がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ルロイ中尉とシャア大佐の「今月の模型誌07.08」
シャア「あまり久しぶりという気がしないな」
ルロイ「更新頻度が激減したんで…」
シャア「夏は休みが多いものだ、時間はなかったのか?」
ルロイ「むしろプライベートな用事激増、みたいな」
シャア「小説の更新もさっぱりだな」
ルロイ「ちょっとずつ書いてるんですよ、ちょっとずつ…」

シャア「とりあえず今回もホビージャパンからだな」
ルロイ「やはりダブルオーが前に来ていますね」
アムロ「当然だな」
シャア「アムロ、今月も来たのか」
アムロ「正式にナレーション担当と発表されたし、構わんだろう」
ルロイ「えーと、とりあえず新ガンダムはどんなものなんでしょう」
アムロ「やはりまずはFGだな」
シャア「ファーストグレード?あれはガンプラ何周年か何かの記念アイテムじゃなかったか」
アムロ「正式にHG以下の1/144モデルのレーベルとして承認されたのさ」
ルロイ「まぁ、SEEDのコレクションシリーズも実質FGと同等の質でしたしね」
アムロ「コレクションとか呼ばれてはいたが、やはりHGやMGと差別化するための名前が欲しかったのだろう」
シャア「そういえば、50円叩き売りのコレカオスを買い占めている人がいたな…」
アムロ「今回はそれなりに商業戦略を練っているだろうから、そうはなるまい」
ルロイ「なんか結構レベルが高いみたいですね。パーツ取りとしても使えそうです」
シャア「ダブルオー以外のキットでもFG化があってもいいかもしれんな」
ルロイ「そうですね。HGUCも段々ネタに困ってきたみたいですし、あり得そうです」

アムロ「それとSGというレーベルも生まれたらしいな」
ルロイ「SG?シーマ・ガラハウ?」
シャア「いや、シャア×ガルマだろう」
アムロ「お前の頭文字はCだろう、シャア…(汗)」
シャア「フ…監督も勘違いしたのだ、気にするな」
ルロイ「実際はスピードグレードでしたっけ」
アムロ「そうだな。1/200モデルだそうだが」
ルロイ「ハイコンプロと同サイズか…やはり、一緒に並べられるようなラインナップが?」
アムロ「いや…例によってRX-78だ」
シャア「バンダイは新ブランドをガンダムで始めなければならないという決まりでもあるのか?」
アムロ「それ以外で始めてこけた例があるんだろう」
ルロイ「HGUCは当たったけどなぁ」
シャア「最初はガンダムだけなのか?」
アムロ「いや…あとウイングガンダムが出る」
シャア「…何故にウイング?」
ルロイ「DVDと合わせてるんじゃないですかね」
シャア「そういうことか。そういえばファースト劇場版のDVDも、オリジナル音声で出るようだが…」
アムロ「そのようだな。若い頃の演技を見られるのは恥ずかしいが…」
シャア「だが、今となっては故人も多い。過去を振り返るのも、悪いことではなかろう」
アムロ「セイラさん………」
シャア「アルテイシア………」
ルロイ「あー、うー。しんみりしちゃったんで、とりあえずホビージャパンの内容を…」

シャア「ターンAにスモー、カプルか。順当だな」
ルロイ「それよりなんか変なMSが…」
アムロ「変なとは何だ、俺とチェーンのνガンダムだぞ」
ルロイ「一瞬永野版ZZかと思った…永野ファンの方ゴメンナサイ」
シャア「しかしこう来るとは、やはりホビージャパンは我々の想像の斜め上をいくな」
アムロ「しかし、こうして見ると意外と人型っぽいんだな。クスィーの前段階と考えればアリかもしれない」
ルロイ「うーん、まぁ、立体化しただけでも凄いですよねぇ」
シャア(サザビーは普通のバージョンで良かった…)

ルロイ「お、バンダイ製作のMGザクキャノン検討模型が出てますね」
シャア「古臭さとプロポーションの向上が同時に達成されているな」
アムロ「なんだこのMSは…」
シャア「アムロ、お前MSVを知らないのか」
アムロ「映像作品こそ公式だ。ガンダムの良さはドラマにこそある」
シャア「貴様…映像だけがガンダムではないことを、教えてやる!」
ルロイ「まぁまぁ、とりあえずザクキャノンの腕がグフそのままという解釈が一致してちょっと嬉しいです」
シャア「大きすぎる膝アーマーも、増加装甲と解釈されているようだな」
ルロイ「そっちはちょっと思いつきませんでしたね」
アムロ「これがザク…?頭部のパイプも排して、腕や足がグフになっていたりと、まるっきり別物じゃないか」
シャア「ハイゴッグよりましだ」
ルロイ「どんな超絶アレンジもその一言で解決できますよね(汗)」

