がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
MGジムのインストを読み込む
 GMのバリエーションがどうしても上手く整理できなくて、色々と考えてしまっています。ここは原点に立ち返り一つ一つの資料を吟味していくことにしました。ということでMGジムのインストからチャレンジ。
 MGジムのバズーカラックは結構好きなんですが、ザ・ライド以外の作品にちっとも出てきませんねぇ。

 公国軍のMSの威力を目の当たりにした連邦首脳陣は、兵器としては未成熟であったにも関わらず、研究途上のMSの開発と投入を早々に決定した。計画では、RX-78の機体の完成を見て量産される予定であったものが、その開発途上の研究成果を元に試験的に量産され、相当数の機体が先行試作及び量産という形でロールアウトするという状況が生まれた。連邦軍製のMSが、開発初期の段階で互換性の低いバリエーションを多く持つのはこのためでもある。

 「ガンダム開発→ガンダムでテスト→量産化」という手順を踏むはずだったのが、ガンダムの開発途上でもう量産型MSの設計に入っていた、ということでしょうか。各種ジム系はもちろん、量産型ガンタンクなんかもこの過程で生まれた機体なのかもしれません。

 さらに、一旦議会を通過した整備計画を実行するため、性能的な期待値には大きな幅が設けられ、部隊や管轄の違いによって、デザインや性能にかなりの差異が存在することにもなった。そして、これらの機体は便宜上RX-79系に分類され、この機体を基にした量産型の機体も少数ながら量産され、オデッサ作戦の発動までの期間に導入されていると言う。

 この記述は明らかに陸戦型ガンダム/陸戦型ジムのことを意識している文章であるといえます。しかしそれだけではなく、明らかにRX-79が複数種存在することを示唆している文章でもあります。今のところ、オデッサ以前に実働状態にあったジム系といえば陸ジムのほかには(E)型しかありませんので、(E)型の母体となったRX-79…見た目はほとんどヴァカガンにしか見えない79系ガンダムがあってもおかしくない、ということになるのでしょうか。
 しかし「整備計画を実行するため」に「デザインや性能にかなりの差異」が設けられるというのもよくわからない理屈です。単純に来るべきジオン本土への侵攻作戦の主力機となりうるMSがどのようなものかを選別するために、競作に近い形で複数のパターンのジムを開発・検討するという計画だったんでしょうか。

 本格的な高性能機である"ガンダム"と、その母艦である"ホワイトベース"が完成する頃になると、展開地域や運用用途による量産機の差別化が検討されるようになっていった。そのため、開発拠点による規格の違いが是正されていく一方で、生産性維持のためのマイナーチェンジが一般化していった。そんな状況の中、RX-78の実働データを基に、本来の整備計画に則って本格的に量産された機体がRGM-79ジムなのである。

 「開発拠点による規格の違い」というのはまさにジャブロー、オーガスタ、ルナツーなどの明らかに系統の違うデザインのMS群のことを示しているのではないかと思います。C型やD型はそのような規格が統一されているという記述もありますから、この文章は主に後期生産型ジムのことを示しているのではないかと思います。
 そして本来の「素ジム」は、このような「地域や用途による差別化」「規格の違いの是正」「マイナーチェンジ」といったものが全く施されていない状態のジム、と言いたいのだと思います。

 ただし、この機体の設計が完了する以前にも、同じ形式番号を持つ機体が存在する。基本的には、RX-78をベースとする機体を量産することが本来の量産計画であり、実際、各地の生産設備も暫時標準機の量産ラインに転換されていくものの、一部は性能向上のための研究拠点として温存され、独自の機体開発が継続していたと言われている。

 前半は陸戦型ジムのことを言っていると思われますが、後半はオーガスタのことを言っているように思えます。後者をオーガスタとするなら、前者は陸戦型ジムのことを言っているのではなく、アレックス~ジムカスタム系やジムコマンド系の先行試作機が素ジムの設計完了以前から始まっていたということにもなります。あるいは陸ジムもオーガスタ製か?
 しかし素ジムのことを「暫時標準機」と表現しているのも面白いですね。まさにストライクダガーというところでしょうか。戦後の標準機はジム改だったみたいですしね。

 同年8月、サイド7においてRX-78のトライアルが開始され、平行して進んでいた先行量産型の実戦配備も始まった。ただし、この時期に生産された試作量産機は、MSそのものの検証と、既存の艦艇での運用試験及び生産ラインのモデルケースを模索するためのものでもあった。並行して戦線への投入も行われ、それぞれ独自のアピオニクスを持つ機体が少数生産された。これらの機体は、いわゆる激戦区や最前線に投入され、その際には、MSが稼動することが想定される最も苛酷な環境(地上では湿地帯や砂漠、宇宙空間では公国軍の制宙域など)に優先的に配備されたらしい。それらもまたMSの実働データを収集するためであったことは言うまでもない。

