がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
コミック版 機動戦士ガンダム オペレーショントロイ
 年末新刊ラッシュもそろそろ佳境。これ、まさに近藤氏のためにあるかのような題材ですね。水を得た魚のように躍動する戦争描写が見事。オマージュがたくさんあるらしいですが、知らない人間にとってはいかにも「それらしい」という空気が感じられます。
 ただ内容が…本当にゲームもこんな内容なのか?ってものもあります。ドム対連邦軍とかもう違うじゃんと。って思ったらまだゲーム出てなかったのかよ!(笑)ターゲットインサイトと同時期に発表されたゲームだから、もうとっくに発売されてると思ったら…延期に延期を重ねてるようで。このままPS2で出ることになったら買ってもいいけど、さすがにそれはないだろうな。
○最前線
 「陸戦用MSは接近して関節をぶっ壊せば簡単に勝てるけど、接近するまでが問題だ」ということをまざまざと見せ付けてくれた作品。MSは全高が高い分戦車より射程が長いし、火力も高いしで陸上戦力ではとても歯が立ちませんな。ガンタンクがこんなに頼もしく見える作品もねぇ。ガンタンクの長射程って、ザクをアウトレンジから撃破するためのものなんじゃなかろうか。そりゃ、少数でも量産したくなるわな。

○往路
 ミデアをガンシップに改造して頑張る話。すでに歩兵の話じゃなくなってるが気にしてはいけない。連邦軍って戦闘機の数はそれなりに揃えられたんじゃないかと思うんだけど、そうでもないのかなぁ。唯一まともにジオンに対抗できるのが空軍だったから、あちこちで引っ張りだこだったんだろうか。

○キャッツアイ7
 ジオンの女性兵が連邦軍から逃げる話。ゲームではジオン側を操るシナリオもあるんだっけか?この女性兵が何故かセイラさんそっくりなのはやっぱり気にしてはいけない。絶妙のタイミングで狙撃するジムスナイパーが見事です。そういえば近藤氏の陸ガン陸ジムって新鮮だな。変なアレンジをされてないのはいじる必要のないデザインだからか、単に過度のアレンジをやめた(あるいは止められた)のか、どちらなんだろうか。

○鉄壁の盾
 ズゴックVS連邦軍艦。似たような話は過去にもいくつかあるけど、ジェットパックで空を飛ぶズゴックEがこんなに脅威になるとは。なんで水陸両用MS1機と単艦の1対1というシチュエーションになるんだよという突っ込みはご法度?最後に出てくるアクアジムを乗っけたガンペリーという絵は新鮮でした。

○ドッグラン
 劣勢に立たされるジオン軍が、ドム部隊を連邦軍の側面に突っ込ませることでどうにか状況を打開しようという話。もはやMS対MSの、「いつもの近藤漫画」でしかない。
 この作品のポイントは、普通にプロトタイプドムが実戦参加しまくってるところ。トローペンも混じってるよ。ドワッジっぽいのもいたか?連邦側では一年戦争中なのにジムキャノンIIがいる件。やはり「いつもの近藤漫画」だなぁ…。
 ところで捕虜になったMSパイロットが戦争犯罪人として裁かれるってどうなんだ?設定上戦争責任はザビ家になってるはずだし、そもそも一兵卒が戦犯にされてしまうものなんだろうか。

○ゼロサムゲーム
 これはガンダムエーススペシャル掲載分。「ゲームを口実に近藤氏が好き勝手やった印象」が当時の感想。でも歩兵対MSの視点は斬新だわ。

 ドッグランがちょっと微妙だったけど、総合的にはMS戦記を除く近藤作品の中では最高傑作に入るんじゃないかと思います。もちろん、近藤和久という人間がどういう作品を描く人なのかを知っていた上での話ですが。でもガンダムの世界観を広げている作品だと思いますよ、これは。分かっている人が見ると、ただのパロディなのかもしれないけど。
 個人的には、彼にはMAや通常兵器の話をもっとやってほしいですね。ファーストガンダムは、キャラ描写はオリジン、MS描写はアニメ版、そしてMS以外のメカ描写は近藤版こそ究極であると信じてやまない自分です。Gファイターとかマジカッコよすぎだから。
スポンサーサイト
コメント
コメント
ジムライフルを装備した陸戦ガンダムやブルパップ型のショットガンみたいな大型火砲を装備したドムなど
相変わらずな近藤センセ…。
しかし連邦軍の戦車がM1エイブラムスまんまなのはいいとして、なぜ単身砲ですか?61式戦車なら2連装砲にして下さいよ…。

