がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ペズン計画発動のタイミング
 最近「ガンプラシークレットファイル」と呼ばれるバンダイの小冊子を入手することが出来ました。これは種デス前半頃に作られたガンプラカタログの一種なんですが、その中で一年戦争~グリプス戦役のMSの系譜図が載っていました。
 ガンプラの冊子なんで、プラモ化されているMSしか載っていなかったんですが、面白かったのはガルバルディΒがシャア専用ゲルググから矢印が伸びていた点です。シャア専用の先行量産型だけ、「ゲルググ系」のカテゴリの外にあるんですが、その先行量産型から直接ガルバルディに繋がってるんですよね。それ以降の、量産型だのマリーネだのイェーガーだのから繋がっているわけではないんです。
 これって、ゲルググの先行量産型が完成した時点でもうペズン計画が始まっていたことを示しているのかな、と思ったのです。

 ペズン計画の機体は終戦時には試作機が一部完成していたようですので、スタートのタイミングは先行量産型ゲルググと同時期では遅すぎるくらいなんですが、例えばMGゲルググのインストでMS-11の初期案が後のアクトザクになったと書かれているように、すでに開発が始まっていた機体を転用する形で始まったと考えれば(事実ギガン以外は既存のMSの発展型)、まぁどうにか理解できるかなと思います。
 実際のところ、ガルバルディがゲルググ+ギャンである以上、ガルバルディがその2機の機体以後に開発されたことは確実であること、ゲルググ実戦配備後(12月)では遅すぎることから、遅く見積もっても先行量産型完成直後というのが妥当なんでしょう。形式番号を考えても、ゲルググがMS-14になってからMS-11がアクトザクの番号になったわけですし、MS-11としてのゲルググが完成した時点ではまだペズン計画が始まっていなかったと考えられます。無論、型番は後付けでその時点では別のコードで開発されていた可能性もありますが。
 また、アクトザクがゲルググ以降の主力機として開発されたという記述(MS-X発表当時のコミックボンボン)もあり、ペズン計画自体が、ゲルググが次期主力機と決まった時点(ゲルググとギャンのコンペ以後)での、その次のMSを開発するという目的があったと考えられます。ただ、ペズン計画の目的についての記述は結構微妙なものです。

 ペズン計画に関する資料は微々たるものですが、ざっと確認した限り、ペズン計画の目的について「膠着した戦局を打開するため(Zガンダムを10倍楽しむ本)」「連邦軍の星一号作戦に備えて(MS大全集)」という記述があるようです。中には、「連邦軍のMS5機分の性能を持つMSを作る(Bクラブ71号)」なんてトンデモ記述もあったりするんですが(しかも、試作機完成までに要した日数は42日だそうで)、いずれにせよ、ゲルググ以後ということも考えれば、連邦軍のMSに対抗するという目的が含められているのは間違いないでしょう。
 そこで思ったのが、ペズン計画自体が、連邦のV作戦(もしくはRX計画)に呼応する形で始まったのではないかということです。連邦軍のMSは、特定の軍需産業が開発したという設定がなく、連邦軍が主導権を握った上で、複数の企業が合同で開発したものと思われます。一方で、ジオンのMSは、MS-01の時点でジオニックとMIPの競作、その後も主にジオニックとツィマッドの競作と、単一の企業が主導権を握る形で開発されてきました。ジオンは、連邦が自軍の技術の粋を集めてMSを開発していることを知り、こちらも技術の粋を集めなければ対抗できないのではないかと考えたのではないでしょうか。総合力を結集したら、規模の大きい連邦の方が有利なのは明らかなわけですから。

 ゲルググの先行量産型がロールアウトしたのは0079年10月ですが、シャアがホワイトベースを初めて捕捉したのが9月15日。シャアが「連邦のMSは化け物か」と思ったのが18日。ここでシャアによって「連邦のMSやべー!」という情報がジオン軍の本部にもたらされ、その対抗策を考えるタイミングが、ちょうどゲルググ完成に近いんですよね。YMS-14のロールアウトが10月何日かまでは設定されていないですが、「シャアからの情報の入手・分析」→「対抗策の立案」→「次期MS開発計画の作成」という流れを考えると、長くても約一ヶ月という期間は極めてリアルなんじゃないかと思います。

 というわけで、ペズン計画は「連邦軍のMS開発計画への対抗策として立案された、ゲルググ以後のMSを開発する計画」だったのではないか?と思ったのでした。

 それにしても、ペズン計画の機体は5機ありますが、これらが競作関係にあったのか、それとも複合運用が前提だったのか、いまいちはっきりしないんですよね。ガッシャはリックドムとの連携を想定されているし、ギガンは明らかにほかのMSと性格が違う機体ですし。そういう意味では、ペズン計画は決して次期「主力」機の開発計画ではなかったんだろうな、と思いました。5機の開発目的については、またの機会に考えてみようと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
自動変換
> ここでシャアによって「連邦のMSやべー!」という情報が

ってトコが脳内で大和田秀樹著の「機動戦士ガンダムさん」のシャアに変換されました。
2007/09/04 (火) 12:07:19 | URL | スウ #-[ 編集 ]
あー、イメージしてたわけではないんですが、
潜在的にそう考えていたかもしれません(笑)

あの漫画のおかげでシャアというキャラの描き方に幅が出たなとは思いますしね。
2007/09/04 (火) 19:55:22 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.