がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ドムトロピカルテストタイプ増加試作機
 YMS-09Dドムトロピカルテストタイプは、プロトタイプドムに熱帯仕様の改修を施した機体である。北アフリカ戦線からの要望で開発されたもので、テスト運用の成果は良好であり、量産化が決定した。
 こうして完成したMS-09Dは、終戦間際の量産であったため配備数は少なく、また正規の量産機として登録されることもなかったが、十数機が実戦に投入されたと言われている。

 しかし、キャリフォルニアベースでは、量産型のMS-09Dとは別に、YMS-09Dの増加試作機が生産されていた。これは、熱帯地域であるジャブローへの侵攻が急遽決まったためである。
 量産型に熱帯仕様への改修を施すのではなく、あえて試作機を増加生産したのは、量産型であるMS-09Dは全機北アフリカ戦線に投入されており、また母体となるノーマル仕様のドムについても、アフリカ~アジアの地域に集中投入されていたために北米にはブルーボーンと呼ばれる部隊にしか配備されておらず、数を揃えることが出来なかったためであった。一から生産するのであれば、試作型と同仕様の方がコストが安く済んだのである。
 こうしてキャリフォルニアベースではYMS-09Dの生産が行われたが、結果的にはジャブロー攻略戦に間に合ったのは3~4機であったと言われている。
 間に合わなかった残りの機体は、支援砲撃用にキャノン砲を装備したバックパックを装着することで、MS-09Kドムキャノンとして実戦投入されたと言われている。機動性を生かした一撃離脱戦法を得意とするドムにはそぐわない仕様であったが、北米への侵攻作戦を開始した連邦軍を水際で迎撃する際には、一定の戦果を挙げたといわれている。

 …ってな感じでいかがでしょうか。気になるのは、ドムキャノン複砲仕様はサンドカラーに塗装されていることなんですよね。北米で生産したのなら、サンドカラーである理由はいまいちわからないんですが…でもザクキャノンも似たような色だったしなぁ。
 まぁ、北米大陸から脱出した部隊に搭載されていて、そのままアフリカに渡った際に塗られたと考えてもいいわけですけど。
 結局ハーモニーオブガンダムってどうなったんだろ(汗)
スポンサーサイト
コメント
コメント
>ドムキャノン複砲仕様はサンドカラーに塗装されていることなんですよね。

YMS-09Dの試験は「アリゾナの実用試験フィールドで行われた」と、講談社ポケット百科のイラスト解説には書かれてます。
アリゾナは地名が示すとおり「乾燥地帯」であり、一面の砂漠が広がる広陵とした大地が広がっております。そこを「熱帯砂漠の為のテストフィールド」と見立て、アフリカ大陸などに送る局地戦用機のテストを行っていたのではないでしょうか?

その際に、機体の追加装備(防塵フィルターや冷却装備など)の他に「サンドカラーによる低視度迷彩の効果」もテストしていたと思います。
よって、YMS-09Dベースのドムキャノンもサンドカラーに塗られていた…という事ではないでしょうか?

YMS-09Dはカラカル隊に送られた4機と、後に増加生産された30機(うち完成したのは20機)のうち10数機ほどが前線に送られたそうですが、その10数機がジャブローや他の戦線へ送られたんでしょうね。


>結局ハーモニーオブガンダムってどうなったんだろ(汗)

アクアジムのキット化は…。
2007/08/23 (木) 12:27:21 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
>サンドカラーである理由はいまいちわからないんですが
コンラッド氏と同じく、「熱帯砂漠の為のテストフィールド」説を支持します
現代のアメリカ軍も砂漠迷彩服を決定するさいに、アリゾナの砂漠を参考にしました
基地に近く砂漠に似たフィールドだったのでサンドカラーに塗ったんじゃないでしょうか?

>結局ハーモニーオブガンダムってどうなったんだろ(汗)
ダブルオーもそうですし、また戦場の絆がそれ程でもないから、アストレイと同じく保留になったんじゃないでしょうか?
でもファースト関係ですし、復活する可能性はSEED関係よりあると思いますよ
2007/08/23 (木) 19:01:04 | URL | CRS #-[ 編集 ]
>試作型と同仕様の方がコストが安く済んだのである。

この辺りが弱いかなぁと。何故にWhy?
私はデータ取り用に都合が良い(各種モニタリング装備有り)ので増加試作されたに一票。
2007/08/24 (金) 20:34:53 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>コンラッドさん
なるほど。アリゾナでのテストで間違いなさそうですね。
単砲仕様は北米戦線に投入して、
複砲仕様は実験中だったという考え方も出来そうです。

>CRSさん
ザクキャノンも同様にテストされていたと考えられそうですね。

ハーモニーは既存キットの売上も芳しくなかったのかな、と勘ぐってしまうんですよねぇ。
正直、ドムキャノンは欲しかったです。

>とっぱさん
確かに苦しいんですよねぇ。
増加試作はジャブロー戦のためという理屈なので、
テスト用ではなく実戦用である理由を考えると開発工程上の都合しか考えられなかったのです。

でも、よく見るとポケット百科に「量産先行機」もD型に回収されたと書いてあるのですね。
実は増加試作機じゃなくて、量産先行機の再利用だったりして…
2007/08/25 (土) 19:38:11 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>試作機を増加生産した
こじつけになっちゃいますけど、ゼロ戦なんかは試作3号機以降の仕様を「11型(A6M2)」とし、その仕様で64機作られてます(細かな変更はありますが、ほぼ試作3号機の構造)。

このように、既存の機体への改修よりも、完全な新規開発として新たな機体(MS-09D)をラインに乗せた…と仮定すると、トロピカルテストタイプは「ザク→グフ」のような関係だったのかも知れません。
コストを抑える為…というよりも「順当な進化の過程で、トロピカルテストタイプを原型機とした」というのはどうでしょうか?

>CRSさん
マスコミの報道でも有名な「チョコチップ迷彩」ですね。あれはCRSさんが仰るようにアリゾナ等、アメリカの砂漠を参考にしてるそうですね。

その為、中東やアフリカの砂漠にはマッチせず、新たな砂漠迷彩が開発されたそうで…。
2007/08/25 (土) 22:14:33 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
>実は増加試作機じゃなくて、量産先行機の再利用だったりして…

昔日記ネタにしましたが、

「大戦末期に”D型オプションを量産先行型ドムに装備して追加生産されたドム・トロピカルテストタイプ”を改造」

と個人的に解釈しています。

2007/08/26 (日) 00:50:40 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>コンラッドさん
ゼロ戦はガンダム4号機とアレックスの関係でも挙げられていた話ですね。
後から増加試作されたと考えると変に感じますが、
すでにMS-09Dの配備以前に生産されていたと考えれば、
問題ないように思えてきました。

>とっぱさん
むしろ、増加試作機と量産先行機は同じ意味なのかも…言葉のあやというやつで。
2007/08/27 (月) 21:27:01 | URL | #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
とうとう、情報公開されたハーモニー・オブ・ガンダムの【MS-09K-1/K-2 
2007/08/26(日) 00:53:13 | 新訳・偽かげろう日記
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.