 これも(G)型や(E)型のことを言っているのだと思いますが…テストのために激戦区に送るってなんかおかしくないですか?一番撃墜率の高い場所にテスト用の機体を送るというのは…コアファイターも搭載してないのになぁ。苛酷な環境に送るってのはまだわかりますけどね。苛酷な環境なら敵も運用できないわけですから、戦闘に遭遇する確率はあまり高くなさそうですし。ジオンの宙域を苛酷な環境と呼べるかはかなり疑問ですけど。
 まぁモルモット隊とかあるので、生き残ったら上出来、いつ撃墜されてもおかしくないという前提でテストをしていたんでしょうか。撃墜されたら自爆が義務付けられていたとか…。それくらい急ピッチでないと開発が間に合わないということもあるのかもしれませんが。あれか、ドラクエとかで大陸の端の通常出現しない強敵モンスターを使ってレベル上げをする感覚か(笑)

 ほぼ同時期に、いわゆる「ガンダムを経由しない」MSも開発されていた。これらの機体はガンダムのための基礎設計を基に、基本的にはMSそのものを検証するためにワン・オフを前提にして試作されたもので、便宜上RX-79系というカテゴリーが与えられていた。(中略)そして、量産が決定されたことで、これらの機体は標準機のコードナンバーとして仮決定されていたRGM-79の制式番号が与えられ、峻別のため末尾に符号が追加された。それが後のバリエーションにも踏襲されることとなったのである。さらに、ほぼ同型の宇宙用Eタイプも存在するらしく、その戦闘記録も存在しているという。

 「ほぼ同型の宇宙用Eタイプ」という言葉がある以上、この文も陸ガン陸ジムの解説文であることがわかります(時期が時期だったのでしょうが、必死だなァ…)。ただ、この文はRGM-79系には「ガンダムを経由しない別系統機」と「ただのバリエーション機」の二通りがあることを明示しているといえます。デザイン的に考えれば、明らかに素ジムベースの機体(MSV出典)以外のジムは全て「ガンダムを経由しない」「ワンオフを前提に試作されたRX-79カテゴリーの」機体だった可能性があります。ジムコマンドやジム改のベースになったRX-79というのは真面目に考えられますね。
 というか、G-4計画機が78ではなく79だったら割といい設定だったような気もするんですが…。

 また、RX-78を陸戦に特化した場合を想定した先行量産型なども試作され、カテゴリーナンバーのRX-79が制式番号として与えられている。

 明らかに陸ガンのことですね。あれって「78を陸戦に特化した場合を想定した」機体なのか…それってどう考えてもピクシーのことだと思うのですが、あれは78系だからなぁ。

 これらの機体を開発した工廠は、本格的な標準機の量産機と共に生産ラインが転換される予定であったが、技術士官の要望などもあって、極端な設計変更や規格外品でない限りにおいて、独自の設計に基づく機体を試作、量産する認可を得たのである。それらの技術は標準機であるジムにもフィードバックされ、チューンナップや仕様変更のモデルケースとして多くのノウハウを提供していった。GM系のMSが、投入から3ヶ月前後の期間内に多数のバリエーションを持つのは、こういった事情も関係しているといわれている。

 これは後期生産型の解説に良く使われる文句ですね。実戦データはちゃんと標準機に反映させるから、複数の設計を試すべきだ!という風潮があったんでしょうか。ただ標準機に特別な技術がフィードバックされた機体ってあったかな…。スナカスは逆だし、ライトアーマーは他に似た発想の機体がないし。F型の陸ジムとか、C型のデータをフィードバックしたD型のことを言っているんでしょうか。

 RGM-79の頭部は、生産性の向上を第一義としている。基本的には"ガンダム"の頭部の構造を簡素化し、極力少ない工程で建造できるように、設計されているのである。

 ジムの頭部はガンキャノンのものの流用じゃなかったんですか…。好意的に解釈するなら、元々ガンキャノンの頭部自体がガンダムのものを簡略化した設計だった、ということになりますが。

 近接武装として非常に有効である頭部バルカン砲などは、装弾数が増量されており、基本的には近距離射撃及び近接戦闘や白兵に主眼を置いた設計に変更されているということが出来るだろう。さらに、運用目的によって改装が簡便に行えるよう、各端末の配置などが改善され、いわゆるカスタム化やチューンナップが用意に行えるよう配置されている。

