がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
機動戦士ガンダムOO #3「変わる世界」
 なんかこう、淡々と話が進んでいくように見えますね。ダイジェスト映像というか、劇場版の1st、Z、∀をTVアニメで分割して見ているような気がします。
 決してつまらない、これはおかしい、という点があるわけではないのですが、ぐっとくる演出やドラマがあるわけでもない、というのがここまでの単純な感想です。
 でもまぁ、Vガンダムも最初の4話はプロローグだったしなぁ…。それに比べると、ずいぶん世界情勢が動いているような気がします。ダブルオーは、キャラクターの物語よりも、もっとマクロな世界情勢の動きに注目してみる作品なのかもしれません。

 つーかグラハムさんとの戦闘がアバンタイトルで終わるとは…遭遇戦ですから簡単に終わるわけないんですが、ビームサーベルが隠し武器として機能するガンダムって珍しいですな。クロボン的というか。
 「俺に触れるな」は刹那の代表的な台詞のひとつになりそうですが、これはやっぱり「俺がガンダムだ」と呼応していて、刹那にとってガンダムエクシア=自分ということなんでしょうね。彼が何らかの理由でガンダムに乗れなくなったりしたら、その時がドラマの始まりのようにも思えます。
 でも、グラハムの愛の矛先(笑)も刹那ではなくガンダムに向けられていますし、どこかガンダムを擬人化する演出が目立つような気がします。単純に女性ファンへの配慮?なんか、乙女座がどうこうとか、ちょっと女性に媚びすぎてるんじゃない?って気もしました。いや、自分も乙女座ですが…(爆)

 しかしガンダムマイスター4人はほんとにロックオン以外がみんなクール系で、絵にはなるけど話として展開するのが難しそうに見えます。今のところ、ティエリアは刹那をあまり認めていない、ということだけは分かりますが。彼前回レイみたいだっていいましたけど、ちょっと五飛みたいなところもありますね。
 プトレマイオスはガンダムを動力源として動いてるんですね。戦艦がエネルギー源だったナデシコとかとは真逆の発想ですが、GNドライヴって本当に凄いものなんだなぁ。

 ユニオンは本格的にガンダムの研究を進めているようです。きっとそのうち、「ヴァーチェの攻撃が効かない!?」的なアンチガンダム部隊が登場するに違いない。デュナメスを上回る射程!エクシアを上回る格闘戦能力!キュリオスは思いつかないけど(笑)、部隊の正式名称は当然死の旋風(以下略)
 でもあのユニオンの教授…「~じゃ」ってお前…今時スーパーなロボットの博士だってそんな風に喋らんよ…

 今回は戦闘については毎回入れてくれる予定みたいですね。人革連のエースとの戦いはなかなか面白かったです。つーかそれ以外は戦闘と呼べるものではありませんでしたが。
 戦闘にしてもそうですが、人間ドラマよりも設定や舞台背景の解説が重視されているように思えて、どうも設定厨が作ったガンダムというか、なんかアストレイ小説版をそのまま映像化したような、そんな雰囲気がするんですよね~。4人のガンダムマイスターのヴィジュアルでそれを強引に中和しているような雰囲気さえあります。今までのガンダムは、先にドラマがあって、背景の解説は話が進む中で少しずつやっていくという感じ(設定解説は資料本任せ)の作り方でしたから、まずは背景をがっちり固めて、というやり方はちょっとガンダムでは珍しい展開といえますね。

 しかし、日本のバカップル(?)、何のために話にいるのかと思っていたら…刹那のお隣さんかよ!つーか刹那に家とかあるのかよ!しかも日本かよ!と、ようやく笑顔で突っ込みを入れられる要素が出てきたなぁ、と思いました(笑)これはあれか、刹那くん寝取りフラグか!SEEDだと最初からくっついてる男女は必ずハッピーエンドにならなかったからなぁ。

