がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
機動戦士ガンダムOO #6「セブンソード」
 んー、やっぱり元に戻っちゃったというか…とりあえずタイトルのセブンソードの見せ場が無いに等しかったというのがちょっと残念でした。デュナメスの新装備はカッコよかったけど。プラモの販促という意味では、今のところエクシアが一番ダメのような気が…(苦笑)種デスの二の舞はまずいのではないでしょうか。

 そこまで丁寧に説明しなくてもいいよ?と思うくらい丁寧なんですよね、この作品。まぁ、難しい世界情勢の話がメインなんで、説明しないことにはよく知らない人に不親切(そして、よく知っている人には突っ込まれる)だということはわかるんですが、多分その説明をちゃんと聞いてない人が多いと思うんだ。説明って、ありすぎたり詳しすぎたりすると逆に受け手を遠ざけちゃうんですよね。それがわかっていないというか、いわゆる知識系(かつ理系)のオタクの作る話だよなぁという気がしてなりません。いちいち途中計算を全て見せられている感じがします。
 知識のあるオタクって、説明するのが大好きなんですが、自分の知識を基準として語るから、自分より知識の無い人間を置いてきぼりにしちゃうんですよね(大学の教授とか学者系の人間なんかもそう)。しかも全部を説明するんじゃなくて、小出しにするのが大好きなんですよ。ちらっと教えるだけであとは自分だけの知識にしておきたいというか、少ししか教えないことで優越感に浸ろうとする傾向があって。この作品も、いくつかキャラについての説明描写があるんですが、小出しすぎてどういうキャラなのか把握できる演出にはなっていないんですよねぇ。そういうところは、AOZとかアストレイとかスパロボOGとかに似ています。最近多いんだよなぁ。要するに嫌いなんです、そういうのが(苦笑)
 もう少し、すかっと気持ちよく楽しめるエンターテイメントな要素が欲しいところです。そっち方向に突き抜けていたのがSEEDで、それとは違う方向性でというのもわかるんですが、ちと極端かなと。富野作品は理詰めよりも感覚的なところがありましたから、同じような説明描写も主観的な感覚で済ませるところがあったんですが、ちょっとこちらは理詰め過ぎて窮屈な印象を受けます。だからこそコーラサワーが凄く浮いてるんですよねぇ…。なんだあのムサシコジロウは。面白いから良いけどさ(笑)

 全体的な印象はここまでにして、話の内容に目を向けると、あえてソレスタルビーイングに戦闘を挑み、ソレスタルビーイングもそれに応じるという、正々堂々正面決戦の準備という感じだったと思います。その点ではとてもわくわくしましたね。この点の演出方法は良かったと思います。実際に戦闘が始まったら、いつも通りでしたけど…。
 今回は女性メンバーの描写に力を入れていましたね。オペレーターの2人はようやくまともな人間描写が入りました。ユニオンのメガネ君と実は知り合いだったスメラギさんは、あえて留美と並べて胸の大きさを強調。そのうちルイスとも並べられそうだ。この作品もしっかり女性キャラの胸の大きさに詳細な設定があるのだろうか…。

 戦闘に関しては、エクシア相手の雑魚だけ何故か接近戦で挑んでばかりというのを見て、これは完全に時代劇の殺陣と同じ扱いなんだなということがよくわかりました。戦争の根絶とかそういうのをテーマにしていますが、ガンダムの戦闘シーンだけは「戦争」ではないようです。
 にしても、エクシアだけいつも強敵を相手にしているのは、やっぱり接近戦用だからいつも前線にいるからなんでしょうかね。今回AEUの真のエース(いや正確にはAEUの人じゃないけど)が登場したことで、とりあえず各勢力に一人ずつライバルキャラがいるということがわかりました。そして今回のボスは刹那の戦友だったみたいで。いわゆる先輩キャラでしょうか。あと、これまでもそれらしき描写はありましたが、刹那はパイロットとしてはそんなに有能ではないみたいですね。ガンダムの性能が凄いだけで。人革連のあの人あたりが中盤あたりで「自分の力で勝ったのではないぞ(以下略)」と言って落とされたりするんでしょうか。

 なにはともあれ、面白い要素はいくつかあるんですが、綺麗にまとめすぎてその面白みを生かしきれていないような気がしますね。客観的に描きすぎというか。監督が感情移入できないようにしてあると言っていたのはこういうことなんでしょうか。なにか後半に仕掛けがあって、そのための伏線なのかもしれませんが、ハガレンもこんなノリだったんでしょうか?
スポンサーサイト
コメント
コメント
相変わらず敵MSが棒立ちで乱射→順次射撃で倒されるという、味気ない戦闘はどうかと思うんですけど…。
まぁ、重要キャラのMSさすがに動きが多いですが
(コラ沢さんは例外ですが)

