がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
機動戦士ガンダムOO #12「教義の果てに」
 やっと物語が始まった!と言い切れる話だったと思います。今までの話はほんの序章というか、舞台背景の紹介でしたね。なげーよ。まぁ、ソレスタルビーイングがすでに日常的に存在している、という状態にしておきたかったのかもしれませんが、単にスケジュールの都合だったりしてな。そういえばSEEDの序盤も、すごく展開が遅かった記憶があります。
 とにかく、ここからが本当にやりたいことなんだな、ということがありありと分かる内容でした。画面から提供される情報量が今までと違いすぎる。

 中東の情勢や描写の部分は、どうしても現実に絡めたネタなのでツッコミどころもそれなりにあるのでしょうが、要するに国連の援助を受けたら反発が強まってえらいことになっちゃったというところですね。それを武力で無理矢理抑えつけるのがソレスタルビーイング。今までのパターンなら、ここでザコ敵を一掃して終わりなのですが…今回は何故かユニオンが介入。ユニオンのメリットはまだ明示されていませんが、単にボスキャラ扱いだったような気がしなくもなく(笑)
 でも、フラッグカスタム対デュナメスの戦闘は素晴らしいものでした。いつもは名有りの相手は刹那の役割なのにロックオンなので、新鮮に見えたというのもあります。しかし実力とパイロットに負荷がかかる破格の機動性で「これまで狙いを外した描写が(ほとんど)ない」狙撃を回避してみせるグラハム。初めてビームサーベルを抜かされた(装備してたのか)ロックオン。まぁ、普通に考えてメインの敵に狙撃が直撃するわけないんですが(食らっても死なないコーラサワーはともかく)、それをそういうストーリー上の都合と感じさせない描写が良かったです。ちょっとキンケドゥVSハリソンを思い出した。クロスボーン、映像化しないかなぁ。
 主役と思われた刹那君はいつも通りザコの掃討ですが、過去の殺戮劇を止めるために戦っていたのに止められなかった、という演出が入って、これも今まで通りの演出には見えませんでした。なんか、視聴者に変化を印象付けるために、わざとこれまではあまり力を入れていなかったんだろうか。
 しかし、刹那の感情が爆発してなんか凄いモードにでもなるのかと思ったんですが、それは次回のお楽しみなのかな?つーか、エクシアの戦い方のせいで余計ゲリラの少年が死んだ気がするのは気のせい?

 にしても、物静かな優男でアムロ声はすごく違和感があるんだ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
Oガンダムパイロット説が今回でお釈迦に・・・
2007/12/22 (土) 23:53:22 | URL | 青空 #-[ 編集 ]
我らがグラハム兄さんは
左利きなんだそうな
だもんで機体もライフルが左に
ディフェンスロッドが右という構成なので、OSもそれに合わせた調整をしているそうですよ
(グラハム専用機の解説書より)

>クシアの戦い方のせいで余計ゲリラの少年が死んだ気がするのは気のせい?
彼がまだ「ガンダム」にはなれていないということですな
幼き自分が見たガンダムに憧れ、そして自分もガンダムになったが・・・実際の所全然なれていませんでしたってオチ(笑)

国連のお兄さんも言っていたようにガンダムに頼りすぎているという台詞があることから、彼は「ガンダム」になるためにはまだ長い道のりが必要ということでしょうね。

なんか凄いのびのびと作っていますね~やっぱり50話連続は今の時代は無理なんでしょう。
2007/12/23 (日) 00:12:50 | URL | CRS #-[ 編集 ]
今日の回の演出は光ってましたね

気になってコンテと演出の人を調べてみたんですが、鋼の錬金術師や桜蘭高校ホスト部の重要な回を担当していた人でした。あとはエウレカとか
実力のある人に切らせるとこんなに違うんだっていう良い見本の回だったと思います
2007/12/23 (日) 07:41:14 | URL | 通りすがり #w6XFEYVU[ 編集 ]
ところがぎっちょん!
今までの対ガンダムとは全く違う戦闘シーンに魅入ってしまいました。
変形を駆使した回避方法を「グラハムスペシャル」って言うんでしょうか?
それとも機体のことを言っていたんでしょうか?
些末なことですが、気になりました。
ワンクール終わって準備万端かな??
2007/12/23 (日) 21:50:11 | URL | カセクシス #6x2ZnSGE[ 編集 ]
>青空さん
でもアムロ声の人ってなんかクローンがいっぱいいそうな顔してるんで、
もしかしたら彼のベースになった人間がOガンダムのパイロットかもしれませんよ!(笑)

