がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
クワトロ大尉とカミーユの宇宙世紀兵器開発史講座(1)艦艇編
クワトロそういうわけで、君にはエゥーゴの一員として、軍用兵器について学んでもらうことになった

カミーユそういうわけってどういうわけですか。僕はそういうの、一通りハイスクールで習ってますよ

クワトロ士官学校ならともかく、普通のハイスクールの知識で軍人が務まるとは思わないで欲しいな

カミーユ…わかりましたよ。ではご教授願います、大尉殿

クワトロちなみに、私も所詮1パイロットに過ぎないから、多少間違いがあるかもしれんが、それは了承の上で聞いて欲しい

カミーユいきなり逃げ道を作っておくんですか…これだから大人は


クワトロでは、何故MSが必要になったのかな?

カミーユそれは、ジオン公国が地球連邦軍に戦いを挑むためです。ジオン軍は連邦軍に勝つために、ミノフスキー粒子を用いた戦術を前提にした近接戦闘に優れた兵器で数的不利を覆す必要があったんです。そのために開発されたのがザクです。

クワトロその通りだ。さすが習っただけあるな。ならば、ザクは何と戦うために開発されたのかな?

カミーユそれは…連邦軍の宇宙戦艦とか、宇宙戦闘機でしょう

クワトロそうだ。ザクが開発された時点で、連邦軍にはMSなどなかったからな。他にもコロニーに単独で潜入でき、そのまま内部で活動できるなど、様々な目的が想定されているが、戦闘行為に限って言えば、ザクは戦艦と戦闘機と戦うために開発されたと言える。では、そのために必要な要素は何だったと思う?

カミーユ要素…ですか?

クワトロそう、ザクの開発意義を知るには、その敵である宇宙艦艇と宇宙戦闘機が、何のために開発されたかを知る必要がある。新兵器とはすべからく、既存の兵器や既存の戦術に対抗するために開発されるものだ。とりあえず強力な兵器を作ろうという、そんな単純な理由で開発されるわけではない。君は、宇宙戦闘機が何のために開発されたのか、知っているかな?

カミーユそれは…授業で習ったのはMSが開発された後だったから、宇宙戦闘機はMSに対抗できなかったってことくらいしか…

クワトロそうだろう。だから、まずは宇宙艦艇と宇宙戦闘機が何のために開発され、存在していたのか、ということから始めよう。それがわからなければ何故ザクが必要だったかも分からないし、ザク以降のMSの開発理由も分からない。

カミーユなるほど。

クワトロでは、まず宇宙艦艇がなんのために開発されたか、ということだが…これについては、そもそも連邦宇宙軍が何のために存在していたのか、というところまで考える必要がある

カミーユ連邦宇宙軍は…ジオン軍が設立されるまでは、何のために存在していたんでしょう?外敵もいませんでしたよね

クワトロそうだ。これは宇宙軍に限った話ではないが、一年戦争まで、連邦軍に明確な仮想的は存在しなかった。連邦政府設立以来、その軍事力は、専ら内に向けられていた

カミーユ内に?治安維持とか、そういう意味ですか?

クワトロそうだな。連邦から脱退しようとする国を武力で脅したり、テロを鎮圧したりといったところだ。言わば、連邦軍は抵抗への抑止力のために存在していたわけだ。まぁ、それはいつの時代も同じことだが…

カミーユじゃあ、宇宙軍もコロニーが反乱を起こさないための抑止力として存在していたんですね。まるでティターンズのようだ

クワトロそうだ。ティターンズのような仕事が、本来の連邦軍の仕事とも言える。まぁ、奴らはやり方があまりにも悪質だから、エゥーゴの蜂起を生んだのだがな。とにかく、コロニーの秩序維持のために宇宙用の艦艇が開発された。艦艇の種類には大まかに分けて戦艦と巡洋艦があるが、両者の違いの基準は明確にはなっていない。ただ、戦艦はコロニーに一撃で穴を開ける火力を持っていた

