がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
MSV戦記 ジョニーライデン/ガンダム事典
 ボンボン連載の単行本が2冊出たので確保。しかし帯の文句「巨匠 長谷川裕一熱筆!!」って…いい時代になったものですな。
 色々と思うところがあったのですが、それは別エントリーにするということで直接の感想はまとめて2冊分にします。

 あ、Zセンチュリーの件、興味のある方は考察掲示板にスレッドを立てておきますので良かったら書き込んでください。

○MSV戦記 ジョニーライデン
 1話はガンダムマガジンで読んだので省略して、2話以降。つーか2話の本気になったジョニーカッコよすぎ!今までのジョニー漫画のどれよりも光ってたぞ。「3連星にわび入れろ」とかもうね…さすが長谷川氏って感じです。
 3話はパーフェクトザクもアレですが、ヘビーガンダムが出てきたのがナイス。しかもちゃんとサイド3宙域にいるから素晴らしい。撃墜されちゃったけど。デンさん戦死!?
 まぁ、シン・マツナガが地球圏に留まったままというのは、イボルブを意識してのことかもしれないけど、アクシズに行ったという説もあるわけで、この辺りは解釈にお任せという感じですね。
 それよりも巻末の作者のコメントで、やっぱりジョニーの漫画を書くということは本意ではなかったみたいですね。それで、逆に「これが公式」みたいに扱われないように(公式のエピソードがないのがMSV、という志は本当に素晴らしいと思う)、あえてはっちゃけてみたということですから、この人は本当に凄いなぁと思わざるを得ません。正直、最初に読んだ時は「MSVというリアル至上主義の世界をこんな風にするってどうよ…」と思いましたが、ちゃんと考えてるんだなと。まぁ、MSVファンを満足させられる作風は氏には無理だということも、もちろんあるでしょうけど。
 パーフェクトザクってシルエットだけ見るとザンスカールのMSみたいなんですが、細部を見ると確かにジオン系のラインになってるからいいですね。ホビージャパンでの立体化を期待しています(誰に言ってるんだこれ?・笑)つーかどことなくドルメルっぽいかも。
 つーか「スーパースペリオルシュプリーム」って…これ見たとき心の中で爆笑しちゃったんだけど。

○ガンダム事典
 まるで社会の教科書みたいな構成になっていたのでびっくりしました。でも、内容的にはガンダムオフィシャルズの簡易拡張版という感じですね。気になった記述をいくつかピックアップします。

・MS-06R-3SがR-3と紹介してある。これはオフィシャルズと同じですね。
・MSのセンサー有効半径はミノフスキー粒子の影響下に置いての話だそうです。
・素ジムを「先行量産型」として後期量産型と区別している。この分け方はちょっと疑問。
・先行量産型ジムは初期の設計を無視して開発されたもの。設計通りに開発されたのが後期生産型。
・ゲルググJとゲルググMの設定画が逆に掲載されている。
・サイド6と連邦軍の安全保障条約って、何が元ネタだ?
・終戦協定の内容は「共和国の連邦再帰属」「共和国の自治権制限付き承認」「共和国の最低限の軍備の許可」「戦争責任の不問と賠償請求権の放棄」などだそうです。
・ガルバルディβはリニアシート部分以外はジオン製ガルバルディと同じらしい。
・ガルバルディはA型が陸戦用でB型が宇宙用だそうです。
・ゲーム版の4~6号機とM-MSV版の4~6号機を区別して紹介している(混乱させるだけでは…)。
・出資者と実働部隊の意見の食い違いがエゥーゴの崩壊の要因だそうで。
・カラバは「地球連邦軍内部」のエゥーゴ支援組織。そんな記述あったっけか。
・エータガンダムはMSZ-007などいくつかの機体が挙げられるらしい。

 全部読みきれていないけど、ZZ以降はそんなに深く突っ込んだ記述は無かったように思えました。つーかこれ、歴史や戦史の部分と科学技術の発展の部分は分けたほうが分かりやすかったかもしれない。
 まぁ、深い話はまた今度ということで。
スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/23 (金) 09:41:14 | | #[ 編集 ]
>ホビージャパンでの立体化を期待しています(誰に言ってるんだこれ?・笑)

オレニイウナ(w
イロイロオトナノジジョウトカアルンダヨウ

そんなわけで別のモノで我慢してねん。
2007/11/23 (金) 19:31:34 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
わたしも4~6号機が分けられていたのが「?」と感じました。
違う機体だよと言いたかったのでしょうか??

