がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
機動戦士ガンダムOO #18「悪意の矛先」
 なんか今回演出が神がかってましたね。見ててこんなに感情を動かされる話は第1話以来初めてのような気がします。
 …ただ、こういうやり方で感情を動かすのかァ…という気も否めず。

 そもそも最初のスローネによる戦闘からして「あれ?今回は演出がすごくね?」と感じ始める。SEEDには足りない部分の1つだったようにも感じます。
 その後の、フラッグファイターとして戦う決意を始めるグラハムはスローネアインの片腕をもっていく活躍。ビームランチャーもサーベルも奪われただけに、スローネは反撃できずに撤退。この奪った武器が今後フラッグカスタムに応用されそうな気がしますね。

 サジの姉さんはかなり死亡フラグが積み重ねられております。ラグナってのはトリニティ側のヴェーダみたいですね。つーか初めからソレスタルビーイングって分裂してんじゃん。世界からすれば勘弁しろって感じやね。
 太陽炉は作るのに時間がかかるようです。木星圏の環境下で物干し竿に干しとく(例えですよ、例え)必要があるってことだろうか。あとリボンズとヴェーダは何かつながりがある感じがしますね。ソレスタルビーイングのことを伝えたのは彼みたいですし。Oガンダムのパイロット説は必ずしも的外れではないのか(年齢が合わないように見えるけど)。

 そしてルイス、というかネーナ…うーん、一番安易な方法で視聴者に嫌われるように仕向けたよね。理由なく気分で民間人を殺害ってのが…馬鹿に刃物を持たせるとこうなるっていう典型的な例というか…うーん。釈然としないなぁ。3機で編隊行動取ってるのに他の2人気づくの遅すぎだろ…スイッチ押し間違えたとかさぁ。それぞれの陣営にそれぞれの正義がある、という世界観の中で、いきなり悪そのものみたいなキャラにしちゃうのは違和感を感じました。例えばせめて、ネーナが何らかの理由でカップルあるいは結婚に強い憎しみを抱いていた、という描写が事前にあったとかなら、まだわかるんですが。理由なくってのは明らかに「こいつら悪い奴だよ」って思わせるように仕向けてるからなぁ。

 その後のサジの行動からの流れは、凄かったけどね。「受け取るよなぁ」「受け取らないの?親が死んだりして自分はサジに相応しくないとでも思ったか?」「ちょ、まさか腕が…」という見せ方のプロセスが見事。うわぁ~やっちまったぁ~って感じ。ここの演出は凄かったわ。富野アニメでもこんな風にはならん。
 姉さんも死にそうだし、サジ君が今後どういう行動を取るのか、というのは気になるところです。こういうことになって燃えなきゃ男じゃない、よねぇ。
 サジの物語上の存在理由は絶対あるはずだと思っていたけど、やっぱりでしたね。これを見た上で第1話からのサジ関連のエピソードを見直したら、全然違う感想になると思いますよ。ちょっと小刻みすぎるというか、話の腰を折るような入れ方が多かったのはよくなかったけど。

 その流れから畳み掛けるように刹那の単独行動。例によって命令無視なんだろうけど、これまでも当然のようにやってきた刹那なら納得できるといえばできますわな。しかし秩序なさすぎだぜソレスタルビーイング。
 刹那としてはガンダム=神の代替だったから、それを裏切ったスローネが許せないというのもよくわかります。これまでももっとガンダム信者的な側面を強調していれば、もっと分かりやすいキャラクターになったと思うんですけど、そういう問題でもないんだろうな。
 スローネを紛争拡大分子と認定するところはまさに予想通りで笑ってしまったけど、そのときの刹那の喋り方にはちょっと燃えるものがありました。声優さんグッジョブ。まさに「そうだ、その通りだ!」って思える演出でした。
 まぁでも、3機に勝つのは難しいでしょうねぇ。アインは武装がないし、ドライもあんまり強力な武装持ってないみたいだから、実質ファンネルとの戦いになるんだろうか。次回予告を見る限り、刹那は怪我をすることはないようだけど。

 つーかこうもトリニティのやり方が馬鹿すぎると、この内乱もヴェーダというかイオリアの計算通りなんじゃないかと思えてきますね。紛争の根絶に一番必要なのは戦闘行為とそれに使われる兵器の排除じゃなくて、人々の感情のもつれを直すことなんだ、みたいな感じで。民族紛争なんかは、イデオロギーというよりも感情的な問題だしね。ただそれだと、ガンダムWにおけるぜクスの結論とほぼ同じになってしまうわけなんで、もっと捻るだろうけど。

