がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
「不死身の第4小隊」に5人目は存在するか?
 以前MGジムインストの話をした時に、宇宙軍におけるMS小隊は5機編成→じゃあ4人で構成されている不死身の第4小隊は本当は5人?ということを思いつきました。
 はたして、本当に不死身の第4小隊は4人だけだったのか、というお話です。てかこれ、もし0083の劇中で「これで全員」という意味の台詞があったら即死亡なんですが(笑)、ちょっと自分では確認できません。
 4人なら4人で、何故4人だったのかということも含めて、考えていきたいと思います。

 まず、「本当は5人」説について考えていきます。そうなると、劇中には登場していないもう一人のメンバーがいることになります。「不死身」って通り名がついてるくらいですから、5人目が戦死しているということは考えられません。
 しかし、アンソロやMGインスト、ゲームなどで一年戦争時の第4小隊が登場したときは、いつも4人で登場しています。まぁ、4人しか設定上存在しないから出しようがないんですが、何故いつも4人しかいないのかということも考えなければいけません。

 結論から言うと、MGジムインストに掲載されている連邦宇宙軍の小隊の構成を見ると、必ずしもジム系だけで構成されているわけではなく、ボールも混じってるんですよ。つまり、ボールに乗ってたんじゃね?ということになります。
 5人目がボール乗りだったのなら、第4小隊が出てくるときはいつも4人なのもなんとなくわかります。つまりはボールはかなり後方にいるために画面(?)に出て来れないのです。ユウ・カジマがジムコマンドに乗って他作品に出てくるときも、フィリップとサマナのボールは出てきませんよね(って、ア・バオア・クー戦の2人の搭乗機はボールだったっけか?)。
 第4小隊が不死身と呼ばれた所以、それは陰で的確に支援砲撃を行うボール乗りがいたからなのだ!なんて、カッコよすぎてそれだけで燃えてきてしまいます(笑)まさに縁の下の力持ち。アデルさんと仲良かったんじゃないだろうか。
 5人目がボール乗りだったと考えるなら、0083でGP02追撃の任務に召集されなかったことにも辻褄が合うのです。最初の任務は地上における追撃でしたから、ボールは配備できないからです。宇宙に上がってから、改めて召集する可能性もあったのでしょうが、その時は色々ごたごたしててまともな補給も望めなかったので、要望を提出していたとしても実現しなかったのでしょうね。
 バニングが戦死し、残りの3人はティターンズとなったわけですが、5人目はそんなことも知らずに正規軍で職業軍人を貫いた…というのもカッコいいです。エゥーゴに参加してモンシア達と戦場で再会、というのはさすがにベタすぎですね。
 というわけで、二次創作のネタとしてはとても面白いと思うのですが、いかがでしょう(笑)

 で、最初に述べた通り第4小隊が4人だけであると断言できる根拠があったら、この妄想は霧散してしまうわけで、まぁそうでないとしても、ゲーム等の扱いを尊重して「第4小隊は4人だけ」という前提で、何故4人だったのかということも考えてみます。
 まず、単純に人手不足で4人しか集められなかったというのが一番簡単な理由だと思います。それでも(それだからこそ)4人で団結して生き抜くことが出来た、というのが一番わかりやすいでしょう。
 もしくは、4人のレベルが高すぎて、この4人についていける兵士が見つからなかったということも考えられます。もちろん設定上彼らに匹敵するであろう連邦軍のエースパイロットは何人もいますが、皆それぞれ別の部隊の中核として働いているわけで、1つの小隊に5人集める、ということは難しかったのではないかと思います。
 また、何か特殊な性格を持った特別な部隊だから4人だったということも考えられます。正規の軍制に縛られない独立部隊だったなら、それが許されるということもあるでしょう。ア・バオア・クーでは新品のジム改先行量産型に乗っていましたし、宇宙におけるモルモット部隊だったのかもしれません。

 個人的に1つ思うのは、彼らは「地上でも活躍していた」可能性も高いのではないかということです。某アンソロではアデルが出てこなくて、3人で登場しているわけですが、実はすでにこの3人で地上でMS小隊として活躍していて、それが星一号作戦に伴い宇宙に上がることになったときに、増員ということでアデルが配属された(けど漫画の中では間に合っていなかった)とも考えれば、辻褄が合うのかなと。
 地上で3機小隊だった部隊が宇宙に上がったという例がほとんどないので何とも言えないのですが、ユウのモルモット小隊は宇宙に上がっても増員されませんでしたし、地上の部隊がそのまま宇宙に上がった際、宇宙軍の編成が必ずしも適用されるとは限らないのだと思います。そういやブルー小説版だとパクというキャラが配属されていましたし、アデルもそういう感じで途中配属されたのかもな。