シャア「新商品では、MGデスティニーがなかなかよさそうだな」
ルロイ「かなり立体栄えしてる感じですね。ストフリよりもシンプルでプロポーションもよく見えます」
シャア「光の翼がつかないようだが、やはりスペシャルバージョンの方か」
ルロイ「それだと、みんなスペシャルバージョンの方買いそうだな」
アムロ「他の商品はこまごまとしているな。ダブルオーにラインを取られているのがよく分かる」
シャア「SEEDの時もそうだったからな。しばらくUC物は色替えが続くだろう」
ルロイ「でもたまに出る新作が凄くいい出来だったりするんで、油断ならないですよね」
シャア「GFFではFAガンダムとパーフェクトガンダムがリニューアルか」
アムロ「こちらもネタ切れになりつつあるのがよく分かるな」
ルロイ「イボルブ版ガンダムとかやったら神なんですけど」

シャア「では、次は電ホビだな」
アムロ「こちらもダブルオーがメインだろう…何ッ!?」
ルロイ「AOZが最終回みたいです」
シャア「正確には次回の裁判編がラストだな」
ルロイ「結局、ウーンドウォートは強すぎるからという理由で破壊されたんでしょうか」
シャア「ちゃんと読んでいないので知らん」
アムロ「ガンダム形態はインレと呼称されるのか…俺がカラバに行かなければ、これに乗せられていたのかもしれないな」
シャア「こんなもので挑まれては、百式では勝ち目がないな」
ルロイ「上半身がファイバーIIで下半身はダンディライアンIIですか…しかもファイバーIIの中にキハールIIがたくさんいるし」
シャア「結局ビグウィグは一番仲間外れだったな」
ルロイ「でもヘイズルアウスラの最終形態がビグウィグのキャノン砲を使ってますよ。ファイバーIIを装着してるみたいですし」
アムロ「サイコガンダムなどで驚いてはいられなかったというわけか…」
シャア「アナハイムがZZやらディープストライカーやらを設計した理由がなんとなく分かる気がするな」
ルロイ「これがキット化したら凄いんですけどねぇ。フライルー以来音沙汰ないなぁ。まぁ、ダブルオーと重なると苦しいんでしょうけど」
シャア「ところで、間に合わなかったヘイズルの新型ハイゼンスレイだが、これの元ネタはなんだ?」
ルロイ「えーと…プリムローズの原名っぽいですね。メスウサギみたいです」
シャア「ということは、ヘイズルとは別人扱いというわけか…」
ルロイ「オードリーが乗るとそれっぽいですね」

アムロ「こちらもターンA特集があるな」
シャア「スモーにカプルに…こちらにはボルジャーノンもあるのか」
アムロ「ザクだろ?」
シャア「ボルジャーノンだ。モノアイが大きいだろう」
ルロイ「結構カッコいいですね…マッシブだし。こっちの方がザクよりいいなぁ」
アムロ「デニムやジーン機というより、ククルス・ドアン機のようだな」
シャア「ターンAには赤いボルジャーノンが出土しなかったのが残念だ」
ルロイ「出たところでジョニー・ライデン機だったりして」

シャア「アストレイの新作は電ホビ連載だったのか」
ルロイ「巻末のところに入るんですかね?量産ハイペリオンカッコいいなぁ」
アムロ「アストレイじゃなくてアストレイズ?スパロボOGのようだな」
ルロイ「時系列がどの変化分かりませんが、種デス時代なら小説に使えそうだ」
アムロ「ダムAからはリストラされたのだろうか…」

シャア「さて、次はモデグラに行くか」
アムロ「こちらもターンA特集なんだな」
ルロイ「お、富野監督のインタビューが…これはチェックしないと」
シャア「…なんだかんだで、監督もターンAのデザインには不満だったのだな…」
アムロ「ガンダムにはランドセルが必要、その通りだな」
ルロイ「月光蝶ってほんとにどこから出てるのか謎ですしねぇ」
シャア「ターンAが正座できることにプラモで気づく監督…不思議な図だな」
ルロイ「マジレスすると正座できるプラモは他にもあるわけですが、設定画の再現を重視したプロポーションであるにも関わらず可能だというのは、やはり元デザインが良かったからでしょうね」
アムロ「次の富野ガンダムではガンダムが正座するシーンがありそうだな」
ルロイ「ターンAのラインを継承してやりたいみたいですしね」
シャア「何にせよ、今監督がターンAをどう思っているかという意味で、このインタビューは読む価値があったな」
ルロイ「新訳Zを仕事と完全に割り切っちゃってるのがちょっと残念でした」

