がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
カードダスマスターズ ガンダムクロニクル U.C.0079-0083 SPECIAL EDITION
 すっかりご無沙汰なカードビルダーですが、ここ数ヶ月全くプレイしていない状態でした。といってもそれは飽きたからではなくて、リアルコストが根本的に欠乏していたからであります(汗)。
 というわけで、今回のクロニクルはしっかり予約してありました。クスコ・アルが復刻すると聞いて3つも買っちゃいましたよ。結果的にクスコは2枚手に入ったので上々。つーかコモンのミユ・ノエル・ユウキは3枚ずつあるんですが…これはトレードの弾に使えるんだろうか。
 ちなみにレアはシャアズゴ・G04・先読みアムロでした。シャアズゴは以前トレードに出したのでまた手に入っていい感じなんですが、G04と先読みアムロは普通に持ってるので微妙…(汗)トレードしてパーフェクトジオングとシャアに変えちゃおうかなぁ。もしトレードしたい、という方があれば是非に。

 さて、このシリーズはビルダー用のカード以外も変な記述があったりするのがあるのであなどれません。今回は特にゲーム発のMSが多くラインナップされているので、いくつか気になる内容のものがありました。

○ガトー専用リックドム
・アナベル・ガトーが連邦兵士から「ソロモンの悪夢」と呼ばれた時代に搭乗していた機体
・0079年12月25日のソロモン攻防戦までの間、アナベル・ガトーが搭乗した機体
 →ソロモンの悪夢は撤退戦でついた異名じゃない?

○装甲強化型ジム
・ジムストライカーなどの派生型も存在する
・装甲強化型ジムは、機体への被弾率の高い地上戦線のパイロットからの要望をフィードバックする形で開発されたカスタム機であり、ジムの欠点を補ったハイスペックなMSであった
 →ジムストライカーの母体のように言われているのは初めてでは?(HGUCではデザートジムベースだったはず)まぁ、デザートジムと装甲強化型は本質的には同じ機体ですしね。

○ジムコマンド(地上戦用)
・ジムコマンドの地上戦用機は、製造拠点である地球連邦軍本拠地の南米ジャブローの防衛任務を始めとして、北米のジオン公国軍残存部隊の掃討作戦などに投入された。キャリフォルニア基地の奪還作戦でも、他のジムシリーズの機体とともにジムコマンドも戦線の一翼を担った。
 →コロニー戦用ではなく陸戦用が単体で説明されたのは多分初めて。しかもジャブローで生産されているらしい…。北米でもそんなに数は揃ってないイメージでしたが。戦略戦術大図鑑でも、アフリカ戦線で試験的に配備された程度としていましたし。元凶は「愚連隊」か?

○ドムフュンフ(ジオフロ版)
・ドムから発展して開発された宇宙戦用のリックドムやリックドムIIなど、最新のドム系MSの開発データをフィードバックして製作された機体であると考えられている
 →感覚的にはZプラスがA型→C型→D型と発展した際のD型に相当するというイメージでしょうか。なるほど。そういう考え方もありましたね。開発系譜もしっかりリックドムとドムトローペンの間に位置しています。

○イフリート
・形式番号からわかるとおり、グフの後継機に相当する機体
・ドムの登場により採用は見送られ、少数が試作生産されたのみで終わった
 →凄い新設定じゃないですかねこれ。ドムと競合していたジオニック製の機体とでも言いたげですが…ジオン地上軍が独自に開発した機体のはずだからなぁ。個人的にグフとドムの折衷機だと思っていただけに、にわかには受け入れ難い記述です。

○サラミス改(0083)
・サラミス改級は一年戦争後に竣工したサラミス級の改良艦である
 →個人的に0083のサラミス改はビンソン計画の延長線上にある戦前仕様の新鋭艦、Zのサラミス改が戦後の連邦軍再建計画で開発された戦後仕様のMS搭載艦だと思っていたんですが、戦後と断定されちゃいましたね。まぁ艦艇の開発期間を考えると、大戦初期に建造が始まったものが戦後に完成したとも考えられるわけですが。ただ、戦後の当初はMSはコロンブス改(アンティータム)級などの空母に搭載する予定で、従来の戦艦や巡洋艦はMSの母艦として運用する予定はなかったのかもしれませんね。

 こんな感じでしょうか。ジムコマンド、ドムフュンフ、イフリートはちょっと刺激的な内容に感じましたね。うーん、あなどれない。
スポンサーサイト
コメント
コメント
「断定」というかなんというか
「へー、こういう記述もあるんだねー」
程度に留めておくぐらいでいいんじゃないでしょうか…?
こういうのって(とくにゲームなど)、既存の設定との接合性なんて考えてないだろうし

