がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ルロイ中尉とシャア大佐とアムロ大尉の「今月の模型誌07.09」
シャア「なんだ、今回は初めからお前がいるのか」
アムロ「ダブルオー宣伝部長たるこの俺がやらねば誰がやるというのだ、シャア」
シャア「知らん。放映開始は来週だろう」
アムロ「フ…今週は宣伝番組があるのだ」
ルロイ「あぁ、なんかガンダム好きの芸能人が集まるとかなんとかってやつですね」
シャア「そういえばお前のものまね芸人がいたな」
ルロイ「若井おさむでしたっけ?」
アムロ「そうだな。彼のおかげで俺の知名度も上がった。ありがたい限りだ」
シャア「ネタにされてもなんとも思わないのか?」
アムロ「『ガンダムさん』のお前よりましだ、シャア」
シャア「ぐ…私には何故ものまね芸人が現れないのだ」
ルロイ「声が独特ですからね~」
アムロ「それにお前のコスプレをしたらただの変態だ」
シャア「フ…私はパイロットだけをやっているわけにはいかんのでな」
ルロイ(パイロット兼変態なのか…)

アムロ「というわけで、ホビージャパン、電撃ホビーマガジン共にダブルオー特集だな」
ルロイ「女性キャラクターの胸がずいぶん強調されている気が…」
シャア「まったくけしからんな。女性は胸が大きければいいというわけではない。むしろ大きくない方が」
ララァ「大きくなくてすいません、大佐」
シャア「ララァ!?いたのか!?」
ララァ「ええ、先週から」
アムロ「だが、確かに俺たちの時代の頃は、セイラさんやミライさんがバストを露わにしていたにも関わらず、あまり大きくは描かれていなかったな」
シャア「それがリアルと言うものだ。最近の女性キャラにはリアリティがなくて困る」
ララァ「ところでこの前寝言でミーアとか言ってましたけど何ですか?」
シャア「なに!?それは………マンマミーアとでも言っていたのだろう」
アムロ「お前イタリア人だったか?」
シャア「宇宙世紀に国境はないのだよ、アムロ君」
ララァ「ラクスに足りなかったのは胸だとか言ってましたけど」
シャア「…サボテンの花が咲いている」

ルロイ「えーと、まぁダブルオーは始まってみないとなんとも言えないということで」
アムロ「CMではファーストガンダムみたいなガンダムが月光蝶みたいなものを発生させていたような気がするが、気にしてはいけないぞ」
ルロイ「4機のガンダム以外の試作機とかですかね?ダブルオーってナンバー00のガンダムってことだったりして」
シャア「そういえば、今回も外伝はいろいろと展開されるようだな」
アムロ「ホビージャパンではMSVが、電撃ホビーマガジンでは作中より過去の物語が展開される。ガンダムエースでも漫画をやるぞ」
ルロイ「また千葉・ときたコンビみたいっすねぇ。MSVが大河原氏ではないのは、ちょっと楽しみですけど」
シャア「そもそも大河原氏はメカデザインに参加しているのか?」
アムロ「クレジットには入っているが、少なくともガンダムのデザインが大河原ラインではないことはわかるだろう」
ルロイ「SEED初期5体の線の細かさを引き継いでいる感じがいいですよね。また後半になればなるほど手抜きになっていくのは勘弁願いたいです」

シャア「そろそろホビージャパンの内容に触れていこうか」
ルロイ「作例は高機動型ゲルググに…四足ゾックキター!」
アムロ「これは一撃で落とせる気がしないな…」
ルロイ「予想通りやってくれましたね。編集部ではゾック後期型と呼ばれているそうですが」
シャア「もしゾックがMAとして量産されていたら…というifの機体ならあり得ると思うがな」
ルロイ「次は…パーフェクトガンダム…あれ、これだけか?」
アムロ「今月はダブルオーに力を入れているからそれ以外の内容が薄いようだな」
ルロイ「じゃあ、新商品ネタいきますか」
シャア「MGデスティニーは非常にいい出来だ」
ルロイ「でも配色のせいかな、とてつもなくおもちゃっぽいですよね」
シャア「色など塗り替えればよいのだ。赤くな」
アムロ「議長専用デスティニーか」
ルロイ「レコードブレイカーみたいになりそうだ…」

