がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
バーザムは「汎用主力量産型MS」ではなかった
 混沌としたバーザム解釈の中に一筋の風穴を空けるための説を1つ。

 バーザムは、ハイザックやマラサイ、ジムなどと同列の量産型MSと思われがちですが、一説には可変MSの随伴、あるいは穴埋めを目的に開発されたとも言われています。つまり、ザクやジムとは根本的に設計思想が異なる機体だったということです。
 確かにバーザムは、脚部の大型スラスターなどを見ると、通常のMSよりも機動力を重視しているように思えます。スペック上の推力もかなり高めに設定されており、百式やリックディアス、バイアランやハンブラビを上回っています(というか、ほぼガンダムMk-IIと同じ数値なんですけどね)。まぁ、重量がちょっと重めなのがアレなんですけど。

 劇中でも、バーザムはハンブラビと同タイミング登場しています。これは、バーザムがハンブラビとの連携運用を考慮に入れられていたからなのではないでしょうか。

 一般に、宇宙用の可変MSはその運用法の特殊さや、スペックの差から、汎用MSとの同時運用は困難であり、単機あるいは同型機のみでの運用が基本であったのではないかと思われます。
 しかし、バーザムは可変MSとの同時運用を可能とするために開発された機体だった、と考えると、バーザムという機種があまりにも短命だったことも説明がつきます。一般にはバーザムはコストパフォーマンスにおいてジム系に劣るのが一番の原因だろうと思えますが、それなら同じジム系との互換性を確保したバージムはなんでダメだったのかということになります。コストパフォーマンスを改善してもダメだったのは、可変機との運用が前提だったからです。つまり、可変MSの衰退は、バーザム系の衰退と同義だったということです。

 こう考えると、バーザムはハンブラビとの連携運用、バージムはZプラスC型との連携運用(エゥーゴ/カラバから連邦軍に採用されたのも同じだし)が想定されていたんじゃないか、という推測ができます。

 ただ、カトキ版はどうなのよという話になってしまうと困ってしまうんですが、つまるところ、TV版バーザムは可変MS支援用、カトキ版は汎用であったと考えるのが外見を考慮に入れてもベターかなと思います。バーザム改=バーザム汎用タイプということですね。バーザム改は単純にジムIIIあたりと競合して主力機の座を追いやられたってところでしょうか。
 このように、運用目的に沿って考えればカトキ版とそれ以外を住み分けることは可能なのですが…見た目の問題はどうにもならないですな。やっぱりバーザムとカトキバーザムの違いは、ウーンドウォートとアドバンスドウーンドウォートの関係と同じということで、共通のラインに落とし込むリファインが必要なのかなぁ、なんて思ったりします。
スポンサーサイト
コメント
コメント
そういえばバイアラン搭乗時のジェリドの部下もバーザムでした。ただダガール戦では、まだハイザック。次回の追撃戦からなんですよね。ジャミトフが部下機がハイザックではやり辛かろうと新型を回してくれたのでしょうか?
もっとも海上の戦闘という事もあってSFSに乗りっぱなしで全く利点を生かせませんでした。Zガンダムと百式が出てこないので「敵は戦力を温存している」とジェリド隊長が思い込んだ(実際には宇宙に上がるためのシャトル内で待機していた)ため全機、それに倣ったのも一因らしいです。
2010/04/27 (火) 15:54:01 | URL | 巨炎 #mQop/nM.[ 編集 ]
ダカール後の戦闘では地上でバーザムが出てきてたんでしたっけ。
ニューギニア製なんで地上配備されていてもおかしくないですが、
「ジオンの星」ではバーザムは陸戦に不適だとして地上では量産されていない設定になってました。
試作、あるいは先行量産機なのかも…。
2010/04/27 (火) 22:36:10 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.