 何にせよ、ソレスタルビーイングという謎の組織の人間にようやく外部の人間と接点が出来たわけですから、話はこれからというところでしょうね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
そういえば、00の設定考証をしてるのは、アストレイの千葉氏でしたね。
戦闘シーンがアストレイの小説の映像版であるというのも、彼の影響が少なからずあるのかもしれませんね。

にしても、その千葉氏もフレイムアストレイズに、00の本編と外伝3つと、合計して5つの仕事を掛け持ってるんですよね。
よくネタが枯渇しないよなあ、あの人・・・。
2007/10/21 (日) 18:22:53 | URL | おおあばれ乱堂 #-[ 編集 ]
>もっとマクロな世界情勢の動きに注目してみる作品なのかもしれません。
その流れはありますね、現実にも世界大戦というよりも紛争の過激化が注目されていることから、
その方面で行くことが描きやすかったのでしょう。
見ていてもギリギリの線で書かれていて、
苦労してるなぁと思いますが悪い方向ではないと思いますよ。

>人革連のエースとの戦いはなかなか面白かったです
頭掴みで破壊を狙ったのはあの機体らしい(笑)無駄にパワーはありそうですね。
他にもフラッグカスタムも劇中で登場しそうですし
MSのデザインは最初は嫌いでしたが段々慣れてきました。何故かユニオンフラッグが好きですw
後小説みたいな感じは私はさほど感じませんでした
今はタメの段階でこれから爆発という流れで作っているのかもしれません。

>何のために話にいるのかと
一般人の代表者を表現していると思われます、いわば傍観者的立場な人達ですね。

>つーか刹那に家とかあるのかよ!
たぶん隠れ家的扱いでしょう。
でもあの偶然さというは嫌いじゃないです、もしかしてあの彼もソレスタルビーイングに入隊かw
2007/10/21 (日) 19:21:51 | URL | CRS #-[ 編集 ]
ちゅうさが惜しかった。
もうちょっとで
「エクシア討ち取ったりぃいい!」
だったのに…。
ま、そうなるワケは無いんですが。

しかし、プトレマイオスは4機のガンダムからエネルギーをチャージしてるんですね。

これはやはり、4機のガンダムは過去に作られていて、いまだGN粒子の技術がわかって無い(いわば古代兵器みたいな?)「オーバーテクノロジー」状態なのかと思いましたが、ただ単に充電してただけだったんでしょうか…。
2007/10/21 (日) 22:17:45 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
>おおあばれ乱堂さん
シナリオに直接介入しているわけではないようなので、
設定はともかく描写についてどこまで千葉氏の意見が反映されているのかはわかりませんが、
なんか作り方が似ているな、という気がします。
千葉氏にとっては外伝も含めてダブルオーの世界として設定を作っていると思うので、
4つの作品を掛け持っているという感覚ではないのかもしれないですね。
むしろ、SEEDの時と違って自分が仕切れるわけですから、ある意味やりやすいと感じているのかも…。

>CRSさん
今までのガンダムは基本的には二項対立でしたが、
今回はちょっと三国志的な視野で作っているような感じもありますね。

>MSについて
ガンプラもかなり早い段階から量産機を投入していますし、
今回はガンダム一辺倒じゃないぞというところを見せてくれるのがいいですよね。
結局メカは活躍次第ですから、今後も魅力あふれる活躍を期待したいです。

>一般人の代表者
彼らは明確に日本人、つまり視聴者の視点を意識していると思いますが、
そこに全く別世界で育った刹那を絡ませることで、
双方に化学反応が起きるような気がしますね。

>もしかしてあの彼もソレスタルビーイングに
ガンダム04は彼の愛機に!ってことにはならなそうですが(04は外伝枠のような気がするので)
彼の姉がマスコミというのも何か意味があるのかもしれませんね。

>コンラッドさん
Gガンダムならあれでよかったんですがね。
中佐殿はガンダムファイターになったらよかったのかもしれませんが…
という冗談は置いておいて、
GN粒子は、多分あの過去の発明者が関係してるんでしょうね(ミノフスキー博士のポジション?)。
それこそエネルギー問題に一石を投じる要素になりそうですが…。
2007/10/22 (月) 14:11:56 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.