がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
1/144ザク強行偵察型、ザクフリッパー
 インストというかキットごとゲットしてしまいました。この2つは店頭でもほとんど見たことないんですよね~。

 単にMSVのインストを集めたいからという理由だけで入手したんですが、思った以上に重要な記述があってびっくりしました。

○ザク強行偵察型
 カラーリングにはノーマルカラーと暗視迷彩があるとのことなんですが、ノーマルカラーって普通のザク色のことなんでしょうか。塗装例の青やグレーはどちらも暗視迷彩のように書かれています。
 強行偵察型もフリッパーも地上でも運用されたとあります。空からでは確認できない複雑な地形の偵察に使われたんでしょうか。
 個人的に気になったのは、各部の名称のところで脚部側面に空いている穴が姿勢制御バーニアとされている点ですね。今でこそMG設定でザクの脚部にはバーニアがある(アニメの作画では省略されていただけ)ということになっていますが、強行偵察型の脚部は普通のザクよりも明らかの太めに描かれており、またこの機体だけはちゃんとバーニアが描かれているとなると、やはり普通のザクとは違う仕様の脚部なのかな、と想像できます。そこで出てくるのがF2ザク。この機体はデザイン上明確に脚部にバーニアが描かれています。そのことを踏まえると、E型とF2型の脚部(膝から下)はほぼ同じ構造だったりするのかな、と思います。
 F2型って、ギレンの野望やカードビルダーだと、S型と同じスペックの量産型っていう扱いなんですよね。E型はS型の推進エンジンを応用しているという設定ですが、E型→S型→F2型という技術のスピンオフもあったのかなぁなんて思います。

○ザクフリッパー
 MS-06Eが当初はRMS-06だったという設定はここからだったんですね。また、しっかり「バスノーズ」という単語が登場していますが、フリッパー専用装備のように書かれていています。ただポケット百科だとE型全般の装備という感じだったので、プロジェクトZに載ってるやつも設定上矛盾していないですね。
 ザクフリッパーは強行偵察型を改修して作られた(新規生産ではない)ようです。また、強行偵察型は機動力が高すぎるので、パイロットはヘビースーツ(耐Gスーツってこと?)を着用するとかなんとか。そういえばジオンのノーマルスーツって2種類ありますよね。ファーストに出てきたタイプと、0080や0083に出てきたタイプ。後者の方がヘビースーツだったりするのかな。でも後者の奴って確か、ファーストで作業員用のスペーススーツ(シムスとかが着てた)だったような気が…うーん。

 E型ザクだとどうしても気になるのが「角柱型の太腿」なんですが、この機体だけに限ってみれば、脚部の推力強化(というかプロペラント増量)のための形状変更でしかないのかな、と思います。E型系は普通のザクより脚が太い、ということを踏まえると、脚部全体が挿げ替えられている可能性もあり、そう考えれば太腿の形が違ってもいいのかなと。マリンタイプとの開発の前後関係はわかりませんが、マリンタイプは太腿がバラストタンクになっているので、このように太腿に副次的な機能を持たせるための措置が、角腿という共通点で現れているのかなと思いました。ザクキャノンも、脚部にグフ系の推進器を使用しているとのことですから、脚部の構造が見直されているということで、同じく角腿なのかもしれません。そう考えるとR型も角腿でいいような気がするんですが、まぁこっちは完全新規設計なんで他のザクとは違うぞと。

 そんなわけで、E型シリーズは実に奥が深いと思うのでした。
スポンサーサイト
コメント
コメント
>カラーリングにはノーマルカラー
・・・・緑と思いたいです。
理由はトラックバック参照(w

>強行偵察型もフリッパーも地上でも運用されたとあります

コレを肯定したのが08小隊小説のフリッパーだったり。
2007/09/22 (土) 06:56:37 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
「E型」いわゆる強行偵察型はすでに生産配備されているC型やF型から改修された機体だったのか、C型、F型の設計を流用し偵察型として新たにラインを設けた機体だったのか…どっちなんでしょうかね?

元々、偵察機ってのは既存の戦闘機などを改修してカメラを機体各所に搭載して配備されますが(RF-4EJやAr234C-4など)、旧日本海軍の彩雲、景雲のように計画当初から偵察機として開発された機体もあります。
緑系のノーマルカラーがあるって事は既存機からの改修機体があったんだろうなと思われます。任務の性質上、低視度塗装の方が有効だったので既存機からの改修型も途中塗り替えられた…ということで。(MSIGLOOの中途半端な偵察型も黒で塗られてますし)
にしても、地球で運用するとなると、ミノフスキー粒子散布下の有視界偵察任務や弾着観測などが主だったのではないでしょうか?

前線へ単身侵入してダブデやザメルなど、大型野戦砲の砲撃修正報告を行う為の機体…とか。E-3タイプのフリッパーシステム「ミノフスキー物理学を応用したシステム」とはどんなシステムなのかが気になります。

しかし、またもやサイバーコミックスで極地でジムスナイパーカスタムと銃撃戦を行うザクフリッパーが描かれてましたね…。
2007/09/22 (土) 19:42:44 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
>とっぱさん
緑なら緑でいいんですけどね、ザクキャノンにも緑があるみたいですし。
このあたり、ジオノでザク換装シリーズフルセットをノーマルカラーで出して欲しいですね(笑)

ザクは基本的に汎用だと思うので、地上でE型が使えないわけではないでしょうね。

>コンラッドさん
E型のインストでは「試作機がロールアウトした時点では」という表現から新規生産されたように思えますが、
E-3型のインストでは「MS-06Cを改造して作られたもの」とされています。
C型ベースのものは改修機で、F型ベースのものは新設計機とも考えられますね。
設定文全般を総合すると、改造機のようなニュアンスに受け取れる気もしますけどね。

E型の弾着観測というのはなかなか面白いですね。面白そうなシチュエーションです。
フリッパーのシステムはやっぱりミノフスキー通信系の技術なんでしょうね、きっと。

サイバーコミックスはほとんど持っていないんでなかなかフォローできていないんですが、
結構面白い短編もありそうですね。
2007/09/23 (日) 23:48:16 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
ルロイさんの所に便乗ネタ。 ジオノのザク強行偵察型が激しく欲しいんですが、アク
2007/09/22(土) 07:13:50 | 新訳・偽かげろう日記
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.