 不死身の第4小隊というと、搭乗機もなかなかカオスなわけで、素ジム&ジムキャノンに乗っていたりジムコマンド&スナイパーIIに乗っていたりジム改に乗っていたりと、頻繁に機体を乗り換えている印象があります(今までは「作品によって搭乗機が異なる」という扱いに思えましたが、カードビルダーで全部出ちゃったから・笑)。やっぱりモルモット部隊だったのかもしれませんね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
ジムとボールの混成部隊というのはさすがにそれは無いだろう…と思います。
エースコンバットじゃアリですけど、実際同一飛行隊内に「F-16とF/A-18」が混在する部隊は存在しませんし…、全く性能の異なる機種を混在するのはいくら前線でも…と思います。
ま、部隊内の定数を満たす為の苦肉の策…ともいえなくも無いでしょうが…。

個人的には、やはり宇宙への配属により補充があったという説を推したいです。
宇宙軍は5機1小隊、地上軍は3機1小隊という構成が基準であり、第4小隊は再編中で5機1小隊となる前に戦争が終結したということでいいと思います。結果、5人目は居なかった…と。

関係ないですが、センチネルでは「3機1中隊」と大幅にMS部隊の規模を縮小してますよね。
2007/11/09 (金) 00:15:09 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
まぁ
部隊編成時に適正に合った人間が4人しか居なかったというのが妥当かと思います。

混成部隊は4-1でボール1ってのは辛いかもですが
例として
G04+G05のツーマンセル
キャノンのスリーマンセル
を1部隊とした変則5機編成みたいなものは
ガンダムの世界じゃよくあることなので、ボールじゃなくてなんか飛び回ってる系かもですね
それとも索敵係りなのかも???

WB隊もガンダム+キャノン×2+コアブースター×2の5機ですしね(笑)<むりやり
2007/11/09 (金) 12:34:56 | URL | スウ #-[ 編集 ]
死亡していなければ「不死身」の名は通るので、
むしろ5人目は負傷してた、って考えることもできるかも。

その場合、もう本来助かりそうにないような状況で、
奇跡的に生還したんですよ。
それで余計「不死身」の名前が轟いた、とか
そういう妄想はどうでしょう?(笑
2007/11/09 (金) 14:20:05 | URL | zsphere #mgsj5vwc[ 編集 ]
>コンラッドさん
一応MGインストでジム×3ボール×2という例があったもので、あり得ないわけではないかなと。
でもボールが1機だけというのはちょっとおかしいですね(苦笑)

センチネルってそんな部隊構成でしたっけ。
3機で1中隊ってことは、小隊にMSは1機でそれ以外に戦闘機とかってことでしょうか。

>スウさん
ガンダム世界だと、5機小隊が全部編隊を組んで行動するというわけではない感じですよね。
それでも4-1はちょっと変則的ですが…仰るように索敵係くらいでしょうか。

>zsphereさん
名前だけが一人歩きするというのは良くあることですし、実は一人瀕死だったけど生きてたから「不死身」でOK!ってのもアリですね。
本当はジム×3ジムキャノン×2で、その中で1人負傷したために終盤はジム×4になったという考え方も出来ますし。
5人目は知る人ぞ知るという感じで、濃いマニアだけが知ってる存在だったとか考えるとそれはそれで面白いです(笑)
2007/11/09 (金) 21:20:48 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>3機で1中隊ってことは、小隊にMSは1機でそれ以外に戦闘機とかってことでしょうか。

劇中でも3機で構成された部隊を「中隊」と呼称していますから、センチネルでは部隊構成の最小単位が「中隊」となってるのかも知れません。
ペズンの叛乱時における特殊な編成なのかな?とは思うんですが…。
(エイノー艦隊や本星艦隊も同じ構成なので)
グリプス戦役~第一次ネオ・ジオン戦争時の連邦軍の軍組織の構成ってあまり文字設定とかでありませんからね…。

まぁ、シャアの叛乱時における両軍の部隊構成なんかはHJの別冊などで書かれてますが、さすがに「公式」とは言い難いのでw
2007/11/09 (金) 23:50:15 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
センチネルもあんまり深く考えていなそうなので、何とも言えないですね。
グリプス戦役以降の軍組織の設定がないのは、やっぱりそういう設定を作りたくなるだけの土壌になっていないからなんでしょうね。
一年戦争の設定だって初めからあったわけじゃなくて、後からいろんな人が付け加えてきた結果なわけですから、そういう人が以降の作品には現れなかったということで。
2007/11/10 (土) 20:56:05 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/09/02 (金) 22:05:08 | | #[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.