がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ジオノグラフィ ガルバルディα
ペズンナンバーズ

 突如「ペズン病」が発生し、衝動的にジオノグラフィ・ガルバルディαを買ってしまいました。アクト・ザク、ペズン・ドワッジと揃い踏み。ドワッジの頭部が違うのは元の奴を無くしたからです(苦笑)。まぁ、この方が3機とも頭部パイプが露出していて統一性があるじゃないですか。ギガンとガッシャはいつ出してくれるんだろうか。換装できそうなMSが他にいないから難しいんだろうけど。ガッシャ/ズサンとかどうっすか(笑)
 しかし、ガルバルディさんの箱裏にはなかなか面白い記述が書いてありましたよ…。

 
○「統合整備計画によって生産ラインの流用が内定していたため、ゲルググの意匠も盛り込まれている」
 初期MS-Xの時点で「ゲルググの生産ラインを流用」という設定がすでにありましたが、それに統合整備計画を絡めています。個人的にも、統合整備計画=ゲルググの規格に統一する計画だと思っていましたので、これには同調したいですね。つまり、ガルバルディは「ギャンの統合整備計画版」だったと。
 となると、他のMS-Xも統合整備計画に絡めたくなりますが、あまり共通点は見られないんですよね。アクトザクもザク改ベースには見えないしなぁ。MS-Xのポケ戦風リファインはちょっと見てみたいですね。
 ところでガルバルディの胸部構造はイェーガーやシーマ専用マリーネとそっくりなわけですが、新規設計であろうイェーガーはともかく、カスタム機っぽいシーマ機は「ガルバルディの試作機のパーツの流用」だったのかもしれない、なんて思ったり。上半身はシーマ機に、下半身はハンニバル機に使用されたと(爆)MGゲルググ量産型のインストには、ガルバルディのパーツを先行して生産していた工廠があったなんていう記述もありますし。ただ、生産ラインが稼動するほど開発が進んでいたとも思えないので、先行試作機が複数生産されていたか、余剰もしくは予備パーツの流用程度だと思うんですけどね。いずれにしても、ペズン計画が進んでいたら、その中で次期主力機にはガルバルディが選ばれることがほぼ内定していたと考えるのが妥当、なんでしょう。すでにゲルググが主力機と決まっている以上、同じラインを使用できる機体が効率的なのは明らかですし。

○「陸戦用のA型は、大気圏内飛行能力を持ち、(中略)所期の性能に達せず開発中止となった」
 これってEBが初出だったと思うんですが、デザイン的にどうみても飛べそうに見えないんですよね(苦笑)たぶん、実際に飛行する際は何らかのサブユニットを装着する予定だったんでしょう。きっと。
 そう言えば、ガルバルディはゲルググより一回り大きいという設定も最初はありました。シールドがゲルググと同じ物なのに明らかにサイズが違うように見えるのも、そういう解釈だった見たいです。現在のスペックでは全高も本体重量もゲルググ以下ですが、元々ギャンと同じプロポーションの機体なので、それを拡大設計するというのも変な話ですし、サイズに関しては今の設定でいいと思います。が…
 そこで、飛行用サブユニットを装着状態のことをゲルググより一回り大きくなったのかもしれないという超解釈を持ち出してみる。というわけで、MS-17Aガルバルディ飛行試験型という脳内設定が1つ増えましたとさ(笑)イカロスユニットそっくりのパーツを装着するというイメージでどうだろう。このデータを入手した連邦軍が、後にヘイズルで同コンセプトを試し、バイアランを生み出すのだ。

○「空間戦用のB型は、申し分のない運動性と機動性を発揮したが、そのハイスペックゆえパイロットの肉体的負担が大きく、存分に乗りこなせるパイロットは皆無であった」
 B型が空間戦用という記述は様々な資料にありますが、スペックが高すぎてパイロットへの負担が大きいなんてのは聞いたことないなぁ。どこのカスタムフラッグだよ。乗りこなしていたライラはギャプランも扱えそうだな。RMS-117の「元々装甲が薄い上に装甲材が時代遅れなので耐久力が低い」という設定を考えると、機体を軽量化したジムライトアーマー的なMSだと思っていたんですが。軽すぎて操縦が難しいってことかな。
 ジムライトアーマーは元宇宙戦闘機乗りが好んで使用したようですが、そのパイロットが次に選んだのがガルバルディβだったのかな、なんて思っています。だからライラはジムライトアーマーに乗っていたとか思っていたんですが、CDAでは普通にスナイパーIIに乗ってましたねぇ。そこをジム改ベースのライトアーマーとかにしてたらかなり評価してたんですが。