カミーユコロニーは穴を空けるだけで致命傷ですから、それだけで抑止力になるんですね

クワトロそうだな。常に拳銃を突きつけられているようなものだ。実際のところ、戦艦は戦力としての有効度よりも、見た目での威圧の方が重視されていたことは否定できない。実際はコロニーに向かって砲撃するよりも、コロニー内に特殊部隊を送り込む任務の方がメインだったからな。一方巡洋艦はより実戦的で、対コロニーよりも、隕石や輸送機を追撃・撃沈するための艦という側面が強い。動いている目標を追いかけ、攻撃を命中させるために、航続距離に優れ、ミサイルが主武装だったのが戦艦との違いだ。元々は警備艇と言われていたくらいだからな

カミーユミノフスキー粒子が存在しない環境では、誘導機能を持つミサイルがもっとも確実な攻撃手段だったんですね

クワトロそういうことだ。ちなみに、宇宙軍の艦艇は木星船団用の輸送艦の船体構造を流用したものだったようだ

カミーユ何故ですか?

クワトロ木星船団の艦艇が、宇宙船の技術の最先端だったからさ。過酷な長距離航行を実現するために、渡航の度にさまざまな最新技術が投入されている。だが連邦宇宙軍は、大きな戦乱もなく技術革新が起こる環境ではなかった。つまり木星船団の技術が宇宙軍にフィードバックされ、戦艦に反映されるのが通例だったのさ。なにせ、コロニー開発が始まったのも、木星からのヘリウム3の供給体制が整ったからだ。コロニー開発よりも木星進出の方が先だったのだから、必然的に惑星間航行船の方が先に開発されたと言える。宇宙船の技術的な蓄積は、木星船団に拠る所が大きい

カミーユじゃあアーガマの技術も、木星船団の技術の流用なんですか?

クワトロアーガマも、そのコンセプトベースとなったペガサス級も、居住用の重力ブロックを持っているが、これなどは中で生活することが前提の惑星間航行船ならではのものだ。

カミーユ地球の周りを航行する程度の艦なら、あまり居住性は必要ないですもんね

クワトロ事実、他の艦艇にそのようなブロックはあまり見られないからな。それはともかく、当時の戦艦は木星船団の船体の流用だというのが重要だ。このことが、戦艦に致命的な欠点を与えた

カミーユ最新の技術をフィードバックしても、致命的な欠点が生まれるんですか?

クワトロ目的が違うのさ。木星船団は地球から木星まで行って戻ってくるのが仕事だ。だが宇宙軍は、地球と月の周辺を動き回れれば十分なのだ

カミーユ航行距離が全然違う?

クワトロそれもある。木星船団は膨大なプロペラントを積むスペースがあるが、宇宙軍にそこまでのスペースは必要ない。ただ、そのスペースがカタパルトデッキや兵器を搭載するスペースに利用されているから、その部分が無駄になっているわけではない。一番の違いは、木星航行用の船は直進方向に進むことしか考慮されていないということだ

カミーユそうか…真っ直ぐ行って真っ直ぐ戻ってくるだけですもんね

クワトロまぁ、ただ真っ直ぐ進めばいいというわけではないが、側面や後方への移動に対する機動力が全くといっていいほど考慮されていないのだ。単なる渡航であればそれでもいいが、空間戦闘となるとそれはかなり致命的な要素になる

カミーユ確かに、戦艦って後方とか側面とかが異常に弱いですよね。この前も1隻沈められるのを見ましたが…

クワトロある程度は仕方のない部分なのだがな。当時はまともな戦闘がなかったし、宇宙空間で戦闘になるとすれば、それはビームやミサイルによる長距離射撃戦になると想定されていたからな。機動性よりもレーダーの有効範囲のほうが重要だった。だから、当時の艦艇はとにかく電子装備を充実させることだけに力を入れてきた

カミーユでも、明確な弱点があるのに放置するのって、まずくないですか?

クワトロそうだ。特に、サイド3が国防軍を設立し、独立を企てているらしいという話が出てからは、さすがにこれではまずいという意見が出始めた。そして、戦艦の弱点をカバーするための兵器が開発された。

カミーユそれが、宇宙戦闘機だったと?

