がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
M-MSVを語れ!「プロトタイプZZガンダム」編
 プロトタイプZZガンダムって、分離はできるけど合体したまま変形(Gフォートレス)はできないという設定だったと思うんですが、SDクラブの大河原氏のコメントには「AパーツとBパーツは上下で合体してGアーマーになります」って書いてあるんですけど(汗)しかもSDクラブの小説の挿絵でしっかりGフォートレス形態のイラストが描かれているわけではありませんか!
 これはあれだ、やっぱり「合体できる機体と出来ない機体がある」と考えるしかないわけだ。
 プロトZZが登場している作品は自分の知る限り3つあります。SDクラブに掲載された小説「宇宙の咆哮」、ガンダムマガジンに掲載されたコミック「始動せよ!ZZガンダム」、コミックボンボン増刊号に掲載されたコミック「悪夢の戦場」です。このうち最後のコミックだけは未確認ですが、プロトZZB型が登場するようです。

 このうち、「始動せよ!ZZガンダム」では合体実験に失敗し、実機が失われています。しかし「宇宙の咆哮」では合体し、実戦までこなしています。「宇宙の咆哮」はテストが始まってから一ヶ月経過しているようですが、「始動せよ!ZZガンダム」は初動テストであったように見えますから、普通に考えれば「始動せよ~」のプロトZZが1号機、「宇宙の~」のプロトZZが2号機(まぁ、3号機以降と考えることもできますが)ということになるのでしょう。そして、この2号機(もしくは3号機以降)がハイメガキャノン装備型に改修されたのが、「悪夢の戦場」のプロトZZB型であると言えます。
 ところで、このプロトZZのB型は、2型(すなわちMSZ-009-2)と表記される場合もあります。これは誤植っぽいというか、現在はB型で統一されているようなのですが、そこで「Gフォートレスに合体可能な仕様」を2型と捉えれば、B型表記と区別できそうです。つまり、「始動せよ~」がMSZ-009-1(合体不可)で、「宇宙の~」がMSZ-009-2(合体可能)で、「悪夢の~」がMSZ-009B(ハイメガ装備)ということです。ただ、資料の表記上2型とB型は同一の機体を指すことになりますから、B型は正確にはMSZ-009-2Bと呼称されるのが正しい、と言えます。2Bと呼ばれないのは、単に省略しているだけでしょう。

 プロトタイプZZというのは実は色々と使える設定で、例えば「ZZの開発が優先されてZIIが廃案になった」というのも、「009(プロトZZ)が失敗して急遽010(ZZ)が開発されることになったことで、割を食う形でZIIの開発計画が中止された」と考えるとさらに辻褄が合うようになるわけです。また、「ZZの再設計機」なのに「ZZと並行して開発」とか言われる上に「ZZより先にロールアウト」しているSガンダムも、「プロトZZの再設計案、すなわち3機合体式MSの1つとして、ZZと同時期に開発が始まり、ZZより先に完成した」とすれば整理することができます。
 また、プロトタイプZZは、名前のように「ZZの試作機」というよりは「ZZの前段階となった機体」であり(これは、M-MSVにおいてプロトタイプと名づけられたすべての機体に言えることです)、厳密には010ナンバーのZZとは別の機種です。つまり、ある意味ではこれこそが真の「エータガンダム」なのではないかとさえ言える機体なわけです。センチネルにおけるギリシャ文字ガンダム設定を肯定するとエプシィやシグマといった黒に近いグレーな機体を同時に肯定しなければならなくなるわけですが、実際のところ現在の公認設定だけでもギリシャ文字ガンダムって埋められるんですよね。イプシロンはMk-IIIでもいいわけで。

 プロトZZは、単にメガゼータのベース機になっただけじゃないんだぞ、というお話でした。
スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/12/13 (木) 08:04:20 | | #[ 編集 ]
悪夢の戦場のプロトZZB型はハイメガキャノン搭載の他に
分離合体機能の削除ってのもあったかと
B型をベースに合体無しの可変機に改造されていたと記憶してます
2007/12/13 (木) 20:38:33 | URL | わんこ #2DdjN05.[ 編集 ]
悪夢の戦場のB型はBX型というまた別の機種みたいですね。
やはり実物を見てからでないと物を語っちゃいけませんね。
2007/12/15 (土) 01:15:10 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.