> B型
以前突破さんに教えていただいたのですが、
アラスカのバックランド基地にもあったそうです。
2007/11/23 (金) 19:58:36 | URL | カセクシス #HHY6jYQ6[ 編集 ]
>とっぱさん
まぁ、講談社ですもんネ。別のモノ期待してますよ~

>カセクシスさん
MS大全集でもM-MSVとゲーム出典は区別されていましたね。
M-MSVをなかったことにはできない、難しい問題なのかもしれません。

ガルバルディB型は確かにジェリド出撃命令に出ていましたね。
あれは地上でしたが…。
2007/11/24 (土) 14:52:56 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
プランCってプロヴィデンズザクが元ネタなのか………特にビーム攪乱幕を使った防御はグッ!

所でジョニーがエゥーゴに参加していたという説もありますが案外真実かも……親父が偽名でエゥーゴに志願届け出しているとか?
2007/11/24 (土) 21:19:17 | URL | YF-19k(kyousuke) #-[ 編集 ]
>……親父が偽名でエゥーゴに志願届け出しているとか?

沖一版ではすさんだ少年時代を過ごしていたようで、実際には両親が健在かどうかも怪しいですが…。
サイド3への移民3世という事ですが、かなり下層階級だったのかな…?
(若きキシリア様との出会いはどこのハーレクイン小説かと…)
2007/11/24 (土) 22:07:43 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
>YF-19kさん
プロヴィデンスザクから思いついたという可能性は否定できないですね。
見た目としては、ゲンガオゾの方が近いですけど。

ジョニーが参加していたのはエゥーゴではなくカラバですね。

>コンラッドさん
沖一版もあれはあれで極端なんですよね(笑)
ジョニーさんはいろいろな人に好きなように扱われていて面白いですよね。
木星でシャアの元彼女と一緒にいたり、薬漬けで再起不能になってたり、オールズモビルの首領にされそうだったり…
まるで源義経のようです。
2007/11/24 (土) 22:38:32 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>・ガルバルディβはリニアシート部分以外はジオン製ガルバルディと同じらしい。
>・ガルバルディはA型が陸戦用でB型が宇宙用だそうです。

ガルバルディの設定はMSV(MS-X)の時代からありましたよ。MS-17BいわゆるガルバルディαがMS-17A陸戦用、MS-17Bが空間戦闘用という設定でした。

>素ジムを「先行量産型」として後期量産型と区別している。この分け方はちょっと疑問

これもMSVに記述が最初からあります。
それと先行量産ってのは量産型と同じ設計のものでないとおかしいです(笑)
量産開始して工場の生産力を徐々にあげていって通常生産できるようになるまでに生産された正規品を先行量産というので<工業製品は

この辺りのツッコミで陸ジムが先行量産型と言われなくなったという後付け事情があります(笑)

>カラバは「地球連邦軍内部」のエゥーゴ支援組織。そんな記述あったっけか。

最初からその設定の筈ですが(^^;A
放送当時のアニメ雑誌にすでにその記述が溢れてます(^^)b

>終戦協定の内容は「共和国の連邦再帰属」「共和国の自治権制限付き承認」「共和国の最低限の軍備の許可」「戦争責任の不問と賠償請求権の放棄」などだそうです。

「共和国の連邦再帰属」だけが初見ですね。
あとはMSVとかで色々既出です。
2007/11/26 (月) 05:16:09 | URL | サリエル #nL6A2.tM[ 編集 ]
>ガルバルディ
B型の設定はZでβが出てからでは?
B型=宇宙用という設定は多く見られますが、A型=陸戦用という記述は見たことが無いです。

>ジムの先行量産型
MSVの時点でジムに初期型と後期型があるのは良く知っています。
それが問題なのではなく、素ジムがバリエーション(ライトアーマーやスナイパーカスタム)も含め「先行量産型」という括りにしていることが疑問だということです。
MSVにおいては先行量産型はオデッサに少数が配備された、劇中には登場しない機体のことでしたから。

>カラバ
どの資料を見ても「地球上のエゥーゴの支援組織」としか書いておらず、劇中でもそれ以上の説明はありません。
それ以上の記述のある資料でも、まるで市民レベルのゲリラ組織のように説明されています。
当時のアニメ雑誌は…幼稚園にも入っていない年齢でしたのでさすがにチェックできないですが、
「連邦軍の一部」という記述は自分は見たことが無いです。もしソースがあれば教えてください。
2007/11/28 (水) 02:08:24 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.