がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
月初のガンダム以外の話「スーパーロボット大戦OG外伝」
 とりあえず月初ネタということで、例のやつを。これが終わればGジェネや!というモチベーションで、年末年始で一気に終わらせました。元々そんなにボリュームのある作品じゃないし。
 ということで、感想行こうと思います。例によってネタバレを避けてる方と、スパロボOGに全く興味ない方はスルー推奨です。それと、すっごい長文なんでご覚悟を(笑)
 最初はびっくりしました。OG2.5から始まるのかと思ったら、いきなりMXのキャラから始まるんですからね。おいおい新規参戦はないんじゃなかったのかよと思いながらも、MXの前日談なので今回はあくまでゲスト、PS2版OG2のRネタと同じようなポジションなのかなと思います。
 それにしても、クライウルブズはあっちの世界だと思っていたら、こっちの世界にもいるんですね。こっちの世界にクライウルブズがいるならあれだろう、というアースクレイドルの事後処理を担当した特務隊がまさにそれでした。しかしあっちの世界にもいることは確実ですから、これはサーベラスとガルムレイドをあっちとこっちで出すんじゃないかと勘ぐったり。
 また、冒頭はクライウルブズに飽き足らず、アクセルとアルフィミィまで復活させようというのだから驚きです。アクセルはAのラストの台詞を言わせるところにニヤリとしましたが、アルフィミィと融合って…あっちのキョウスケと同じ力を得ると言うわけか!と勝手に納得したり。ご都合主義なのは「外伝だから」ってことなのかなぁ。一時的に復活したわけでなくずっと復活だから微妙だけど。

 2.5部分は、分岐にして話数を削減してくれたので多少良心的。でも宇宙ひらめって…八房漫画は完全に公式なんだなぁ。しかもツェントルプロジェクトと繋げちゃうとはね。そこまでしてコミック設定を取り込む必要性があまり感じられないのが微妙なところです。漫画は漫画で、ゲームにない話ということにしておけばいいと思うんですが。
 そして2.5部分が終わってからが本当の始まりなわけですが、修羅が世界中に攻めてきて大混乱に陥る、という展開に。α外伝のようにネオグランゾンが出てきてラ・ギアスに飛ばされるという展開を期待していたのですが、無残に裏切られました。
 クライウルブズのパートは、グランゾンの開発者の一人であるエリック・ワンが登場したり、アクセルが完全に復活したりとこっちがメインかという状態。外伝というタイトルを考えると、むしろアクセル側が主人公でも良かった気もしますね。でも、どうせ復活させるなら記憶喪失にしておくのが、Aをプレイした人へのファンサービスになるんじゃないかなと思うんだけど。マサキに対するシュウのような関係を、キョウスケとアクセルでやりたいんだろうけど、それにしても記憶が戻ってからでよかった気もする。
 そしてアルフィミィが普通にペルゼイン・リヒカイトで復活しちゃうのが納得いかない。融合することでお互いに生き長らえたんだから、そこで普通に分離しちゃダメだろ。分離するならせめてイェッツトの力を利用するとかすればいいのにさ。せっかくアインストを引っ張ったんだし。復活させるにしても、もう少しひねってほしかったですね…。アクセルはともかく、アルフィミィは最後に死んでエクセレンが悲しむ、という流れが美しかっただけに、お茶を濁しただけのような気もします。人気だから復活させた、としか思えない。