 まぁともあれ、今回は物語が動いて盛り上がってきたし、演出もすごく良かったけど、その盛り上げ方にはちょっと疑問を感じたのでありました。そんなに露骨に悪役にしなくても…
スポンサーサイト
コメント
コメント
ロックオンの「兵器工場つったって、あそこで働いているのは民間人だぞ!」って台詞
あぁ、やっぱり今回のガンダムも戦争なんて描いてないなぁ…って再確認しました。
うーん…まぁ「テロ組織VS国家組織(手動はテロ組織にある)」ってのは今の時流に沿ってると言えば沿ってるんですが…。」

ルイスのあれは、やはり安易過ぎたかなと思いますね。
2008/02/09 (土) 19:52:59 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
サジ君、第2期ではルイスと結婚してますね。婿に入ってますよ。ええ。
当然ガンダムを憎んでます。嫁の手は義手になってます(再生医療技術は損傷部位再生できるレベルには進歩しとらんのだろーか?)。
そんでハレヴィ家の遺産と人脈を利用して、なんかスゲー重要人物になってますね。黒くなってます。ワルです。第2期のラスボスです。ええ。ホント。
2008/02/09 (土) 22:05:18 | URL | 亡 #-[ 編集 ]
第二期に向けての前ふり?
とりあえずルイスがあんな事になるとは……ここら辺はSEED DESTINYのマユの事があって生存させた可能性も。沙慈君が第二期に国防軍に参加する可能性も……ひょっとするとルイスもAEUに参加するとか……。


グラハムもやってのけました!今日ほど彼の生きざまに惚れたエピソードはなかった!

再生医療はナノマシン技術が一般的だから、クローン医療の法的問題もクリアしていると思われますので……何よりもイタリア辺りはあの公社が有りますからね(笑)

刹那も流石にプッツン!

2008/02/09 (土) 22:16:48 | URL | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo[ 編集 ]
>サジ君
暗黒面フラグキタコレ
と思ってしまった私

>「あれ?今回は演出がすごくね?」
それはSEED系列にも個人的は感じましたし、今回は見せ方やわかり易さが上手いのでしょう。
グラハムさんの戦闘シーンは興味深いものでしたし。

>フラッグファイター
特別な響きを感じますね
精鋭の証という称号という感じですかね
これはSEED小説でも使いたい言葉です(笑)
2008/02/10 (日) 18:07:58 | URL | CRS #-[ 編集 ]
>コンラッドさん
突っ込むところはそこなのか?とは思いましたねぇ。
非軍人がいるかいないかよりも、実際に戦闘行為が行われているかいないかの基準での、
これまでの行動からの逸脱行為だったようにも思えます。

>亡さん
ルイスはラクスの立場を持つフレイになるということですね!
…それって最強じゃないか!?

>YF-19kさん
ルイスは生き残ったからこそ痛いんですよねぇ。
富野アニメなんかもグロいシーンは多いんですが、大体死ぬ時なんですよね。
生き残った上でのああいう描写は過去のガンダムにはあまりなかったです。
SEEDだったら、ルイスの両親のグロ死体が描かれてたんだろうなぁと思います。

グラハムは完全に主人公化してましたね、あのシーンでは。
スタッフに好かれているキャラのように感じました。

>CRSさん
サジは境遇的にはシンに近いんですよね。

SEEDは止め絵が凄かったという印象ですが、
今回はスピード感と台詞回しが肝かなと。
演出手法の違いとも言えますね。

SEEDでフラッグファイター…ということはやはりウィンダムファイターでしょうか(笑)
2008/02/10 (日) 19:06:21 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
凹みました
ルイスの件、かなり凹みました。
今までのガンダムって、キャラが死ぬことでその想いを他人が汲み取ったり、曲解したりでキャラ自身の想いがストレートに表現されること無かった、と思うんですが(まぁ、NTは別として)

ルイスは、生きてる限り自分の身に傷を残したまま、想いを自ら語らなきゃならない。
それが恨みなのか、あきらめなのかわかりませんが、そういったネガティブな演出って少なかった、と思うんですが・・・。
きついっすね。