 ジムの頭部はガンダムより幅が小さくなっているので、バルカンの弾数が増えているようには見えないのですが、部品が小型化し、余分な内装機器を取り去った結果小さくなったということにしておきましょうか。
 ジムの頭部のカスタマイズといえば、C型やコマンド系は共通して、頬にインテークみたいなものが増設されているのが特徴ですね。あれは何の意味があるのでしょうか。

 RGM-79のコクピットブロックは、(中略)"航空機"としての機能が排除された分、RX-78が腰部に装備していたヘリウムコアやプロペラントタンクなどを内装することが可能となっている。(中略)生産工程や整備手順が簡略化されたため、機体そのものにコ・ジェネレーターなどの追加装備を施すだけで、出力のチューンナップや砂漠戦、狙撃任務などに投入するためのカスタム化が比較的容易に施せるようになった

 ジムはガンダムの腰パーツの機能を内装していたんですね~。それにさらに増設したスナカスはそりゃガンダム以上の出力だわな。

 その他に、ジムの部隊構成の一例が掲載されており、ソロモン攻略戦時の部隊の内訳が一部公開されています。その中にスナカスを隊長機とするジムコマンド部隊が…。
 一般にMSの小隊といえば3機という例が多いですが、宇宙艦隊所属のジムは5機1小隊だそうです。不死身の第四小隊は4人でしたが…実はもう一人いたのか?

 以上、ジムの複数設計は大戦末期に開発された発展型と考えるよりも、初期の段階ですでに複数設計されていたと考えた方がよさそうだということがわかりました。ジム標準型という呼称も分かりやすくていいです。これから素ジムのことを標準型と呼ぼう。

 つーか、MGインスト情報量多すぎ!
スポンサーサイト
コメント
コメント
>テストのために激戦区に送るってなんかおかしくないですか?

ご存知「ゼロ戦」の試作型である「十二試艦戦」は、当時の主戦場である中国の漢口で初陣を飾っています。実戦テストを兼ねての投入でしたが、同時に問題箇所を洗い出す作業も行われていました。
開発しているのが主力兵器の場合、実戦投入が急がれている等の理由である程度数がそろえば(試作機が数機でも)、戦線へ投入。
現場で問題点を洗い出し、後の制式生産型に生かす…というような事は実際の例としてありますね。

重戦車ティーガーやパンターなども同じく実戦投入を前倒しされ、主戦場に送られた挙句駆動系のトラブルでまともに戦闘ができなかったという記録がありますし。
(これはオデッサ戦において実戦投入されたジムが機械的トラブルに悩まされたという記述のモチーフかもしれません)

MGのインストを引き合いに出す場合、陸戦ガンダム(RX-79[G])は陸戦ジム(RGM-79[G])をベースにして生産された…というような説明がなされているのですが…。
(MG陸戦ガンダムインスト)
伸童舎もかなり思い切った事書いてますよね。
2007/10/14 (日) 23:32:53 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
ガンダム?
 『ガンダム』ていうのも実は曖昧な表現でRX78-2のみを指すのか、RX78-1系も含まれているのかもっと言えばセカンドロット系まで含まれてしまうのか、わざと含みを持たせているっていうのもあるんでしょうけど。
 少なくても素ジムはMSV等の記述からRX78-1が開発母体となっているのは明らかですし、陸ガン及び陸ジムも全くの別設計というのは効率悪すぎて考えにくいので、最低限RX78-1の設計は踏まえているのではないかと考えています。(長くなるので詳細は省きますが、最近マドロックに改装される前の6号機って陸ガンの開発母体だったんじゃないかという仮説を考えて
います。)
 個人的にはRX-79ナンバーは陸ガン系独自のもではなく、量産化を前提に制作されたMS共通のナンバー(キャノン系は別)ではないかと思います。つまり素ジムのプロトタイプはRX-79(A)と表記されるんじゃないかと。
 RX-78系は技術試験機でRX-79が系量産化検討用試作機て感じなんでしょうね。GMがGundam type Mass-product modelの略ならば、陸ガンはまさしく『GM』なわけですし。
 >(E)型の母体となったRX-79 
自分も実機の存在は別にしてセカンドロット系ガンダムの共通素体(設計)としてのウ゛ァカガン風の機体は十分想定し得るのではないかと考えます。(自分は(E),C型はセカンドロットベース説なもんで、)
 >ジムの頭部
陸ジムの頭部は素ジムに比べてガンダム的意匠を強く残していますよね。好意的に解釈すればジムの頭部はガンダムの構造を簡略化した上にRX77系のゴーグルカメラを採用いたもで、陸ジム→素ジムの段階で更なる簡略化が行われたということになりますかね。 
 >宇宙艦隊所属のジムは5機1小隊 
元々劇中のホワイトベース隊の編制(MS3機戦闘機2機)が根拠となってできた設定で、MSV時代ぐらいまではジオンは一小隊3機連邦は5機といわれていたけど、ゼータ放送後は5機説は死設定になったのかと思っていたのだけど、1年戦争時代限定の編成ってことでまだ生きてるんですかね。逆に言うと08のコジマ大隊も当時はまだ運用可能なMS数が少なかった条件の下での変則的な編成だったんじゃないか。普通に考えるとせいぜい中隊規模だし。
 後、最近ポケ戦ジムはアナハイムあたりでOEM生産された後期型ジムじゃないかと考えてるんですが。つまりセンチジムが連邦軍純正のGS型で、ポケ戦のジムコマンド宇宙用がOEM版のGS型じゃないかということです。これだと戦後のことも含めてけっこういろんなことが説明しやすくなるんだけど。
2007/10/15 (月) 02:27:59 | URL | 旧人類 #2.fBOm0Q[ 編集 ]
>「ガンダム開発→ガンダムでテスト→量産化」という手順を踏むはずだったのが、ガンダムの開発途上でもう量産型MSの設計に入っていた、ということでしょうか。