クワトロさすがに察しがいいな、カミーユ君。長くなったので、宇宙戦闘機の話は次回にしよう

カミーユ(確かに長いかも…)

スポンサーサイト
コメント
コメント
連邦の仮想敵は別の星から来る宇宙人では?いえ寝言ですすみません。
一年戦争以前にジオン以外の非連邦所属国の宇宙戦艦とかは存在するんでしょうかね?その前に地球に連邦以外の国があるのかも不明ですが・・・
冷静に考えたら凄い事ですよね。殆どの国が統合して、一つにまとまるなんて。ある意味宇宙移民より快挙かもしれません。
2008/03/07 (金) 02:09:17 | URL | ナマ足錬金術師 #-[ 編集 ]
この企画の始まりを戦々恐々と見守っていた私が通りますよ(ぇ

しかし、連邦艦隊から語り始める辺り、さすが徹底してらっしゃる。
ちなみに、全何回くらいの予定です?
2008/03/07 (金) 03:11:30 | URL | zsphere #mgsj5vwc[ 編集 ]
>ナマ足錬金術師さん
>地球に連邦以外の国があるのか
統合されて全てが州になっていますので、国は存在しないかと(^^;A
2008/03/07 (金) 08:32:34 | URL | サリエル #nL6A2.tM[ 編集 ]
宇宙戦艦!ハァハァ

おそらくジオンの戦闘艦の砲が艦体の一面のみに全て前方を指向して配置されているのは、当時想定されていた艦隊戦が対向戦だった為なのです(詳細はウチのブログで考察したことありますが…)。
ジオンは艦隊戦では連邦に敵わないと考えてMSを開発し、戦術の転換による対向策を編み出しますが、その為宇宙戦艦自体の設計思想は旧来の所で止まってしまったと(MS運用能力を抜きにすると、艦砲戦主体の宇宙戦艦としては旧式な設計ではないか?)。
逆に宇宙戦艦にしがみつく連邦は、ジオンが艦隊整備し始めたのを見て(この時期だとチベ級かな?併せて新型の機動兵器も開発してるみたいだが宇宙戦艦の前では無力だよ!みたいな)マゼラン級を開発しますが、この艦はそれまでほとんど想定されていなかった対艦戦が現実味を帯びてきた頃に設計された為、艦体四面にメガ粒子砲を搭載し、艦の姿勢に関わらず単艦で全方位への打撃力を得たエポックな宇宙戦艦だったというワケ。
宇宙空間では上下左右があってないようなモンなので、艦体の姿勢は然程重要ではないように感じますが、実際数万トンの質量を持つ艦体の姿勢変更には時間とプロペラントというコストがかかりますんで。

まあ、しかしミノフスキー粒子とMSのせいでマゼラン級の優位性は全てパァになるワケです。
2008/03/07 (金) 09:34:38 | URL | 亡 #-[ 編集 ]
>亡さん
判りやすいですw
2008/03/07 (金) 23:31:07 | URL | サリエル #nL6A2.tM[ 編集 ]
あった、コレコレ

http://systema10.livedoor.biz/archives/50652458.html

下のほうの絵は宇宙戦争の戦術変化を示すためにデッチ上げられた前マゼラン級戦艦「カシオペア」のラフ。
対艦戦闘を主眼にしているのではなく、コロニー等拠点攻撃のためのウェポンキャリアー的な要素がまだ強い艦。
クサビ型なのは前面のみが分厚い装甲のため。正面対峙するので前面投影面積を小さくし、最小の装甲で最大の防御を行えるように。艦首がほとんど装甲なのでブリッジは別な場所に必要となってしまう。この海上艦的ブリッジ配置設計は後にも受け継がれる。
メガ粒子砲実用化前で主砲は電磁砲。ミサイルは装備しているが「宇宙では何するにもプロペラントが必要だ!原則」により運動性が余り良くない上に到達速度が低いので補助的な兵装である。
エンジンは熱核ロケットだが、ミノフスキー・イヨネスコ型の炉を使っていない。

てなトコ。
一年戦争以前を考察すると、現代の兵器体系からの繋がりと断絶を考えなくてはならず、なかなかのSF行為で楽しいである。
2008/03/08 (土) 00:11:09 | URL | 亡 #-[ 編集 ]
>ナマ足錬金術師さん
一応、中立扱いの月面都市やサイド6が連邦外の国に当たるのかなぁと思いますが、
設定が曖昧なので本当に国として独立しているかは判断できないですね。
中立だから仮想敵としても不十分ですし。

