどうでもいいんですが、名前からしてMP40もしくはStG44系なんだろうな…とw

そういえば、HJ誌上でもファーストの脇メカをリファインするコーナーで連邦の単身砲戦車「オクトパス重戦車」ってのがありますよね。
これ、45式戦車と共に61式戦車のベースとなった…というHJの「独自設定」なんですが、こういうのは「※※のオリジナル設定です。本来の公式設定とは~」という注釈があっても時が経てば結構「グレーゾーン」化しちゃうんですよね~…。
2008/04/04 (金) 00:26:04 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
き、貴重な情報ですね…これ。
ということは、ここに記載されている内容は「参考」または「証左」のレベルであって、「確定」ではない…と考えるべきってことですよね。

年表も出典を記載した年表が欲しいところですね。excelでやれるかな…(悩)
2008/04/04 (金) 02:31:16 | URL | サリエル #nL6A2.tM[ 編集 ]
>コンラッドさん
そうですね、かなりRPGマガジン系の下地になっていると感じました。あれは、この方向性を更に突き詰めた感じのようですし。

しかしほとんどが元ネタありなわけですね。
このあたりは、当時HJは小林氏や近藤氏を登用していたこととも関連してそうですね。

非公式設定のグレー化って、大体誰かがより公式度の高い商業媒体に転記しちゃうところから始まるんですよね(笑)

>サリエルさん
確定とはとても言えない設定ですね。
レベルとしては、センチネル以外のモデグラオリジナル設定くらいかなと。
すごく面白い設定なんで、大いに参考にはなりますが。

ザクページさんのところの年表は、本来は出典を全て明記することを前提に作られたんですが、
完成する前に管理人氏が急逝されてしまったのが残念でなりません。
2008/04/05 (土) 21:40:17 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
論拠には薄いけど、他に矛盾しなければ採用しても大丈夫そう…ってことにしましょうか(笑)

ザクページさんのはそういう事情だったんですね。
なら、皆で作りましょう♪
wikiで皆で書き足していくのが面白いかな?と。
今、基本フォーマットを作っていますので、よろしかったらご意見ください(^^)ノ
2008/04/06 (日) 00:33:58 | URL | サリエル #nL6A2.tM[ 編集 ]
年表に関しては複数のバージョンが存在するので、
まとめるのは結構大変かもしれませんよ(笑)
出典がわかる限りは協力したいと思います。
2008/04/06 (日) 22:24:06 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/07 (月) 02:13:34 | | #[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/12 (土) 02:37:57 | | #[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.