そこでMSV1/144のプロトタイプガンダムの解説「これら(註:ガンダム4~8号機)はほぼ素体のままで種々の冷却システムを持たぬままRGM-79の母体となった。」という文章が活きてきます。

この文での「RGM-79」を、いわゆる素ジムに限定せずにジム系全般と捉えなおすことでガンダム1~3号機が宇宙に上がってサイド7やルナツーでバージョンアップしつつ実用試験がされていたのと平行して、ジャブローで4号機以降を用いてさまざまな量産型の検討が行われたと解釈ができます。

旧人類さんの投稿にもあるように陸ガン/陸ジム系やサンダースJr.搭乗のジムも、このときに4号機以降のいずれかを弄くった結果開発された、
とすれば、「08小隊」発表当時にあった「ガルマザビの葬式の時期にすでに多数の連邦製MSが存在するのはおかしい」というツッコミは難なくクリアされますね。
(個人的には、サンダースのジムについては1号機~3号機が宇宙に上がった際にルナツーにてRX-78-2仕様をベースに開発が開始されたと見ていますが)。

2007/10/15 (月) 14:54:09 | URL | エイザムス #-[ 編集 ]
>コンラッドさん
なるほど、実際の例は確かにあるわけですね。
陸ガン陸ジムあたりはまさしくその例に当たるのでしょうし、
標準型ジムの場合は1次生産型がそれにあたるんでしょうね。
ジムコマンドもほとんど実験を兼ねた実戦でしか運用されなかった(本格量産に入る前に終戦)のかなと思います。

>旧人類さん
「ガンダムを経由しない」というのは実働データを反映していないという意味で、
設計面に関して全くRX-78系を経由していないということはないと思います。
セカンドロットがジム系の亜種の母体となったという考えも分かります。
カトキデザインである4,5号機がジム改系の母体で、6号機は陸ガン系やアレックスの母体、7号機か8号機がジムコマンド系の母体と妄想するのもアリですね。

>陸ジムの頭部
MG陸ジムのインストだと、基本構造はそのまま素ジムに受け継がれたとありますが、バルカンの有無など「全く同じもの」ではありませんので、
ジムが元々はガンキャノンからヘルメットを取り外したようなデザインになっていることを踏まえて、
頭部に限っては陸ジムをベースにガンキャノンの部品を流用してコストダウンを図ったのがジムと思いたいところです。

>連邦軍の小隊
単純に宇宙軍と陸軍で編成が違うのかなという気もします。
Z以降のガンダムはまともに小隊を組んで行動していること自体が少ないので、なんとも言えないですね。

>ポケ戦ジム
C型系列とD型系列が純正とOEMの関係というのは確かにそうかもしれないなと思います。
ただD型系列は、どちらかというと
「一部は性能向上のための研究拠点として温存され、独自の機体開発が継続していたと言われている」
という記述とリンクするのではないかと思うんです。
なので、ポケ戦ジムは「一部の地域で独自に開発されていた性能向上試験機」というローカルバリエーションで、
C型D型の分岐点から枝分かれした別系統の機体なのかな、と今は思っています。

>エイザムスさん
(E)型がルナツーで改装を受けた3機のガンダムのデータを反映しているのは間違いないと思います。
この系列が戦後の主力機になった=完成度が高かったという説明にもなりますし。
セカンドロットが母体と考えた場合は、セカンドロットは現状星一号作戦まで一度も宇宙に上げられていないはずですので、
それをベースにした量産試作機RX-79(E)?がルナツーに打ち上げられ、
ルナツーにある3号機までのガンダムのデータと合わせて開発されたとも考えられます。
2007/10/15 (月) 18:50:40 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.