こういうのを「最新の設定」としてたらキリが無いと言うかなんというか…。
まぁ、GCBはジムスナイパーⅡのライフルを「ビーム兵器」と改竄しちゃってる時点で「あーあ…」なんですけど。

後付けになるのは仕方ないですけど、過去の設定を「無かった事」にしちゃうのはどうなんだろうなぁ…と。
2008/03/25 (火) 23:48:27 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
なんというか、ゲーム系の設定はもう端から相手にしない方がいい気がします(苦笑)
2008/03/26 (水) 01:35:45 | URL | サリエル #nL6A2.tM[ 編集 ]
機体考察?
確かイフリートはピクシーと共にSFCの機動戦士ガンダム クロスディメイション(英字ですが若干うろ覚え)というゲームシナリオ用に考えられた機体でしたよね?

それで ピクシーはアムロ所属の(以下略)に譲渡される予定だったもののジオン敗残兵の集団 通称はぐれ者の一派であるヘンリー率いるガー・ウルフでしたか。 これは五個小隊で女性一名除く犯罪者集団で編成された小隊でピクシーのあった基地に他の部隊を噛ませ犬として基地戦力を確かめるといったことをし、敵襲の対応に腐った上官の命令を無視してボルグ・クライがピクシーに搭乗といった感じなのですが知っていたらすみません。


それと、確かイフリートはグフとドムの中間に当る機体でその能力・コスト・整備性などからドムが選ばれたというもので試作機の全八機が生産されるに止まったみたいです。



また、イフリートには専用ヒートサーベルとショットガンの装備という火力不足も要因だったと思いますし局地戦仕様というのも要因だったかと。


また、ピクシーもイフリート同様近接戦闘を主体にされた機体で砂漠においてはガンダムの性能を上回るとされてます。


ピクシーとイフリート自体は1995年時に存在してますし、イフリート自体の設定?
2008/03/26 (水) 18:11:02 | URL | カゲ #3/2tU3w2[ 編集 ]
機体考察?
また切れたんで再レス






また、ピクシーもイフリート同様近接戦闘を主体にされた機体で砂漠においてはガンダムの性能を上回るとされてます。


ピクシーとイフリート自体は1995年時に存在してますし、イフリート自体の設定も三年以上前に既にあったりします。



2008/03/26 (水) 18:18:32 | URL | カゲ #3/2tU3w2[ 編集 ]
>コンラッドさん
「断定」という表現は「このカード内においては」ということですから、
基本的には仰るようなスタンスで読んでいるつもりです。
そんなに全肯定的な読み方に見えたでしょうか(汗)
感覚的には、他の方のブログの考察を読む感じで見ているつもりですよ。

>サリエルさん
自分はそうは思いません。世の中には、ゲームでガンダムを知る人、後付け設定を先に知る人だっているんですから。
サリエルさんがそう思うのは自由ですが、それは他人のブログで書き込むべき内容ではないでしょう。
何のために、わざわざブログで考察スタンスを表明したのか理解していただきたいと思います。

>カゲさん
重複となる書き込みは削除させていただきました。
イフリートの設定については存じているつもりですが、
「能力・コスト・整備性などからドムが選ばれた」という設定は見たことがなかったです。
もし出典がわかれば教えていただけませんでしょうか?
2008/03/27 (木) 21:33:40 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>感覚的には、他の方のブログの考察を読む感じで見ているつもりですよ。
あー、なるほど。いや、文面的にそう思えたものですから…。
まぁ、ガンダムの資料の接合性のなさは今に始まった事ではありませんが、オフィシャルズでも「~とする説もある」という逃げをつくって断定はしない方向性にしており、結局は「受け手次第でどうぞ」という事なのかもしれませんね。

考証的には「確実な論証」が無いのが議論を平行線に持っていく「悪性腫瘍」となっってるんですけどw
(特に公式性が曖昧な「外伝系」)
2008/03/27 (木) 22:44:29 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
そもそも、過去の資料は各ライターが商業媒体上で勝手に載せた2次創作ばかりでしたからね。
最近はサンライズからチェックが入るようになって、ずいぶんまともになったと思います。

どこまでが公式か定かではないのが、ガンダムの悪いところでもあり、いいところでもあるんでしょうねぇ。
辻褄の合わない設定をどうにか組み合わせて辻褄を合わせるのも、自分としては楽しいんですよね。
2008/03/28 (金) 21:18:58 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.