>CRSさん
グラハムカスタムはサウスポーMSですか。
昔ハイザックでそんな仕様の機体がありましたが…それ以来かな、結構意外です。

刹那は発展途上であることがしつこいくらい描写されていますから、
あとはそこからどれだけ成長できるか、というところを期待したいですね。

>通りすがりさん
なるほど、絵コンテが良かったんですね。
富野監督も絵コンテの重要性をよく指摘していましたし、
今後はそちらにも注目してみようと思います。脚本はいつも同じ人だし(笑)

>カセクシスさん
今回の戦闘シーンはGジェネのムービーになってもいいシーンでしたね。
グラハムの台詞には、あまり突っ込んではいけない気がします(笑)シャアの口調だけ真似てるって感じがしますね。わざとなんでしょうけど。
2007/12/23 (日) 23:58:37 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
物静かな優男
類似?キャラとしてセーラームーンのタキシード仮面こと【ちばまもる】ですかね…?
2007/12/24 (月) 02:09:15 | URL | n #-[ 編集 ]
タキシード仮面は…変身した状態が…(笑)
セーラームーンはあまり見たことがありませんが、変身前はそんな感じなんでしょうね。
2007/12/24 (月) 16:19:39 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
遠過ぎない?
お初です。 お見知りおきを
電力受信基地(?)が破壊されましたがユニオンのエレベーターは南米で基地が中東。 AEUや人革ならばいいとして約地球半周するとなれば受信できるのでしょうか?
(拙い答えですが国連主導なればということか または、間にコロニーを入りして受信するんでしょうか?)
2007/12/24 (月) 22:23:55 | URL | フレンフレン #-[ 編集 ]
初めまして、書き込みありがとうございます。

太陽光発電の電力供給システムの仕組みがよく分からないのでなんともいえないのですが、
宇宙から電力供給しているんじゃないかな、という気はしますね。
単純に、中東に米国が介入するという構図だけを使いたかっただけのような気もしますが…。
多分、この先である程度は明らかにされるんじゃないと想います。
2007/12/25 (火) 22:22:24 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>変形を駆使した回避方法を「グラハムスペシャル」って言うんでしょうか?
それとも機体のことを言っていたんでしょうか?

フラッグは「戦闘中の変形を想定しない」との設定があるので可変を使用した回避のことを指し、グラハムの技量を示す描写だったのだと思います。
この他にビームをディフェンスロットで弾くなどビームコーティングについても触れるような場面もありますが、設定の説明がないので視聴者に十分に伝わってないような気がするのが残念ですね(^-^;


2007/12/26 (水) 11:43:58 | URL | ちょっと一言 #-[ 編集 ]
監督が、できるだけ劇中に先駆けて設定を公開しないようにしているようなので、その弊害が出てる感じですね。
せめて「変形で避ける!?」くらい言わせても良かったかもしれません。
2007/12/27 (木) 02:14:03 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
外伝視点
今回のOOFは本編十二話を見てから読んでくださいと言う作者のメッセージの意味がようやく分かりました。

アザディスタンには石油があるのに使わないのか?

 実はこの時代に温暖化防止(阻止は成功した模様)の目的の為に二酸化炭素回収義務が国際条約で義務化されているので採掘と同時に二酸化炭素を地中に戻す装置の設置や運用が加算されると言う事ですね。

 道理で太陽光発電が主流になる背景はこの様な事があると言う事か…。

アリー、またもやえらい目に……(大汗)
2007/12/28 (金) 23:13:12 | URL | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo[ 編集 ]
温暖化防止のペナルティをアメリカも呑んだというのが面白いですね。
アメリカの太陽光発電技術開発の目処がついて、石油(=中東諸国)に頼らなくてもエネルギー資源の面で世界の主導権を握れそうだと判断してのことだったのかもしれません。
2007/12/30 (日) 00:10:19 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
<#12 教義の果て> アバンタイトル。 アザディスタン王国のとある寺院では保守派が集まり、改革派への非難。 彼らを纏めるラサー?と呼ばれた指導者は、静観の姿勢を促します。 が、改革派への怒りは鎮まるどころではなく、武力を以ってしてでも…。 そこへ、改革派と...
2007/12/23(日) 21:50:57 | コキュートスの記憶
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.