シャア「結局今後も居座るつもりか」
アムロ「そのつもりだ。というか、もはや貴様の時代は終わったといってもいいだろう」
シャア「まだ劇場版がある」
アムロ「いや議長は死んだだろ。これからはルロイ中尉とアムロ大尉のレビューだ」
ルロイ「えぇ、なんか自分が殺した人とやるのて微妙なんですけど」
シャア「そうはさせないぞ、なぁララァ」
ララァ「アムロ…大佐をいじめないで」
アムロ「ララァ!?」
ルロイ「やべ、修羅場の予感…それではまた来月!」
スポンサーサイト
コメント
コメント
どうも、初めまして!
いつも楽しく読ませてもらってます。

今月は∀が特に多かったですね。
∀の月光蝶はどこから出てくるのかが、本当に分かりませんよね。

アストレイの新作は電撃ホビーというのには驚きました。
ダムAはしばらくは00の方で特集したいのと、⊿での不評という要素から、アストレイを切ったのだろうと思われます。
⊿は本編での破綻が外伝にも色濃く影響されてしまった、アストレイシリーズ中、最も悲しい作品ですからね、はあ・・・。
今度の作品では、SEEDのMSVでずっと謎とされていたMSも登場するとの事なので、ちょっと期待してもいいかもしれません。

00のMSのキットは出来がいいと聞きますから、買ってもいいかなと思うのですが、何せプロデューサーがあの「サヨク」「朝鮮総連の犬」「売国奴」とネットで非難を受けていることで有名な竹Pですから、少々不安です・・・。
2007/08/28 (火) 13:00:51 | URL | おおあばれ乱堂 #-[ 編集 ]
量産型ハイペリオンと
多分あるんじゃないのかと思っていたらありましたよ。インド洋で投入すれば……結果変わっていたかもね。改めてジブリールの軍指揮能力の低いのが浮き彫りに……。

それにしても東アジアガンダムの正体が未回収のPOシリーズなら……まさしくSEEDの”幻のジオングの足”でしょうね……。
2007/08/28 (火) 14:34:59 | URL | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo[ 編集 ]
結局量産されてたのかよといった感じのハイペリオンの性能が気になるところで
見た感じでは最大の売り物だったビームシールドはなさげか?
可能性は低いけど発振器の形状が変わったというネタもあり?
ブルーもサードにバージョンアップするんだし
そろそろレッドも本格的に強化されて欲しい…
いやしかしあえて素のアストレイを残す事に価値があるのか? うーむ
2007/08/29 (水) 11:28:45 | URL | わんこ #2DdjN05.[ 編集 ]
>おおあばれ乱堂さん
はじめまして、書き込みありがとうございます。
外伝はどうしてもアニメ本編の出来に左右されますから、
そういう意味ではデルタは本当に不遇な作品だったと思います。
結局、本編のエピソードと絡められたのは序盤だけでしたしね。
途中でスターゲイザーの宣伝漫画になってしまったのも、作者とは別の意図を感じました。

TBSの某Pについては、断片的な情報しか知らないのでなんとも言えないのですが、
多分SEEDの大西洋連邦が必要以上に悪として描かれたり、物語と関係ないところで大統領が死んだりしているのは、
なんとなく彼の意思なのではないかと感じますね(笑)
ダブルオーについても、アメリカ側の陣営が最終的に悲惨なことになりそうな気がしますが、
そのせいで物語が台無しになるようでなければ、まぁいいのかなと思います。

>YF-19kさん
ユーラシア連邦が大西洋連邦と対立状態になったために開発が再開された、
というのが今回のハイペリオンだと思うので、
なかなか種デス本編の時点で投入するのは難しかったんじゃないかと思います。
まだ試作機しかないみたいですし。
東アジアガンダムはいい加減出てくるんですかねぇ。

>わんこさん
あんまりよく見てなかったんですが、光波シールドなさそうでしたか。
ソリドゥス・フルゴールのようなよりコンパクトなタイプに変更されている可能性もあるのかなとは思います。

レッドフレームは刀一本で戦うダイゼンガー的な機体なのだ、ということなんでしょうかね。
事実上はジャンク屋の作業用MSとして運用されているんで、
あんまりパワーアップするのもおかしいということもあるのかもしれないですけど。
単純に主役ガンダムの1つとして、パワーアップはほしいところですよねぇ。
2007/08/29 (水) 17:29:18 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.