まぁ、稀代の戦略家「ベングラー大佐長」がカンプグルッペZbvのシュタイナー少佐まんまなのも相変わらずでした。

個人的にお気に入りなのが第7話の「鉄壁の盾」です。某小説のオマージュと思しきストーリーがいい感じ。作者本人がカバー折り返しで書いてますが
全編何かしらのオマージュだったりするんですよね。
2008/03/08 (土) 20:59:25 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
陸の話もですが、自分は海の話が好きなようです。
鉄壁の盾では艦船対MSでしたが、MSを交えた艦隊戦とか見てみたいです。
顔の所為か、アクアジムには見えなかったです(笑

> MS以外のメカ描写
わたしも賛同いたします。果ては拳銃とかまでも。
2008/03/08 (土) 21:08:02 | URL | カセクシス #xk7ru7UM[ 編集 ]
>カンプグルッペZbvのシュタイナー少佐

近藤氏って、源文センセの弟子かなんかだったのでしょうか?
画力は天地ほども開きがありますが、影響濃いよね・・・
2008/03/08 (土) 21:26:14 | URL | 亡 #-[ 編集 ]
>近藤氏って、源文センセの弟子かなんかだったのでしょうか?

関係ないと思いますが、影響は受けてるでしょうね。89年ごろの画風はどう見ても小林源文風ですし。

ちなみに、小林誠氏も自身の漫画で松本零士氏のパロディ(ほぼ丸パクリ)をやってますからね…。
(まぁ、小林氏は「メビウス」の影響も受けてますが、これは一時期の日本の漫画界全般に言えることですけど…)
2008/03/08 (土) 21:38:28 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
>コンラッドさん
む、武器はちゃんと見てませんでした。
つーか近藤作品って原作通りの武装持ってることの方が少ないですよね(笑)

ガンダムの世界観に他の作品の話を持ち込む、というのは80年代後半のガンダム2次創作の流行でしたね。

>カセクシスさん
もし今後ファーストをリメイクするなら、SEEDにおける山根氏のポジションに是非近藤氏を起用して欲しいと願ってやまない自分です。多分無理だけど。

>亡さん
MS戦記~コミック版Zの頃から、新MS戦記の間に劇的な作風の変化がありましたから、そのあたりで影響を受けたのかもしれませんね。
2008/03/08 (土) 21:59:16 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
アクアジムとか、あのトイライクなゴチャゴチャ装飾付きのデザインラインって、元々はガワラ御大によるもの?
ガンダム4・5号機とか、ほんと扱いに困る元デザインだったけど、カトキ氏がアレンジして「まあ、アリかな」って思うようになったんだけど、アクアジムはアレだ・・・

ってか、アクアジムって宇宙世紀史的に実在したコトになってんですか、そうですか・・・
2008/03/08 (土) 22:35:16 | URL | 亡 #-[ 編集 ]
アクアジムには2種類のデザインがあって、今ゲームとかに出てるのは大河原デザインの方ですね。
もう1つ、近藤版のアクアジムというのがあって、先に発表されたのは近藤版のほうです。0080に登場する予定だったのが流れたみたいですね。設定は全然違うものですが。

アクアジムはゲーム的に連邦唯一の水陸両用機ということで重宝されていますねぇ。でもこちらも最近カトキ氏にアレンジされています。

アクアジムは4・5号機のM-MSVは、ガチャポンにするネタがなくなったバンダイが勝手に作ったMSVなので、
悲惨なデザインであることは確かです。文字設定的にはそんなにひどいもんでもないんですけどね。
2008/03/09 (日) 22:37:27 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.