がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
機動戦士ガンダムOO #8「無差別報復」
 刹那がガンダムに乗り込もうとしている時に、視聴者が思うことは大まかに3パターンあると思います。

(1)もしかして、このままコクピットに飛び移っちゃう? →アクション映画な人
(2)おいおい、このままフェードインかよ! →スパロボな人
(3)こういうところで変なアクションする必要はないからな、やめてくれよ! →リアリストな人

 自分は全部思ってしまいました(苦笑)

 さて、今回はやっぱり刹那とマリナの出会いがメインだったのかなと思います。まぁ、作り手としてのメインはテロにどうやって反抗したか、ということでしょうけど。
 ただ、この出会いがな~。出会い方がどうとか、出会ってからの刹那の行動がどうとか、そういうところは「アニメだから」で済むと思うんです。ただこの出会いのイベント自体が、本当にただのフラグ立てだけの為に用意されたようにしかみえなくて、ちょっと脚本の作り方そのものに疑問を感じざるを得ませんでした。種デスのシンとステラの出会いなんかも、無理矢理な部分はありましたが、話の内容自体はまとまっていたと思います。それに比べるとどうも、?マークがついてしまいました。
 コクピットを開けただけであれだけ責められた刹那が、(よりにもよって国家の元首に)自分の正体をばらしてしまったことは問題でしょうし、それを視聴者にもわからせるためにその前にコクピットを開けるというエピソードを挟んだんだと思います。また、一応刹那の生まれ故郷を滅ぼした国のトップを目の前にしたわけですから、「この野郎!今の俺は強いんだぞ、もう負けねーぞ!」という気持ちになってしまってもやむなしなのかなと。ただ、そういう感情的な部分が表に出ないように描かれているので、視聴者に伝わりにくい構造になっているんだと思います。キャラクターの描き方としては不親切ですが、「最近の若者」って割とこういうところがあると思いますし、もしかしたらそういうところも意識してるのかもしれません。
 それと、実際マリナが半信半疑であったように、いきなり偶然街中で出会った少年に「最近世間を騒がせてる武装組織の一人です」なんて言われて信じる方がおかしいわけで、それをある程度分かっていたから刹那もつい言っちゃったんだろうなとも思います。どっちかというと、マリナが何故刹那を助けたのか、というところの方が変かなとも思ったんですが、「同郷の人間だと思ったから」ということですから、まがりなりにも主人公とヒロインという役割を与えているキャラなのでああいう「アニメの美形キャラ」として描かれている2人ですが、実際は見ただけで中東の人間だとわかるようなルックスなのでしょう(笑)

 テロ組織を探る部分は、そうそううまくいくものかね?という気もするのですが、AEUと利害が一致した結果、という部分がシナリオとして決まっていて、それをただ描いただけなんでしょうね。こういう、結果を先に考えてそこから逆算してストーリーを作っている、というのが凄く見え見えなところが、いまいちしっくり来ない原因なんだと思います。SEEDは、次にどうなるのかが(作っている本人でさえ?)わからないというワクワク感がありましたからね。
 そしてまたしても戦闘描写はいつも通りでしたね…。脚本とかには(ここから戦闘シーンが5分程度)とか描かれてるだけで、その内容までは真面目に考えてないんじゃないかと思ってしまいます。

 ソレスタルビーイングの面々の心情や与えられている役割というのが徐々に見えてきたというところは、面白くなってきたなと思います。留美はスパロボでいう破嵐万丈に近い立ち位置のキャラみたいですね。

 それにしても次回の「ソレスタルビーイングはやりすぎた」という文句は…そのままプロデューサーがアメリカに言いたいことなんだろうなぁ、とか思ってしまったり。若い視聴者に考えるきっかけを与える、という作り方は結構ですが、特定の方向に知識や考え方へ誘導しようとするシナリオは勘弁願いたいものです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
ライディーン?
とか、そんな事より「さらっと光学迷彩かよ!」の方に目が行ってしまった自分。
あと、マリナ動体視力いいな…と。
しかし、外見が中東系といってもその様な人種が居る国って多いでしょうに、いきなり「アナタ、アザディスタンの人ね」と限定してしまうのは…。

来週は人革連がソレスタを襲撃、刹那だけ中佐にボコられるという展開でしょうか。
まさか、ソーマとアレルヤがまた共振してという展開はないでしょうけど。
2007/11/24 (土) 22:50:26 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
> 出会い
街中で銃を撃ったりと感性がニブい感じがいたします。
ゴルゴのように完璧主義とまではいきませんが、
もう少し事象を鑑みれる人物でないと組織が崩壊しそう。
マリナの行動も刹那の言動も「?」ばかしで御座いました。
ちなみにわたしは(3)ですね。
2007/11/24 (土) 23:06:36 | URL | カセクシス #HHY6jYQ6[ 編集 ]
テログループとあっさり決着付いたなぁという感じで
もう少し引っ張るのかと思ってました

アニメとは関係無しにHGティエレンに一つ
『自重の重いティエレンは、機動力を失うと、即、棺桶になってまう。』(原文ママ)
…なってまう?
2007/11/25 (日) 00:29:34 | URL | わんこ #2DdjN05.[ 編集 ]
>コンラッドさん
光学迷彩はまぁ、ミラージュコロイドがあるんで、今回もあるのねと。
隠している時しか使っていないところを見ると、静止時しか使えないということでしょうか。
マリナは…中東の国々もほとんど統一されてるんじゃないですかね?よくわからないですけど。

>カセクシスさん
銃はまぁ、外国ならそんなに珍しくないのでは?
偽造IDすら持ってないのか、とは思いましたが。
話の都合を優先しすぎてリアリティを崩してしまったという感じはありましたね。
設定は従来のシリーズに比べてもリアルなんですが、物語の方のリアリティがなんとも。

>わんこさん
あれはテロネットワークの全貌がつぶれたというより、実行犯のグループだけが潰れたという感じに見えましたけどね。
とりあえずビンラディンだけは確保しましたよ、みたいな。

ちなみにその手の誤植はよくあることですぜ。
2007/11/25 (日) 23:11:08 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.