がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
機動戦士ガンダムOO #21「滅びの道」
 テンポ速いなぁ~。1クールのゆったりさが嘘のように次々と物語が動いていきます。こうも詰め込んでくるなら、もう少し序盤を駆け足にしても良かったなぁと思うんだけど、アザディスタン編で区切りをつけるという予定だったんだろうね。

 今回のサジ君パートは、ルイスの時と比べるとえらくあっさりしてました。何事もなかったかのように死んでる絹江さん。もう少し盛り上げるのかと思ったんですが、所詮ヒロインではない女性ではこの程度ということでしょうか。単純にスケジュールの都合っぽい気もしますけど。サジパートは現状はまだ脇役扱いなんでしょうな。ただやっぱりルイスのときのインパクトが合ったんで、こっちはすごくあっさり感じてしまって、感情移入するのは難しかったです。物理的なことを考えると、サジ的にはこっちの方が
重いはずなんですけどね。唯一の肉親を失ったことになるわけですから。

 ヴェーダが月にあるってのは、やっぱりD.O.M.Eとか白の宮殿とか意識してるんでしょうかね。スパロボ的なクロスオーバーがしやすくなっているというかなんというか。アレハンドロさんが完全に悪役顔になっていましたが…一族の悲願というよりはただの独走に見えるのは単純に演出のせいかな?彼の一族は他に生き残っていたりしないんだろうか。個人の理想ならともかく、一族の理想なら、もっと家柄を背負っているような描写があっても良かったと思うんですが。家族のしがらみってもっと重いんだぜ。
 しかしソレスタルビーイングの目標が世界統一なのかな?それともアレハンドロがそうしようとしているのか?見た感じ前者のようだったけど。あれか、イオリアはビアン・ゾルダークだったのか(きっと違うんだろうなぁ)。

 しかし、フラッグファイターの出向組の台詞は「これは死亡フラグだな…」と確信してたんですが、今回のフラグはロックオンの方だったんですねぇ。ちょっと読みを外されて、「やるなブライト」って感じです。
 それにしても、「いつかヴェーダの束縛から離れるのだろう」「いつか4人が連携をとって戦う日が来るのだろう」とは思っていましたが、予想より早くその時が訪れましたね。「ヴェーダが乗っ取られる」「トリニティというイレギュラーの登場」という外圧による変化なのがアレですが、だからこそ早く訪れたのだし、まだ完全ではないんでしょう。

 トリニティVS人革は、ここで人革が勝つと三国のパワーバランスが崩れそうな気がするので、やっぱり無事に逃げ切れるのかな?どこに逃げるんだって感じですけど。あ、でも母艦があったな彼らにも。でも誰が母艦動かしてるんだろ。以前出たときは明らかに三人で動かしていたからなぁ。自動操縦でどっかに隠してあるんだろうか。
 なんというか、アレハンドロの台詞的にガンダム7機は全部見捨てる感じだったので、トリニティはそのうちトレミー側と共闘しそうな雰囲気になってきましたねぇ。現状、トリニティの上ってラグナしかいなかったんでしょうか。あんまり重要なポストって感じには見えませんでしたけど。

 トレミーVSジンクスは見事。これまでの敵とは違う!っていう描写がよくできていましたし、敵1機撃墜するのも精一杯という緊張感も凄い。序盤のおざなりなザコ散らしはこれの伏線だったのかなぁ。
 ヴェーダによるシステムダウン→システム回復→ティエリアだけ放心状態→ロックオンがかばうという流れも見事。なんだか刹那の気合でシステムが戻ったように見えますが、あれってそのタイミングで偶然新システムに切り変わっただけですよね?アレルヤとロックオンにはそういう描写がないのに回復してるし。でもそうなるとティエリアだけ回復しなかったのは何なんだろう。単純に再起動の操作を取っていなかっただけか、ヴァーチェは他の3機よりヴェーダへの依存度が高かっただけか。スメラギさんが「間に合って」と言っていたから、ティエリアのせいというよりシステム的な問題っぽいんだけど。
 あー、でもガンダムにはパイロットのメンタル面とリンクする装置がついていて、精神的な成長を促すというのが計画のうちという可能性もあるわけか。だから一見相応しくなさそうなパイロットがマイスターに選ばれていると。最終的には与えられた使命に従うのではなく、自らの意志で未来を選ぶように仕向けるのがイオリアの目的とか、そういう感じか?2クールで一旦区切りをつけることを考えると、アレハンドロの計画を主人公たちや他の国々が協力して阻止する、というまでが前期の展開なのかなぁという感じにも思えますが。