シャア「ところでその次のMGがユニコーンガンダムらしいのだが」
ルロイ「思い切ったことやりますね。フルクロスの先出し手法が成功したんでしょうか」
アムロ「だが、どういう構造になっているのか見てみたいという気はある」
シャア「サイコフレームを使っているらしいからな」
ララァ「ところで、これには大佐みたいな人が出ているようですが」
シャア「フ、ゼクス・マーキスといい、ラウ・ル・クルーゼといい、私の真似をしたがるものが多くて困るよ」
アムロ「サザビーの後継機みたいな機体に乗っているようだな」
シャア「私の再来を名乗るなら、ナイチンゲールの後継機にでも乗ってもらわねばな」
アムロ「そんなこと言ってるとほんとにやりかねんぞ」
ルロイ「HGUCはヤクト・ドーガ以降のラインナップが出ていませんね」
アムロ「新作TVアニメがやっているときは仕方のないことだ」
シャア「クェス・エア専用機なのか…」
アムロ「確かに、ネオジオンではパラヤの姓は名乗っていないからな、間違ってはいない」
シャア「しかし年末にはサザビーが待っているに違いない」
アムロ「何を言っている、νガンダムに決まっているだろう」
ルロイ「意表をついてリ・ガズィという可能性もありますけど」
シャア「ふむ、次かどうかは別として、サザビーとνガンダムのどちらが先に出るかは気になるところだな」
アムロ「ではどちらが先に出るか勝負するか?」
シャア「フ、いいだろう。だが勝負を決めて何をするつもりだ?」
ララァ「負けたほうが勝ったほうに服従するというのは?」
アムロ「面白いアイデアだけど、俺が勝った場合はともかく、俺が負けても面白くない気がするな」
シャア「では、勝ったほうがララァとデートできると言うのは?」
ララァ「却下」
アムロ(だ、ダメなのか…)
ララァ「じゃあ、負けたほうはギャル文字で喋るということで」
シャア・アムロ「えぇー!?」
ルロイ「いいんじゃないですか?」
アムロ「ララァ、君はギャル文字が分かるのか」
ララァ「年齢上は女子高生よ?」
シャア「1979年の時に、だがな」
ララァ「…」
シャア「じょ、冗談だララァ」
アムロ(凄いプレッシャーだ…)

ルロイ「電撃ホビーマガジンでは、アストレイの新シリーズが始まりましたね」
シャア「ハイペリオンの量産型はアクタイオンの押し売りによるもののようだな」
ルロイ「ファントムペインがそろそろやばいということに気づいたんでしょうかね」
シャア「それはともかく、アストレイのグリーンフレームというのは…」
ルロイ「プロトアストレイの生産数、いつのまにか3機から5機に増えてるんですが」
アムロ「また設定変更か。人は同じ過ちを繰り返す…」
ルロイ「つーことはもう1機あるはずなんですが、何色なんでしょうね」
シャア「イエロー…ではゴールドとかぶるか。ブラックかピンクではないか?」
アムロ「最近の流れではホワイトというのもあり得る」
ララァ「何の話です?」
ルロイ「戦隊物の話かと…」

アムロ「AOZはこれで最終回なのか?」
ルロイ「ウーンドウォートすげー、という感想しか出ませんね」
シャア「裁判編は読んでないのか?」
ルロイ「どうせきっと単行本が出るし…」
アムロ「俺がエゥーゴに参加していなければ、これに乗れていたのかもしれんな」
シャア「宇宙に上がるのを怖がっていた君では、無理だろう」
ララァ「私に会うのが怖かったのよね?」
アムロ「何故ララァがそれを?」
シャア「私が教えたのだ。あの頃の情けないお前の話を全てな」
ララァ「フフ…ベルトーチカさんは元気?」
アムロ「シャア、貴様…!」
シャア「カミーユに嫉妬していたとは情けないぞ」
アムロ「何を、貴様などカミーユに殴られたくせに」
シャア「それは新訳でなかったことになった」
アムロ「レコア少尉とのくだりはどうだ?」
ララァ「…レコア?誰でしたっけそれ」
シャア「それは…」
アムロ「バカめ、ゼータ時代は貴様の方が情けない描写は多いのだぞ」
シャア「…私はギルバート・デュランダルだ」
ララァ「そういえば、結局ミーアって誰なんです?」
シャア「だからマンマミーアだ」
アムロ「マンマミーア…ララァは母になってくれるかもしれなかった女性だったな、シャア」
ララァ「えぇ?」
シャア「き、貴様それをララァの前で言うのか!」
ララァ「嫌ですよ大佐の母親なんて」
シャア「……!」
ルロイ「あの、大佐が真剣にへこみそうなんでそろそろやめてあげてくださいよ(汗)」
アムロ「そうだな。そろそろ勘弁してやるか」
ララァ「冗談ですから、気にしないでくださいね」
シャア「勘弁してくれないか、君たち…」

ルロイ「ところで、逢坂浩司氏が亡くなったとの知らせが…」
シャア「なんだと!?」
アムロ「ガンダムでは、VガンダムやGガンダムのキャラデザ兼作画監督だったあの人が…」
ルロイ「閃光の全キャラと戦記のジオン側キャラも彼のデザインでした」
アムロ「享年44歳…か」
シャア「哀悼の意を表し、総員敬礼」
ルロイ「ご冥福をお祈りいたします」
スポンサーサイト
コメント
コメント
>ハイペリオンの量産型はアクタイオンの押し売り
アクタイオン必死だなw

ロゴスが同社の大株主である以上、
経営悪化は避けられないので再生プランの一部として
量産型ハイペリオンを売り出したと
たぶんごく一部の配備だけで終わりそうですけどね
でもユーラシアは正式採用しそうです

アストレイは最初は3機製作した、また色々とデータが必要になったので
新しく新造したと思っています。
新型ストライカーパックも展開予定なのか?