戦闘がパターン化(バンク多様)はしょうがないんでしょうが。
2007/11/10 (土) 21:04:04 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
コーラの人が相変わらずで安心した
その他大勢が回避動作すらとれない所を見る限り一応腕は悪くないんですねぇ
しかしゲリラ時代に世話になった人物が敵として出てくるというのはアニメ版のフルメタでもやってたんですよねぇ
アニメ版は飛び飛びでしか見てないんで特に気になりませんが
2007/11/11 (日) 12:24:35 | URL | わんこ #2DdjN05.[ 編集 ]
6話にして強化パーツが登場してましたね。
25話構成らしいので今後急展開が続く気がしてなりません。


コーラさんはもしやお笑いキャラなのだろうか
2007/11/11 (日) 16:13:08 | URL | でぃがん #-[ 編集 ]
>コンラッドさん
確かにちょっと戦闘が変ですね。射的みたいな感じです。
戦闘描写に愛を感じないですね。バンクにしても、動きのある絵を毎回見せられるのとはずいぶん印象が違います。

>わんこさん
フルメタとのスタッフの共通点ってメカデザくらいみたいですけど、
それが話の内容に影響を与えるとは思えませんし、何故似るのか良く分からないですね。

>でぃがんさん
エヴァで言うとそろそろアスカが出てくるあたりでしょうか。
真ん中を過ぎる辺りで展開が早くなりそうな気がしますね。
コーラさんは明らかに狙っているキャラに見えます。最終的にどうなるかは分かりませんが。
2007/11/11 (日) 20:46:58 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
設定が秀逸
今回はPMCトラスト云う民間軍事会社が登場……アリーさんはカスタムイグナドでGジェネではサーペントテールや傭兵部隊Xとのバトルんでしょうね(笑)。ここら辺は千葉氏らしい演出です……。


パトリック……相変わらず瞬殺……この調子だとナノマシン強化されてもおかしくないぞ。



2007/11/11 (日) 23:27:29 | URL | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo[ 編集 ]
はじめまして。

素人目で見てなんですがエクシアにセブンソードって必要なのかなぁっと思ってみたり。

GNソードは確かに大きいということを除けばビーム兵器わ搭載しているのでまずまずの使い勝手だと思います。

ビームダガー×2とビームサーベル×2はこの世界ではかなりの威力であり、まだ実戦配備されていないもんですし。

でもGNブレイドはあまり必要性感じないように思えるんですよね。

劇中で「厚さ3メートルのEカーボンも両断できる」って言ってましたが「それってビームサーベルでできるんじゃね?」と言うように思ってしまったり。

まぁそれを言ってしまえばGNソードもティエレンの腕すら切り落とせなかったんですが…
2007/11/12 (月) 02:21:46 | URL | アーク #4ARdecsc[ 編集 ]
とりあえず
判る事は、HCM-proでフル装備にしたら
干渉して邪魔で動けないだろうという事が判明
って事でしょうか(笑)<7本剣

2刀流用の新装備の剣は
初期装備のGNソード+盾の先っぽと
もろかぶりですね。
バズーカ2本ぶら下げてるみたいなもんでしょうか
2007/11/12 (月) 19:19:39 | URL | スウ #-[ 編集 ]
>yf-19kさん
あの民間軍事会社というのはまさに千葉氏の設定ですね。
現在の世界情勢を踏まえたものとは思えないですし。
外伝にも関わってきそうですね。

>アークさん
はじめまして、書き込みありがとうございます。
セブンソードは多分クロスボーンガンダムに近い設計思想だと思うんですよ。
いくら武器を失っても代わりの武器がたくさん出てくるという意味で。
一つ一つの装備に意味があるというよりは、たくさん持ってるから代えが利くという感じなんだと思います。

>スウさん
ハイコンだと小さすぎるから干渉する…と思いたいです(笑)
1/100とかならきっと大丈夫なんでしょう。多分。
やっぱりソードストライクやソードカラミティが人気だったために生まれた機体なんでしょうかねぇ。
2007/11/12 (月) 22:44:17 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>あの民間軍事会社というのはまさに千葉氏の設定ですね。

現在、戦争の形態が大きく様変わりして、「非国家組織(テロ組織など)が国家を相手に行う準通常戦争」しか起こりえないとされています。
その中で、自国の正規兵の出血を極端に嫌う政府が「戦争を外注に出す」という事が起きています。

それを請け負うのが「民間軍事会社(PMC、プライベート・ミリタリー・カンパニー)」であり、近い将来はそのPMCとテロ組織の間の戦闘が「戦争」の主流になる…なんて事も言われています。

自衛隊でさえも「イラク派兵中の自衛隊員の警護にPMCを使用する」事を検討しているそうで…。

ちなみに、PMCは参加する戦争を「入札」で決めているそうです。
2007/11/12 (月) 23:54:38 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
現実に存在するんですね。それは不勉強でした。
教えていただきありがとうございます。

それを国家の主事業とする国が現れる、という発想はリアルでもあり面白いなと思いますね。
2007/11/13 (火) 22:10:26 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.