 さて、メインのシナリオは基本的にフォルカ、ロア、ラウルが中心の構成。この辺りは普通に楽しめた感じですね。Gサンダーゲートはまさにベタベタの展開で笑ってしまったけど。でもショウコが戦わなきゃいけない理由はもう少し欲しかった気もする。なんか昔のスパロボでクェスが仲間になったときのような強引さを感じました(あれは隠しキャラだからあれでいいんだけどね)。
 ただ、ラミアの復活の部分が微妙…。一応、Rにおける東方不敗のポジションだったように思うんですが、東方不敗には「デュミナス3人組の正体を教える」ことと「死してなお道具として利用される非道さの演出」という役割があったわけで、ラミアには「味方だった者を戦力に使うことで動揺を誘う」という意味付けはされていたものの、数話であっさり使い捨てにしてたり(これは単純に総話数の都合なんでしょうけど)、すぐに修復して復帰しちゃったりと、あんまり盛り上がらなかった気がします。わざわざOVAのラストを捻じ曲げてまで、こういう展開にする必要があったのか、と思いますね。まだオウカの方がよかった気もします。
 それでもアクセルがラミアを救う、という展開は燃えるものでした。Aではこの2人は殺しあう以外に道がないキャラでしたから、お互い信頼しているのを見ると救われた気がします。その分キョウスケが踏み台にされちゃいましたけど(苦笑)。一応、アクセルが復活してラミアを救う、というシナリオを前提にラミアを一旦殺したんでしょうね。でもこのカッコいいアクセルはAのそれとは完全に別人だよなァ…。ちょっとOG2でライバルキャラ方向に伸ばしすぎちゃった気もします。特にPS2版のほうで。

 そうそう、あとはRの話ですね。フィオナが普通に生きてただけ、というのもかなり微妙な展開です。せめて別の場所に飛ばされてて別行動を取ってたとか、大怪我を負ってたとか、なにかしらの代償があったようにして欲しかったように思います。単に跳躍しただけじゃなくて、ちょっと助かりそうにない感じで消えたわけですからね。いきなり無傷で出てくるのはどうにも…。ショウコ、ラミア、アクセル、アルフィミィと、「あのキャラが復活!?」というネタ自体がそもそもやり過ぎなのに、しかも復活の仕方がご都合主義すぎるのがお粗末でした。
 そしてなによりデュミナスとの決着ですね。これが一番酷い。Rがやったことと全く逆のことをやってるんですよ。Rはデュミナスがラージに騙されて時流エンジンが爆発して死にそうになったところで、3人組が命を預けて復活させるところが良かったのに、それを完全に逆の展開、デュミナスが無理矢理吸収するという話にしちゃうというのが許せなかったです。そこまで変えなくてもいいじゃん、と。しかもデスピニスだけ残すとか、明らかにキャラ人気狙いだろうと。これはほんとうに萎えました。いくらこのデュミナスが3番目のもので、他にもデュミナスがいるということであってもです。デュミナスの創造主をダークブレインとするのは結構ですが、「失敗作として破棄された」のではなく「正しい任務を与えられていたけど壊れていた」という全然違う存在にしちゃうのもどうかと。別に人間として作られたわけでもなんでもないし。これは本当に許せなかったですね。スーパーヒーロー作戦のイングラムとスパロボのイングラムの違いという前科があるので、今に始まったことではないのですが…自分たちが作った作品を自分たちで貶めてどうするよ。スタッフ違うんでしょうけど。
 正直、このデュミナスのところを見るまでは、「色々雑なつくりだな~、シナリオも駆け足すぎだし、開発期間も短かったからかな~」くらいにしか思ってなかったんですが、これは時間的な問題ではないだろと。根本的にファンサービスの意味を勘違いしているとしか思えないところに、製作側の意識の食い違いの根深さを感じました。

 コンパクト3は元のゲームをやっていないのでなんとも言えないのですが、設定上シナリオ上変な点はなかったように思います。死ぬキャラが死んでなかったりするみたいですが、修羅王戦の絶望感は(事前に知らなかったので)凄まじいものでしたし(その後ダークブレインが更にやってくれますが…)、普通に楽しめたと思います。まぁ、死にキャラを生かすなら説得などで分岐しても良かった気がしますが。