 以上、ペズン病の発症結果でした。
スポンサーサイト
コメント
コメント
ポケ戦の「統合整備計画」って、ドイツ軍の「E計画(エントヴィックルングスタイペンプラン=統合整備計画)」と似てるんですが(というか元ネタ?)、ドイツ軍の統合整備計画も、計画で生まれたEシリーズは車台が先行して生産されていた…と言われてます。(実際、E100のシャーシーはイギリス軍が接収、テスト走行させてます)

E06系…ザク
E07系…ズゴック
E09系…ドム
E14系…ゲルググ
E18系…特殊戦闘用

多分、こんな感じで系統が分けられてて、それぞれザク改やリック・ドムⅡ、ケンプファーなどが作られたんでしょうね。ズゴックEの「E」は試験機を表す「エクスペリエント」の他に「統合整備」を表す「E」のダブルミーニングだったと妄想(ケンプファーの「E」も襲撃と試験のほかに統合整備を表している…とか)
ガルバルディはペズン製ですが、統合整備計画の14系の発展型として開発されていたと…。

そういえば、EB本ではガルバルディβのシールドを持ったゲルググ・イェーガーのイラストがありましたよね?
>陸戦用のA型は、大気圏内飛行能力を持ち、

そうか、ザクスピードはガルバルディベースだったのか…(違
2008/01/10 (木) 21:04:23 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
おぉ~、間違いなくそれが元ネタですね。
今までも0080の設定やデザインとドイツ軍は比較されてきましたが、
それは初めて聞きました。

例えば先行生産されたE06系フレーム(この時代はモノコックなのでこの表現は正しくないかもしれませんが)を使用したのがF2ザクだったり、
E09系フレームを使用したのが08小隊版ドムだったりするのではないでしょうか。
これ、すごく革命的だと思いますよ。ちょっと妄想が色々出てきそうです。
MS-14EがJG型の一般仕様とか。

>ガルバルシールドのゲルググJ
シールドは裏側しか見えていませんが、それらしきイラストは確かにあります。
イェーガーにはシールドの設定がないので、適当に持たせたのかもしれません。
ちなみにB型バックパックを装備したイェーガーのイラストもあります。こっちは初期稿なのかもしれません。

>ザクスピード
そこはザクスピードの運用データを元にガルバルディが開発される予定だったが、
ザクスピードがGT-FOURに撃墜されてしまったのでデータが届かず…という感じかも(笑)
2008/01/11 (金) 03:14:15 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>スペックが高すぎてパイロットへの負担が大きい

自信は無いのですが、多分『オフィシャルズ』の初出の新説っぽいね。ガンダム事典にも似たような記述があったような?
要はリニアシートの対衝撃性のおかげで限界性能が発揮できたらしいね。運動性が3割向上したとか。

>飛行用サブユニットを装着状態のことをゲルググより一回り大きくなったのかもしれないという超解釈

ふむふむなるほど。ガンポンゲルググ編のオラ作例にリフター付きのゲルググがいましたが、そんな感じ?

2008/01/11 (金) 06:30:25 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>ギガンとガッシャ

そりゃあもう、

ギガン/リック・ギガン
ガッシャ/ドガッシャ

しかなかろうて(w
でも、そんなことしたらアクトザクの悲劇再びって感じでジオノが終了してしまいそうだが(苦笑)。
ああ、でもドガッシャは黄色だから困るな(オフィシャルではございませんぞ~)<日記参照
2008/01/11 (金) 06:48:09 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>ガルバルB型
なるほど、オフィネタですか。
ガンダム事典はリニアシート搭載ということくらいしか書いてなかったような…
リニアシートのおかげで本来の性能を発揮できるようになった、
というのは面白い解釈だと思いますけどね。

>飛行用サブユニット
そのまんまイカロスユニットを装着したイメージですかね。
初期プランの方がガルバル用だったとか。
イカロスは背中だけじゃなくて足とかにも色々増加パーツがあるんで、
「一回り大きくなった」と言えるのかなと。

>ギガンとガッシャ
何かの間違いでギガンがジオノ化されたら、
マジでリックギガンになりそうな気がします(笑)
MS-Xの時点で宇宙用ユニットの設定はあるから逆ギガ名義じゃなくてもいいですし。

ドガッシャは…ドガッシャ/ズサとガッシャ/ギガンの2色構成ならあるいは(笑)
2008/01/12 (土) 14:13:56 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.