当時は地球統一国家ってよくある設定でしたけど、
今では現実味がないと言うことであんまり使われない設定ですよね(笑)
まぁ、実質国連の権力が強まって、国が州に変わっただけで、そこまで大きな体制変化があったわけではないのかもしれませんが。

>zsphereさん
機種ごとというよりは戦局の変化による兵器体系の変化を中心にしていくので、
多分あまりやることはかぶらないと思います。
今の見通しは、一年戦争だけで10回くらいかなぁという感じです。
Vまでやって、更に個別の機種発展史までやりだしたら50はいくかもしれませんが、そこまで続ける自信はないです(笑)

>亡さん
そうか、マゼラン級ってジオンの戦艦を見てから開発されたんでしたっけ?
ということは、それまではサラミス級しかなかったと。
やべ、次回大尉にフォローしてもらわないと(苦笑)

艦艇については最初のさわりのつもりでやったんですが、
艦艇開発史をやってしまうとどんどん横道にそれそうなので、
そちらはお任せしますわ(爆)
2008/03/08 (土) 00:27:10 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>サリエルさん、ルロイさん
ホントに地球人みんなが手をつないじゃったんですね・・・その手は宇宙までは届かなかった様ですが・・・。

時間軸を考えるとしたら以下のような感じでしょうか

連邦、宇宙海賊&テロ退治・武力での威圧の為、サラミス級軍艦・トリアー開発
(この時点では護衛・警備目的?)

ジオン、軍事強化

連邦、対策としてマゼラン級戦艦・セイバーS開発、護衛目的のサラミスを巡洋艦にたたき上げ
(この辺りから戦争を考慮?)
2008/03/08 (土) 01:07:36 | URL | ナマ足錬金術師 #-[ 編集 ]
大まかな流れはそんな感じではないでしょうか。
ただトリアーエズはMSVによると「コアファイターと同時期」に開発されたそうで、
目的も拠点防衛であって、艦載機ではなかったようです。
2008/03/08 (土) 01:15:14 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>ナマ足錬金術師さん
誤解されている様なので、横から失礼いたします。
ガンダムUCの序章に登場の「サラミス級宇宙警備艇」は、全長70mとされる「艇」です。
(参考:海上保安庁の巡視艇は125t、東京水上警察署の警備艇は29t(外国の大型沿岸警備艇では700tクラスの物も、哨戒フリゲートまで含めても3500t位止まりです。ピンからキリまでありますが))
後(約50年後)の「サラミス級宇宙巡洋艦」は、この「サラミス級宇宙警備艇」のネーム・シップの名前を踏襲(リスペクト)した者という設定に(福井氏とカトキ氏に)されただけです。
で、U.C.0070年代からの「サラミス級宇宙巡洋艦」(1stやZ登場)は、全長288m(異説228m、Wikiでは何故か212m)で、軍艦の中でも大型艦に分類される「巡洋艦」です。
(参考-巡洋艦の満載排水量:スラヴァ級ミサイル巡(露)11,280 t、タイコンデロガ級ミサイル巡(米)とヴィットリオ・ヴェネト (ヘリ巡)(伊)約9,500 t、)
船体サイズや動力源・武装面で比較しても、とても「護衛目的のサラミスを巡洋艦にたたき上げ」出来る物ではありません。
1/144(警備艇)のガンダムを1/60(巡洋艦)に改造するのが現実的ではないのと同じなんです。
なので完全な別物です。MSで年代的な差異を例えるなら「ガンダム」と命名されてもRX-78とF-91位の差が有ります。
2008/03/10 (月) 01:31:32 | URL | ねも #VtGGODes[ 編集 ]
WikiのスペックはたしかEXモデル(イグルー版)でカトキリファインされたヤツの数値です。一番新しい上に、一番マトモに見える数値なのでオレ的には正解にしてます。マゼラン級も併せて。
ユニコーン序盤に出てくる警備挺と同一じゃないのは間違いないです。
2008/03/10 (月) 12:52:32 | URL | 亡 #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.