なんか、伝わりにくくてすいません。
2008/02/11 (月) 02:28:48 | URL | ごっづ #-[ 編集 ]
ルイスの片腕消失は個人的に泣きを見る羽目になった回でした。
母親辺りが死ぬのは予想してましたが、ルイス自身も体の一部を失うというのは予想だにしてませんでした。
ただ、こういう回をするのだったらば、ルイスがこの世を儚んで自殺未遂をするというような展開に持ってもらいたいなと。
こう思うのはちと残酷ですけどね・・・。
2008/02/11 (月) 17:06:03 | URL | おおあばれ乱堂 #-[ 編集 ]
>ごっづさん
傷を負った(あるいは殺された)被害者側が積極的に負のメッセージを画面から放出することは、
確かに従来のガンダムにはあまりありませんでしたね。
どこか、戦争でそうなるのは当然という雰囲気が作品内にあったからだと思います。
国家間同士の戦争でもなく、またルイスが民間人だったが故に、
痛々しいものになっていますね。

>おおあばれ乱堂さん
OO世界は再生技術も凄いようなので、
実際には私生活に支障を及ぼすことはなさそうな感じなんですが、
精神的にはそうはいかないでしょうね。

こういう展開は確かに予想してなかったです。
今まで、割とスマートな描写が多かったですからねぇ。
2008/02/11 (月) 19:38:14 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
ヨハン
ルロイさん初めまして
やっぱりヨハン気づくの遅いだろって思いますよね。
プトレマイオスに乗り込んだ時のミハエルの長々とした挑発行動に然り、プロフェッサー殺害の任務終了後のハワードを殺した時のミハエルに然り、そして今回のネーナの行動に然り
行動を起こした者が目立ち気味ですが、その?Bつ全て、ヨハンがすぐにちゃんと止めさせれば起こらなかった事です。
任務以外の行動では普通、犠牲者は出さないものです(まぁ任務が特定人物の殺害という時点でおかしいですが。それに、目の前にレーダーがあるんだからすぐ気付くでしょう)本当に、戦争根絶を願うならばの話ですが
ネーナとミハエルは簡単に言えば理性の塊であり、2人を統率するべき(言い換えれば、?B人の中で唯一感情がコントロールできる)なのにしようとしないのはヨハンが?@番命を軽んじている証拠だと思います(特に今回に関しては、ネーナが民間人を巻き込んだ事にはふれていないし)、そしてヨハンだけが知っている目的というのもあるんじゃないかと、でもそのヨハンですらまた誰かの操り人形に過ぎず利用されているだけみたいな

今はただの悪役の?B兄妹ですが、もう少ししたら出生の秘密とか操っている黒幕とかが出てきて最終的には利用されるだけされて捨てられる可哀想な最後をむかえる気がします
ちゃんと行動理由が描かれないでただ悪役だけがいるアニメはイヤですよね
ルロイさんがいうようにトラウマかなんかがあればよかったっすよね

2008/02/12 (火) 14:12:05 | URL | スパゲティ定食 #lFb6dAW6[ 編集 ]
僕のこの予想どう思いますか?
もう一つすみません<m(_)m>是非ご意見を伺いたかったもので

僕は沙慈が刹那のおとなりさんだった、知り合いになるという事が判明した時から、絶対に何かの伏線だろうと考えていました
なぜならとくにその時は、以前ルロイさんもおっしゃっていたように沙慈ルイスの2人は平和パート担当で、戦争で死にそうな思いをしている人もいれば、こうやって平和に暮らしてる人もいるっていう対比だったわけで、そこをわざわざつなげる必要がないなってのが?@つ、
あといつも世界を飛び回っているCBにとってWのヒイロみたいに学生をやっているワケでも、ましてや生まれ故郷でもない日本に家をおくのはおかしいってのが?@つ
この2つの不自然をしてまで刹那と沙慈に接点を持たせる理由は必ず何かあると思いました。
そして沙慈が宇宙工学を学んでいるということで、これは今後絶対戦闘に関わるんだろうなっと思ったわけです
最初は刹那達と一緒に戦うかと思ってましたが今回の話でそれは無い事が決定したと思います。きっと一般人から見ればガンダムの区別なんてつかないでしょう。僕の予想では?Bクールあたりに刹那と沙慈の一騎打ちがあると思っています。もちろん相手パイロットがおとなりさんだとは知らずに、見ている視聴者だけが知っているという鬱展開です。
でもその状態になるにはまだ一押し足りないので、多分真実を知りすぎた絹江さんがトリニティあたりに殺されて、ガンダムに対する復讐鬼と化した沙慈が絹江さんの残したデータから新MSを作り出し、それに自分が乗り込むのではないかと思います。Wのカトルくんみたいに
沙慈は宇宙工学にかなり興味を持っているような描写があったので成績も優秀だと思われますし
多分ガンダムシリーズ特有の民間人が、才能を開花させるタイプだと信じてます
あとビリーもそのうち絹江さん同様に殺されると思います。モチロン最後のプレゼントとして、グラハムにフラッグの最終進化型を預けるのは言うまでもないです。赤いGN粒子にガンダムの片腕も手に入れたので、かなり研究が進むのではないかと思います