 それにしてもロックオンの負傷(まさか死なねぇよな)が今後のティエリアにどういう精神的影響を与えるのやら。ヴェーダ使えなくなったらナドレの意味もなくなるし、アイデンティティを喪失したティエリアの成長、というのはなかなか楽しみではあります。アレルヤはなんか頭だけって感じだったけど、こっちは真に迫ってる描写がありますからね。刹那が「もう戦いたくない」という兆候を見せ始めてるのも面白そうな伏線。「どうせ誰かの計算通りで、どうせそれっぽい答えが用意されてるんだろ」という今までの設定面での伏線と違って、キャラクターの心情描写についての伏線は素直に期待できますね。
 そういえばここでGNアームズが出るとは思わなかったわ。ここでようやく数に勝るジンクスと対等に戦えるようになると。うーん、計算されてるねぇ。
 現状は猛威をふるっているジンクスですが、これもそのうちヴェーダに操作されるんでしょうね。んで、フラッグに乗ったグラハムが意地を見せると。なるほどなるほど。

 と、今回も面白い展開ではありました。が、なんつーか、やっぱりあれですね。インテリが作ったガンダムっていう感じが凄く強いです。頭を使ってアニメを見るのが好きな人と、もっと娯楽的な感覚でアニメを見ている人とでは、ちょっと評価が分かれそうな作品だなぁというのが現状の評価です。
スポンサーサイト
コメント
コメント
ヴァーチェ
ヴァーチェですが、
最終的にデュナメスと共に回収指示が出ていたので
実は現状では再起動不可だったのでは?と思いました。
じゃなきゃ戦闘後にでもティエリアが再起動させて自力着艦すると思いますし。

演出でしょうがないかもですが・・・
個人的にはシステムダウン状態が長過ぎだと、
あんだけ停まってたら既に集中砲火浴びて墜とされてるでしょう
GNドライブ自体が停まってるから防御力も低下してるだろうしね。
あの辺は刹那の感情どうこうってのが無いなら
ヴェーダのバックアップ切れた瞬間にスメラギさんがシステム切換えしてるでしょうしねぇ

まぁでもなんかちょっと面白くなってきたので
失速しない様に期待したいですね
2008/03/01 (土) 22:34:32 | URL | スウ #-[ 編集 ]
Drも大変です
何しろ立てつづけにガンダムマイスターが倒れましたからね……一人目はフュレシュテのフォン・スパークで首動脈を吹き飛ばされ仮死状態で運ばれるし……(ここら辺は外伝のOOF参照)


ロックオンが負傷してデュナメスを誰が操縦するか?次回動いていたらガンダムマイスター874が動かしていると思ってください。


沙慈の父親は同業者では有名な方だったんですね……もしかすると父の投獄原因に犯罪もソレスタルがらみ?


グラハムはフラッグを使用し続けいると言う事ですが複製疑似GNドライブを開発し、付け替えていたりして……(笑)
2008/03/02 (日) 00:17:16 | URL | YF-19k(kyousuke) #MvmWVHOA[ 編集 ]
目的は世界征服ですかアレハンドロさん。自分の中ではコーラサワーと同格のお笑いキャラになってしまいました!
最終的にはアレハンドロさんも裏切られた上で、最後まで生き残りそうな雰囲気が漂ってますよね。

それにしても、ガンダムチーム(トレミー所属の4機)は連携とり難そうな仕様ですよね。
強襲して一気に決着という仕様なのでしょうが、防衛戦だとどうやって連携とるんだ?って感じです。
そもそも、デュナメスが前に出ている時点で(一応相対的には後方に位置してはいますが)かなり崖っぷちな感じがしてなりません。
それでも雑魚戦では追加装甲で問題は無かったのでしょうが、そういう意味ではどの機体も、ガンダムクラスとのMS戦はほとんど考慮されていないような感じを受けました。そのためのGNアームズなのかもしれませんが・・・
2008/03/02 (日) 00:49:53 | URL | ハル #mQop/nM.[ 編集 ]
>スウさん
ナドレのことを考えても、
ヴァーチェは他の機体よりヴェーダの支配力が強かったのかなとは思います。
スメラギさんはナドレのことも当初から知っていたようなので、
ある程度は折込済みだったとは思うのですが…

