がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
「非変形のZガンダム」とは何だったのか
 以前の考察で、「Z計画が可変MSの開発計画を意味するならば、Z計画で開発された非可変MSというのはあり得ないのではないか」ということを書きました。仮に可変MSが失敗した際の保険として非可変案があったとしても、それはZ計画とは別プロジェクトで進行すべきもので、同一プロジェクト内で失敗の保険をかけておくというのはちょっと考えにくいと言えます。
 ただ、1つ取っ掛かりが見つかりまして、それが「可変MSとして開発されながら、非可変MSとして完成した機体」があるということです。つまり、百式ですね。こいつが、「非可変のZガンダム」の始祖だったんじゃないかと思ったわけです。

 Z計画の派生機における非可変MSは、百式~百式改のデルタ系と、プロトZ~量産型Zガンダムのゼータ系があります(もう1つ量産型ZZというのがありますが、これは後回し)。百式改と量産型Zは競合したという設定ですので、このデルタ系とゼータ系は別のスタッフによる開発だったと考えるべきでしょう。
 以前の「デルタガンダムとプロトゼータ」の考察で、プロトZガンダムは「デルタガンダムの変形失敗後、百式完成と同時期」に完成したとしました。これは、少なくともメタスと同時期以降でないとプロトZに006Xというナンバーが与えられないということと、「Mk-II奪取以前に完成していた」という記述を両立させるための苦肉の策です。
 デルタガンダムが失敗した段階で、百式という非可変MSに開発計画が変更になったわけですが、ここで「デルタガンダムを直接改修したのが百式」であり、「デルタガンダム失敗を踏まえて改めて設計したのがプロトZガンダム」と考えます。
 つまり、デルタガンダムが失敗した段階で、アナハイムは可変MS開発計画の頓挫が懸念され、非可変MSとしてのプロトZガンダムの開発に入った…ということですね。デルタが百式として再設計されたのは、計画の変更というよりも納期に間に合わせるためという意味合いの方が強かったと思うので、急造機である百式とは別に新設計機として開発したのがプロトZだったということです。
 この流れをまとめると、以下のようになります。

(1)Z計画候補機としてMSN-001、一般量産機としてMSA-002、MSA-003開発
(2)MSN-001、欠陥が見つかる。MSA-002のティターンズ供与が決定し、代わりにMSA-004が開発される
(3)MSN-001はMSN-100として再設計される。可変MS実験機としてMSA-005、非可変MS実験機としてMSZ-006Xが開発される
(4)RX-178の技術が手に入り、可変MSとして再設計したMSZ-006が開発決定
(5)次期量産機としてMSR-100とMSZ-007が開発される

 MSA-002のあたりがかなり無理矢理ですが、アレキサンドリアがグラナダに停泊した時点で土壇場でマラサイを供与したというのもさすがに変ですので、事前に決まっていたと考えればまぁ問題ないかなと。

 強調しておきたいのは、デルタの変形が失敗した段階で、「可変MS開発続行派」と「非可変MS転換派」に分かれたのではないかということです。これは近藤氏の「プロジェクトZ」の描写からの推測ですが、実際に可変MSと非可変MSに分化しているので、別に矛盾はないかなと。
 で、可変派はデルタ後にメタスを作り、改めてZガンダムを完成させます。非可変派は百式とプロトZを作り、その発展型として百式改と量産型Zを作ったという感じですね。
 しかし、プロトZがZガンダムの母体になったというのもまた、確定事項です。これは、RX-178入手後、ある時点で(プロジェクトZの描写を肯定するならメラニー会長の一声で)可変MSの全面採用が確定し、可変派・非可変派の統合が行われたということになるのでしょう。非可変MSは量産型Zを退け百式改が採用を勝ち取っていますが、その百式改も大して生産されず、ネロ等別の非可変量産機が開発されているので、やはりZ計画は事実上可変MS一本に絞られたということなのではないかと思います。
 つまり、「Z計画は一時非可変MSの開発に方針が転換されかけたが、Mk-IIの入手によって可変MSの完成の目処が立ち、結局可変MSの開発計画に戻った」ということなのではないかと。そして、その一時期方針が転換されかけた時に開発されたのが、百式~百式改とプロトZ~量産型Zだったのではないかということです。

 なお、ここではプロトZをZ計画の非可変候補機としましたが、当初からZガンダムのMS形態実験機でしかなかったと考えることも出来ます。006Xという番号を考えると、このナンバーの時点ですでに「MSZ-006のMS形態用実験機」となっていたという方が理に適っているのですが、とりあえず「非可変Zが計画されたのはデルタの失敗以降」と考えると、こういう考察結果になる、ということです。これを「当初からZ計画は可変案と非可変案があった」とすると違った結果になるのですが、現在の設定ではそれはない、と考えています。
 まぁ型番について言えば、MSA-0011の例がありますから、当初はMSA-006として開発されていて、可変版Zガンダムへの流用が決定した時点でMSZ-006Xに変更されたと考えることも出来ますね。

 さて、もう1つの非可変MSである量産型ZZですが、これは、フルアーマーZZの量産型と考えれば問題ないのではないかと。Gアーマーとガンダムの機能を1つにまとめたのがZZガンダムですが、対MS戦においてはフルアーマー形態の方が優れていたことと、可変機構を持ったままではコストや運用面に問題があったということで、非可変MSとしての量産になったのかなと思います。元々ZZガンダムはZ計画において開発された機体ではなかったと考えれば、別に非可変MSとして再設計されてもおかしくはないのかもしれません。

