がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ふと思ったことのメモ
(1)高高度迎撃機としてのギャプランの演出
 ギャプランが高高度迎撃機だったなら、エゥーゴのジャブロー攻撃時にこそ真価を発揮する機体なんじゃないのかなぁ。なんでその時に出撃してこなかったんだろ。やっぱり核を使う気満々だったからか?
 キリマンジャロ戦でゼータが降下してきたときにギャプランが迎撃にきたら面白かったのにな。外伝とかでそういうネタやらないかなぁ。
 まぁ、劇中でそう言う使い方をされなかったのは、きっとそんな設定は制作時になかったからなんだろうけど。

(2)“GM”という単語の意味
 ガンダムのマスプロダクトだっていうのはもっともな見解だと思うけど、ここであえて「ガンダーM」の略だとか言ってみる(笑)
 ガンダーX(試作機)に対してガンダーM(量産機)ですよ。でもガンダーMってそのまま読んだらガンダムじゃん、ってことになっちゃう。実は「ガンダム」はGMの開発時のコードネームだったのだ!…じゃあ、なんでガンダーXの愛称になってるのよ…没。
 いや俺設定の1つであるガンダム・モジュールでもいいんですけどね。これは「ガンダム」はシステムの名称であって機体名称ではない、という発想からきてるんですが、なら何故ガンダムがいつのまにか機体名称になったかを上手く説明できないでいます。

 以上、瞬間的に思いついたネタでした。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントではお久しぶりですが毎回楽しみに読んでいます

>「ガンダム」はシステムの名称であって機体名称ではない
つまりSEEDに出せばよかったと・・・
ジムは生まれるのが早すぎましたね(笑)
2008/01/05 (土) 23:02:42 | URL | ファイバー #mQop/nM.[ 編集 ]
まぁ、SEEDの設定から思いついたネタですからね(笑)
ただガンダムの名前が本来はガンダーだったってことを尊重した場合、
「ガンダムと呼んでいたのは主にテムだけ」→「それをアムロ達が呼び始める」→「それをレビルが聞いてガンダムの名が広まる」という流れだったのかなとは思います。
それと、モビルスーツはジオン側の名称であって、連邦軍ではRXスーツと呼ばれているという設定も昔はあったことも考慮に入れて、
もう少しちゃんとした解釈を考えたいとも思っているんですが。
2008/01/06 (日) 14:55:26 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>ギャプランが高高度迎撃機
間に合わなかったのでしょうねー。
ゼータの存在を嗅ぎつけて、ティタ(オーガスタ絡みの連邦軍?)も迎え撃つギャプランを作ろうとして
どっちも間に合わなかったとかみたいにすると
XB-70とMig-25関係っぽくなりますね。
2008/01/06 (日) 17:25:55 | URL | デン・バザーグ #NA3weB5c[ 編集 ]
なるほど、確かにゼータとギャプランは運用目的上もライバル関係になりますね。
その見方は非常に面白いです。
ハーピュレイが対ゼータ用と言われたのもようやく理解できました。
2008/01/06 (日) 22:40:44 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
昔、「エアギャプラン」なるものを考案しました。少ない拠点から地球所上のドコにでも迅速に武力鎮圧に向かわなくてはならない、戦後連邦軍にピッタリなMSだと思いまして。

セイバーフィッシュの後釜として高高度迎撃部隊に配備されてきたエアギャプランと新進気鋭の若手パイロットVSロートルフィッシャーマンの世代交代のお話とか考えてました。
撃ちもらしは即ミッションの失敗を意味するセイバーフィッシュ的迎撃戦と、撃ちもらしは地上まで追いかけてって絶対殲滅するギャプラン的迎撃戦の対比ってか、そんな用兵思想の違いも織り交ぜつつ。

「最後の剣」

みたいな題で。
2008/01/08 (火) 23:41:57 | URL | 亡 #-[ 編集 ]
Gジェネオリジナルのギャプラン改に近い機体でしょうか?
セイバーフィッシュとギャプランは確かに基本的に同じ運用目的の機体ですから、
両機の比較なんかはあっても良さそうですよね。
2008/01/10 (木) 01:49:03 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.