システムダウン状態の演出は確かに長すぎた気もしますが、
まぁ、相手が罠かと思って警戒しすぎたんでしょうかねぇ。
人革がキュリオス捕獲した時にそれで痛い目にあってますし。

勢いだけで言えば、このまま最後まで行ってしまいそうに見えますね。
ネタはしっかり仕込んでいるようですから、あとはコンテや演出次第でしょう。

>YF-19kさん
GNドライヴを搭載したフラッグを、果たしてフラッグと呼べるのか…それが問題です(笑)
なんか解析・量産しようとか言ってたんで、
ヴェーダと無関係の擬似太陽炉も作ろうと思えば作れるんでしょうかねぇ。

>ハルさん
アレハンドロさんが完全な悪役モードに入ったのはビックリしてしまいました。
どこが監視者だよお前って感じですね。

トレミーガンダムは確かに、連携戦闘よりそれぞれ得意なミッションに特化しているという感じに見えますね。
仰るように同格以上の相手にはGNアームズを使うことが前提なのかもしれません。
スローネは連携前提のように見えるので、
対ザコ用がトレミー4機、対ジンクス用がスローネ3機であるとも思えるんですが、今後の演出次第ですかね。

とりあえずキュリオスが迎撃戦闘では全然役に立ってないのがすごく気になります(苦笑)
2008/03/02 (日) 14:09:49 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
サイトの相方がロックオンさん負傷の瞬間にものすげー取り乱して電話掛けて来て昨日は大変でした……。

>連携とか迎撃とか
「突然乱入→一方的に武力介入→一気に退散」の神出鬼没性が前提だったので、4機まとめて守勢に回るトコまでは想定されてなかったのでしょうねえ。
そう思えばデンドロビウム的用途であろう、GNアームズが防衛戦で必要になるのが分かります。

>キュリオス
汎用性、悪く言えば中途半端さが仇になる感はありますねー。
変形すればGN-Xより機動性は上回れるでしょーから、同タイプがもう1機いれば戦況を激変させる可能性はありそーですけど。
ロックオンさんが当分ダメそーだし、
ティエリアはショック大きそーだし、
アレルヤの比重は相対的に大きくなってるトコだと思うので、ココでやっぱハレルヤ君が(ソレ余計ダメじゃん

となるとトリニティ組と再度共闘路線になりつつあるのかな、とか個人的には感じます。
スローネもいちおー「ガンダム」ですから、まさかGN-X相手の噛ませ犬で終わらせませんよねえ……

……種的な作風ならGN-Xもガンダム顔で、ヤツ等に殺られてスローネお役御免のタイミングだったかもしれませんけど(何

今の勢いはホント良いですねえ。
序盤にもこの半分くらいでもあれば尚更良かったのですけども。
2008/03/02 (日) 17:00:48 | URL | 闇鍋影人 #-[ 編集 ]
負傷の瞬間に…ですか(汗)ご苦労様です。

キュリオスは多分、ヴァーチェやデュナメスの護衛機としての役目を果たしていたのだと思いますが、
ティエリアを守ることはできませんでしたねぇ(笑)
護衛機が手一杯だからこそ、同じ護衛される側じゃないと守れなかったとも言えますが。

スローネはリューミンさんがどう動くかですね。あれは確実に今後の布石のはずなので、
彼女を通してトレミーと繋がるのか、
あるいは彼女独自の戦力となっていくのか…。
アレハンドロを止めるのは彼女かもしれません。

種ならジンクスをあそこまで強くは描かないでしょうね。
強く描くなら全員に名有りの美形が乗ってるはず(笑)
ああいう顔無しの強敵は、Wのモビルドールを思い出させます。
やっぱり、監督が一番参考にしてるのがWなんだろうなぁと思いますね。
2008/03/02 (日) 22:33:24 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.