うまくまとめるのが下手くそなもので、長々となってしまいました。本当にすいません
かなり人が死んで鬱展開ですが、根拠があるので生意気ですがかなり自信があります。

ルロイさんはどう思われますか?
2008/02/12 (火) 14:33:07 | URL | スパゲティ定食 #lFb6dAW6[ 編集 ]
初めまして、書き込みありがとうございます。

ヨハンは、常識をある程度わきまえているだけで、考えていること自体は他の2人と大差ないのではないかと思います。
最低限のフォローをしているだけで、基本的には彼らの行動に異を唱えているわけではない、
というのが初登場時の印象です。

ネーナの行動に関しては、戦場の兵士が必死に殺し合いをやっている時にたまたま幸せそうな民間人を見つけて、腹いせに殺したということを描きたかったんだと思いますが、
それをやるには早すぎたという印象でした。
実際は劇中ではかなり時間が経っていて、彼らはかなり疲弊していたようなのですが、
視聴者的にはほんの一瞬でしたからね。「幸せな人間を殺したくなるくらい疲弊している」という心理が伝わるだけの描写の積み重ねがちょっと足りなかったように思います。
ただ、そういう積み重ねを描くことが、スケジュール的に難しかったんでしょうね。

サジの今後についてですが、「それまで対岸の火事だったものが現実に自分の目の前に現れた」というところまで来ましたので、
それを受けてどう行動するのか、というところですね。
当初は戦争を憎んで戦争根絶のためにソレスタルビーイングに参加するという予想もありましたが、
ルイス達を襲ったのがガンダムだったために、刹那達と敵対する可能性の方が高くなったことは確かです。
このことでサジがガンダムを憎むということになれば、
それはガンダムを神聖視する刹那とちょうど正反対の位置にくることになるので、
何らかの形で刹那と対立し、「ガンダムとは何か?」という問いが二人の間で生まれ、
「ガンダムは道具に過ぎない、問題はそれを使う人間だ」というありがちな結論になりそうな気もしています。
各ガンダムマイスターが、どう見てもガンダムの力を得るに値しない器であるような描かれ方をされているので、
なんかそういう視点が入ってきそうな気がしますね。

ビリーは確かに死にそうですね。グラハムには最強のフラッグを託し、スメラギさんに最期のメッセージを託しそうな感じがします。
2008/02/12 (火) 23:40:47 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
本当にどうもありがとうございました<m(_)m>
長文で返していただきどうもありがとうございます。
ルロイさんの大人の冷静な御意見に、自分の幼稚さと勢いだけの意見だったということを思い知らされました。いやぁ本当にお恥ずかしい。何が自信があるだ!!これぞまさしく、穴があったら入りたい気分です(/o\)
なるほどそうですよね。視聴者は一瞬だけでもあちらの世界では時間が経過しているのですよね。
ありがとうございます。もしかしたら刹那と沙慈は、対立関係になるかもしれませんよね。僕は刹那と沙慈をお隣同士にしたのは、沙慈がMSに乗るかは別にして、対立関係になる伏線な気がしたもので
あとグラハムの部下ダリルはそのうち、「グラハム隊長万歳」と叫びながら特攻して、その後グラハムには『部下殺しのグラハム』というあだ名がつきましたってなったら面白いなと密かに思っています(笑)
それでは失礼いたします。本当にどうもありがとうございました。これからも楽しく拝見させていただきます(^-^)
2008/02/14 (木) 22:29:18 | URL | スパゲティ定食 #lFb6dAW6[ 編集 ]
いやいや、スパゲティ定食さんのご意見が幼稚であるようには思いませんでしたよ。
見た直後は自分も同じように思いましたし、その後冷静になって他の人の感想をいくつも見て考えたら別の感想が思いついたという感じです。

この作品は一見疑問に思える描写も全て計算づくの伏線になっているように見えますから、
刹那とサジがお隣同士なのも確実に何らかの意図があるでしょうね。
仰るように対立関係になる可能性が、現時点では高いと思います。

部下殺しのグラハム、すごくあり得そうです。現状どう見てもフラッグファイターはシュラク隊ですからね(苦笑)

これからもご愛顧していただければ幸いです。
また何かありましたら書き込んでくださいね。
2008/02/15 (金) 20:55:44 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.