 ゲーム的には、今回はどのユニット使っても勝てるバランスなので面白みがあんまりないなぁ、と油断していたら、終盤の難易度が跳ね上がりすぎでびっくりしました。つーかダークブレイン…久々にスパロボで詰んだよ…。アーマーブレイカー使ったりして本気でやらないと確実に詰みますねここ。あの関西弁のキュベレイみたいな奴がずいぶん進化したもんだ。
 その分、ラストのネオグランゾンが微妙でしたけど。SRXと龍虎王だけで倒してしまった。つーかなんでこれ隠しじゃなくて正統のエンディングなんだろ。ネオグランゾンの威厳が薄れてるじゃないか。縮退砲ももったいぶって使う割に攻撃力がブラックホールクラスターと大して変わらんし…今回のスタッフの思考はよく分からないなぁ。
 ソーディアンは結局、スクコマのとは別の奴だったみたいですね。デュミナスもRのとは別のものという感じだし、ダークブレインも複数のシリーズのやつを集合した存在みたいにしていて、その辺の気遣いはできているようですが、それならもうちょっとキャラ描写にも気を配ってよという感じですね。
 個人的に思ったのが、今回のシュウの死に方はイングラムに似ていましたね。α/OG版イングラムがSRXにおけるシュウのポジションなのは明らかですが、シュウがヴォルクルスに囚われていたように、イングラムはユーゼスに囚われていたということなんだろうなと思います。その割にαだとクヴォレーに丸投げだったんで、OGではもう一度イングラムにスポットを当ててもいい気がするんですよね。なんか死んだら別の世界に転生する仕組みみたいだし、再登場の可能性はゼロではないと思います。

 エンディングとしては、ツェントルプロジェクト関連で新しい部隊が立ち上がるようですが、これは間違いなく第4次におけるティターンズ的存在でしょうね。クライウルブズは解散だろうから、もう1つのウルブズが怪しいのかな?グランゾンの特異点を匂わすネタもありましたし、次回作とは言わないまでもいつか第4次のシナリオになるのは確実でしょうね。その前に、EXをやらないとシュウを復活できないわけだけど…この辺りはどうするんだろう。
 修羅はソーディアンと一緒に別の世界に行っちゃって、エクサランスも完全に解体されちゃったんですが、コンパチだけはしっかり残りましたね。まぁ、どれも最終的には戻るんでしょうけど。時流エンジンは外宇宙に出るときの母艦のエネルギー源になると思ってたんだけどなぁ。元の世界にも返らないし、カップリング大好きなOGがラウル・ミズホとフィオナ・ラージのネタにもっていかなかったし、まだまだ出番があるってことでしょうか。
 次回と言えば、アイビス関連は第2次αのネタに行きそうですね。妖機人も出てきたし、クスハ編もちょっと改変して含まれるのかな?あとは、ゼンガー編は…ククルは第2次αではハニワの仲間でしたが、多分OGだと別の古代文明の生き残りってことになるんでしょうね。それが超機人関連か、はたまた他の作品の何かと絡めるのか。第2次αネタになるなら、当然ガンエデンも出てくるのではないかと思われます。次回作はMX、第4次、第2次αがメインか?でもゾウォーグは第3次αのバッフクランのポジション(ゲストとのバッドエンドあるし)っぽいんだよなぁ。このあたりをどうするのかってとこか。
 まぁ、とにかくもう少しシナリオ練ってくださいとしか言えんですね。版権ものと違ってオリジナルだから好き勝手やっていいってわけじゃないのよ。

 結局のところ、OGsとOG外伝でひとつのゲームなのかなという感じですが、OG2にRを無理矢理組み込んだり、全体的に色々と改竄しすぎだろう、という思いが強いです。OG1はほとんど手が入ってなかったのになぁ。追加要素を入れるのは譲っても、キャラクターを完全に別の人格に変えてしまうのは勘弁願いたいところです。既に確立しているキャラが一同に集うのが、スパロボの魅力なんですから。
 あー、あと伏線も全然使えなかったなぁ。ODEシステムをデュミナスが受け継いだはずなのに全然使わなかったし(苦笑)。ほんとOVAのシナリオを改変した意味がわからない。お前もう一度やり直せよとスタッフに言いたくなるシナリオでございました…。コミック版とかで修正してください。個人的にはOGsとOG外伝のシナリオより、GBA版OG1・2とOVA版OGの方を正史にしたいです。