ダブルオーがMSVねぇ・・・なんかパッとしないですな
最初はガンダムの試作検討型でスタートか?
2007/09/26 (水) 19:59:30 | URL | CRS #-[ 編集 ]
アストレイは当初5機の予定で何だかんだで3機だけが登場ってんだったと思いましたが
5機目はカイトがプロト機の部品だけ持ってたりするんで、もしかしたらバラバラになってたり…
ハイペリオンGは結局どれくらいの数が量産されてるのか気になる所で
しかしバインダーが片方だけってバランス悪そう…
2007/09/26 (水) 20:53:10 | URL | わんこ #2DdjN05.[ 編集 ]
HJ誌でのマスオ氏によるパーフェクトガンダム、あんなに流用パーツそのままでも完成すると違和感なくなるのはさすがです。
過去作品のバウズィ(バウ+リ・ガズィ)にしろ、作風がすごい飛びぬけてる感じがいいです。
個人的には濱薫氏の再登場を希望するところです…。
モデルグラフィックスでも、一応ダブルオー登場ガンダムのキットレビュー&作例をやってましたね。にしても、一応通例的にやった感がぬぐえないのがアレですが。
まぁモグラは巻頭の「ゼロ戦」がメインであり、今回はあまり他のコーナーが目立ってなかったというのもありますね…。

電ホは買ってないのでスルーです(AOZとか、どうでもいいってのがホンネですが…)。
2007/09/26 (水) 21:40:20 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
>アストレイは当初5機の予定で何だかんだで3機だけが登場ってんだったと思いましたが
自分は持ってないので断言出来ませんが
ASTRAY3巻で千葉氏がコメントしてると某掲示板で読みましたね。
それによると後一機はグレイフレームだとか。

ユニコーンガンダムの単行本を買いましたが展開が遅い分
メカ描写や社会描写は多くて満足出来ました。
ただ設定オタとしては巻末などでMS紹介ないと寂しく思いますね(やはり設定本は別売りか……)。
2007/09/26 (水) 22:21:57 | URL | ゼロウ #-[ 編集 ]
問題はグリーンフレームのパイロット……ゴールド、レッド、ブルーは個性でまくりですからね……シンのように喰われるのか…それとも……

アクタイオンもそれ見たことかって言う感じで猛プッシュしたきたんでしょうね……その割には連合軍はウィンダムやらダガーLを使い続けて結局敗戦同様……これじゃあ、ザフト所かオーブにも勝てません(笑)
2007/09/27 (木) 12:20:06 | URL | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo[ 編集 ]
>CRSさん
ハイペリオンの配備状況は今後のユーラシアの立場にもよるでしょうね。
連合軍から完全に独立するのかどうかというところで。
このあたりは劇場版も含めてどういう世界情勢になるのかなというところでしょうか。

ダブルオーMSVは、意外と敵メカも力を入れているように見えるんで、
ガンダム一辺倒にはならないと思いたいですね。
とりあえず空いている04をどこで使ってくるのかってところですけど。

>わんこさん
初期設定がいつの間にか正式設定になったみたいですね。
当時は、本編もガンダム5機だから外伝も5機にしようという感じだったのでしょうか。

ハイペリオンGのバランスは確かに悪そうですねぇ。
でもまぁ、そのあたりはジムキャノンやザクキャノンが通った道ですから…。

>コンラッドさん
マスオ氏はかなりリファインを加えていながら立体栄えするカッコいい仕上がりになるのが素晴らしいですね。
そのうち彼だけでガンポン作れそうな気が。

モデグラは本屋に売ってなかったのです。
なんか付録付きらしいんですが…バカ売れしたんでしょうか。

>ゼロウさん
確認したところ確かに無印3巻に書いてありました。
でも企画段階ではそうだったというだけで、ソキウスのMSは本来ストライクになるはずだったっていうのと同レベルの語り口ですけどね~。

ユニコーンも買ったんで、ちまちま読みながら感想も書いていこうかなと思います。
最初の方はどちらかというと、物語よりも世界観の補完に力を入れている感じですね。

>YF-19kさん
Dもデルタも初期3機の主役には到底かないませんでしたからね~。
キャラの魅力をどう出すかというのは難しいでしょうね。
なんとなく、今回だけで見るなら世界観がCEである必要があまりないのが気になるところですが…。

アクタイオンはアドゥカヌーフのMAに追いやられそうだったんで、
ユーラシアに逃げたということも考えられますね。
2007/09/27 (木) 19:26:53 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.