がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
機動戦士ガンダム 第08MS小隊 U.C.0079+α 2巻
 年末新刊ラッシュ第2弾。といってもこれ以外のコミックスはまだ買ってないんですけど。あと「CDA」「オペレーショントロイ」に「愚連隊」とユニコーンも揃えないといかん。古本屋にもう売ってないかなぁ。
 1巻の感想の時、08小隊は本質的に作劇上の矛盾を抱えた作品だから、それをどう作り直すのかに注目したい、ということを言ったんですが、これ完全に別の話じゃん(汗)
 なんかもう、キャラクターとメカ設定だけ借りて新しく話を作り直しますよ、という感じになってますね。確かに、それくらい作りなおす余地がある作品だとは思いますが、大胆だなぁと。
 ただ、やっぱりどちらかというと戦記ものとしての方向に寄りつつあるのかな?と感じます。宇宙SFだけかと思ってましたが、地上でもバリバリのSF設定ですね。
 ここまでやるなら、もっと硬派な話にしても良かったという気もしますけど。「野郎共、ジオンのブタ共に地上での戦い方を教えてやれ」みたいな感じで、チームワークと地の利を生かした陸戦型MSゆえの戦法でパイロットの技量差をカバーする話とか。ちょっと戦争ものというよりは、SFウンチク漫画になりつつあるなと感じます。この人にはガンダムピクシーの話をリメイクして欲しいかも。
 陸ガンが安定性の低い粗悪品と描かれたり、メカニック的にはすごく面白いと思うんですけどね。MSはほとんど自動操縦、ということがすごく分かりやすく描かれてますし。
 あぁ、グフカスタムの機体色がノリスのパーソナルカラーという設定になったのは、わかるけど微妙…という感じです。ゲームなんかだと、グフカスタムはノリス以外でも使えるわけで、その時もずっとあの色だったのでね…。これからはズサカスタムみたいに、あれはノリスのパーソナルカスタマイズということになるのかな。それともグフカスタム一般カラーが出てきちゃったりするのか。

 シナリオ的には、これって最初のシローとアイナの出会いが宇宙である意味がどこにあったんだろう、という気がしてきますね(笑)今回、負傷したミケルの補充という形でサンダースが着任するわけですが、そもそもなんで宇宙用のジムに乗ってた(宇宙軍所属の?)サンダースがいつの間にか(陸軍所属であるはずの)08小隊の一員になってるのかわからないし、補充としてもなんか苦しいよなと思います。サンダースの場合、「死神」だから厄介払いって感じなのかな。最初の部隊が宇宙だったのって、単にボールを出したかったからじゃないのか?と思ったり。最初から地上だったら、E型ジムで物議を醸し出すこともなかったのに。
 一番気になったのは、シローのキャラクター性ですね。物語の構成は完全に作り変えられてるんですが、その分シローという主人公が割を食ってる気がします。というのも、シローはOVA版だと、どちらかというと自分勝手なキャラクターとして描かれていたと思うんですよね。部下には「生きろ!」と言うくせに、自分は真っ先に突っ込んでいったり、敵の女に惚れて敵前逃亡したり。
 このコミック内でのシローは、そういう自分勝手な部分は変わっていないのですが、「頭は悪いが戦闘力は抜群」という設定を付与することで、自分勝手な行動をとってもそれを切り抜けるだけの実力がある、というキャラになっています。OVA版だと、確かにパイロットとして実力がないわけではありませんでしたが、決してエースクラスと言うわけでもなく(ノリスを格上と認めてますし)、どちらかというと「考え方は甘ちゃんだけど実力自体はそこそこだよ」というキャラだったと思うんですよね。コミックのシローだと、小隊長をやるキャラではないよな…と思います。途中まではバニングみたいな人の下にいて勝手にやってて、バニングみたいな人が死んじゃって隊長に赴任する…というのが王道でしょう。一応、プロパガンダ的な意味でシローが小隊長に抜擢されたということになっていますが、それならそれでもっとその面を描いて欲しかったなと言う気がします。シローは思ったより有能、という方向で描かれてるんですが、元々能力があるというよりは実力を気持ちでカバーするタイプのキャラだと思うのです。
 ただ、いずれにしてもシローが勝手なキャラであるだけでなく「ジオンを憎んでいる」という側面を持っていて、コミック版だとそちらも強調されているので、余計に不自然に感じるんですよね。イシュタムのシローと同一人物にはとても見えない(笑)憎んでいるという割に、陰のあるキャラではないというのが原因なんだと思います。陰がなくとも、せめて「連邦が正義、ジオンが悪」みたいな一義的な価値観を前面に出す人であればわかるんですが(人の幸せを壊すジオン許せない!ガガガッ以下略みたいな)、味方の生存を第一に考える甘ちゃんとして描かれてるので(意識が敵の殲滅ではなく味方の防衛に向くことが多い)そのあたりも不徹底という、アンバランス極まりないキャラに感じます。基本的にスパロボなキャラなんですが、それが陸上部隊の小隊長だから変なのかな。織田裕二がSATの隊長やってるみたいな感じなんですよね。お前は現場の刑事だろ、みたいな。
 作劇上の矛盾は、「シナリオを完全に作り変える」ことで解決しようとしているようですが、その分シローというキャラの不自然さが際立っているな、と感じた作品でした。こっちは最後まで解決しそうにないなぁ。

 あ、キキはともかく、シローの妹まで設定しちゃうのは狙いすぎだと思いました(笑)まぁ、イシュタムのときから名前は出てましたが。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.