 つーか、マジで記憶喪失のアクセルを主人公にした別サイドの話がメインだったらずっと面白くなったような気がするんですが…。新規参戦組もそっちに合流させて、クライウルブズと一緒に動かせばまとまったシナリオになったと思います。どうせシナリオにはほとんど新規参戦組しか関わってないんだし(ATXチームとかマジで空気でしたよね、今回)。「外伝」なんだからって台詞をシナリオ内で言わせるなら、それくらいやって欲しかったものです。結局いつも通りのハガネ&ヒリュウ改で「外伝」と言われてもなぁ。α外伝は異世界に飛んだり味方キャラを敵に回したり、いつもと違うキャラ(鉄也)をメインに据えたりと一捻り入っていたんですが。
 なんか不満点ばかりでしたね。開発期間を考えてもそんなにいいものじゃないだろうとは思っていましたが、予想の斜め上だったからなぁ(苦笑)でも、いい所もありました。BGMですね。とくに修羅のBGMのカッコよさは異常でしょう。デュミナスの曲も良かった。ラウルとフィオナの曲はもう少し頑張って欲しかったけど。何にせよ、PS2のクォリティでOGのキャラやメカのグラフィックと、BGMを表現できたという以外に、PS2版OGの存在価値はなかったように思います。色々と商業的に狙っていたと思いますが、お金儲けのためにそれ以外の部分の手を緩めるのは、勘弁願いたいです。
 そんなわけで、つまらなかったとは言いませんが、心置きなくGジェネに戻れそうな感じです。あ、でもシャッフルバトラーはちょっと面白いかも。強力な機体が手に入るとザコ機体の存在価値がなくなるので、カードビルダーみたいにコストの概念が欲しくなりますけどね。あとCPUのサイコロ運良すぎ。5回中4回必殺とかふざけんなと思いました(苦笑)
スポンサーサイト
コメント
コメント
はじめまして
はじめまして、このサイトのMS図鑑を楽しく読ませて貰っております。

自分も外伝買ったんですが……終盤で一気に不満ばかりあふれて泣きみました。
デュミナスの性格改変は……R勢が他の連中に比べて人気が無いのは重々承知ですがあれは酷いとしかいいようがないですね。
アクセルとアルフィミィもわざわざ復活させるほどのキャラでもなかろうに……人気があるって理由で3でオウカやダイテツ艦長まで蘇ってきそうでホントに嫌です。この調子だと……。


ゲームとしては面白かったんですけどねぇ。
修羅王とダークブレインはホントに絶望しました(笑
2008/01/04 (金) 20:03:25 | URL | 山さん #JnoDGgPo[ 編集 ]
はじめまして、書き込みありがとうございます。

外伝はほんと、後半に一気に不満が募りましたね。
元々ファンディスクの延長線上だったということで、ボリュームに関しては期待していませんでしたが、
それならもっとあっさりした話にすりゃいいじゃんと思いますね。
無駄にラミア殺したりMXネタ挟んだりしてシナリオに破綻きたしてるんだから、ちょっとお粗末です。

ゲームとしては、強力な機体が味方にたくさんいることを利用して、
ずいぶん歯ごたえのある仕様にしてくれましたね。
これは、外伝ならではだったと思います。ネオグランゾンはもうちょっと歯ごたえ欲しかったですが(笑)
2008/01/05 (土) 00:22:38 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
話が進むたびにシナリオが大味になっている気が
するんですよね・・・。
OGは世界観がしっかりしている、と思ったから
始めたんですが(版権スパロボやったことない)
RとかC3とか・・・うーん・・・。
DJWも出て欲しいという方もいると思いますが
正直・・・
2008/01/05 (土) 15:23:14 | URL | 青空 #CKe1c3Dk[ 編集 ]
確かに仰る通りですね。

OG1はシンプルに前半DC、後半エアロゲイターと絞っていたのでその分しっかりしていた部分があるんですが、
OG2は一度に複数の勢力を同時に出したのでいつものごった煮スパロボになってしまった感があります。
外伝も同様で、話数が少ないのに同じようにごった煮にしてしまって収拾がつかなくなったという感じですね。

まぁ、OG1は元々原作つき(過去のCDドラマのリメイク)だったからまとまっていただけで、
結局今のスタッフにはあれが限界なのかもしれません…。
ぶっちゃけコミック版の方が面白いですからね(笑)
2008/01/05 (土) 19:27:48 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.