 これは必ずしも今回の考察には関係ない話ですが、当初の可変MS完成機がデルタガンダムだったと考えると、「ゼータ」計画という言葉はどこから出てきたのかという疑問が生じます。これは普通に考えると、Z計画の立案時にはガンマガンダムしか存在していなかったことになりますから、いきなりゼータに飛んだということになります。
 ここで、無理矢理デルタとイプシロンを捏造すると、イプシロンはすでにエプシィガンダムという設定がありますが、これと、そのベース機になったであろう零式をデルタとすれば、どうにか辻褄が会うのかなと。EB記述を参考にすると零式=デルタ=百式なので、同じデルタの名前が受け継がれていても大丈夫。エプシィもデザイン的には零式から分化した機体と言えますし、開発順的にも問題なし。
 というわけで、MSN-000零式試作機という機体が存在したと仮定すれば、一応の辻褄が合うわけです。

 現時点で、一通りエゥーゴのMSの開発順が揃ったかなと思うので、まとめてみます。

(1)RX-098、シャアのもたらしたガンダリウムγにより完成。
(2)RMS-099開発開始。Z計画が立案される。
(3)零式試作機、及びエプシィガンダムが開発される。
(4)零式試作機、Z計画において可変MSであるMSN-001として再設計が決定
(5)エプシィガンダム、MS素体のみ完成
(6)RMS-099からMSA-002が、零式試作機からMSA-003が開発される
(7)MSN-001、変形機構に欠陥が生じ開発中止。エプシィガンダムを流用して非可変MSに再設計が決定
(8)MSA-002、ティターンズに供与決定。代替機としてMSA-004が開発される
(9)MSN-001の失敗から、MSA-005とMSZ-006Xが開発される
(10)RX-178入手。MSN-100完成。
(11)MSN-100、MSZ-006Xの後継機としてMSR-100、MSZ-007が開発される
(12)MSZ-006を可変MSとして完成させることが決定。MSZ-006Xは素体として流用される
(13)MSZ-006の航宙タイプとしてMSZ-008の開発が始まる
(14)MSZ-006完成。カラバが大気圏内仕様の開発を依頼
(15)凍結されていたG計画が、Z計画に組み込まれる形で再開される
(16)MSZ-006A1完成。MSZ-009完成。MSK-009完成。
(17)MSZ-009失敗。MSZ-010の開発が決定し、MSZ-008が廃案となる。同時にMSA-0011開発開始
(18)MSZ-008の代替機としてMSZ-006C1、及びMSZ-007レイピアが開発される
(19)MSZ-006C1、制式採用される。MSA-0011完成。MSA-007完成。
(20)MSZ-010完成。
(21)MSA-0012、MSZ-013が開発される
(22)MSK-009がMSA-014として正式に承認される

 一応こんな感じですかね?
スポンサーサイト
コメント
コメント
Z計画自体が「可変型ガンダムの開発」のみに終始した…というのは考えにくい気がします。
この計画の呼び水となったであろうδガンダム…リック・ディアスにしても可変機構は盛り込まれてませんし、ギリシャ系ではありませんが、それに近いであろうガンダムMk-Ⅲも百式のムーバブルフレームを参考にはしてますが、最初から非可変機として完成してます。むしろ「Z計画」というのは当時の技術を最大限に活用した開発計画を総称したモノではないのかな…と思います。

その中でスピンオフ(技術的なフォードバック)として量産型Zなどが計画された…と考える事も出来ると思うんですが。

個人的にはドイツ軍の「Hohe leistungs jager(高性能戦闘機)計画」におけるTa152HとTa152Cみたいな感じだと思ってます。高高度戦闘機主体の高性能戦闘機開発計画の中に低高度での運用を主体とした機体開発が行われており、なんとなく可変機→非可変機の流れに近いような機がするんですよね。
(以下スルーでお願いします)

Fw190D-9・・・リック・ディアス
Fw190C・・・百式
Ta152H-0・・・Z
Ta152C-1・・・量産型Z

と言う感じです。
2008/03/31 (月) 02:17:28 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
最近までZ計画は単なる超高性能機の開発計画だったはずなんですが、
アナハイム・ジャーナルが可変MS開発計画だとしていたので、
そうやって制約をかけた方が設定は絞りやすいかなぁと思ってアナハイムジャーナル準拠で考えてみました。
アナハイムジャーナルは単なるアナハイムの広報誌という扱いですから、
Z計画の1つのプランに過ぎなかったものを、(ほぼ唯一の成功例であるという理由から)初めから可変MSの開発計画だったと誇張していると考えることもできますけどね。
2008/04/01 (火) 20:47:31 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
画像掲示版のほうに、非変形Z案の一つをUPしときました。
ガンダムではなく、単に「ZETA」と呼ばれてたヤツです。
フジタ博士の霊が浮かばれるように、どうか考察に組み込んでくださいませ。
2008/04/02 (水) 01:42:36 | URL | 叡天 #-[ 編集 ]
掲示板に書き込んでおきました。
タイラント・ソードは面白い設定がたくさんあるんですが、
まだ掲載号を全部集められてないんですよね~。
とりあえずラスト2つは確保してあるんですが。
2008/04/02 (水) 22:49:35 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
http://systema10.livedoor.biz/archives/50738190.html

正史に少しでも引っ掛けるための努力はしていました。
しかし、タイラント関係は「ネモ」と「ジム2」の扱いがネックなんです。

やはり宇宙世紀版「ナチスは南極でUFOを作っていた!」・・・
2008/04/03 (木) 00:19:13 | URL | 叡天 #-[ 編集 ]
タイラント版ネモ&ジムIIは「同じ名前の別の機体」と考えるしかないですよねぇ。
MS-06R-3とAMX-011みたいなもので。

ディジェSE-Rが宙ぶらりんのまま存在する以上、
完全否定も出来ない世界ではあるんですが…
2008/04/03 (木) 21:36:54 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.