がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ヘビーガンダムの存在意義
 ヘビーガンダムは「フルアーマーガンダムの別案」という設定であるというのが一般的だと思うんですが、「ガンプラジェネレーション」を改めて読んでみたところ、「FSWSが極秘裏に進行した末に完成した機体」と書いてあることに気づきました。

 これは、「FAガンダムはプランのみで終わった機体とされていたけど」という前提の文章なんですが、やっぱりヘビーガンダムって「フルアーマーガンダムのデータを元に開発される予定だった後継機」だったんじゃないかなぁって思ったんですよ。

 そもそもFAガンダムの別案と言う意味では、下半身丸々ブースターとか腕に直接ビームサーベルが装着されているタイプとかがあったとされており、ヘビーガンダムはそれとは完全に別の機体だといえます。また、平行して提案された案なのにFA-78-2という型番になるのも変です。
 そもそも、「現存するガンダムに装甲を追加する」のと「装甲が強化されたガンダムを新たに開発する」のでは全く比較にならず、両者が比較検討されること自体がおかしいと言えます。やはり、フルアーマーガンダムという機体の次にヘビーガンダムが控えていると考えるべきでしょう。

 以前、ヘビーガンダムはアレックスと比較されるべきだと書いたことがあります。アレックスは(ピクシーとかの局地戦用の奴をを除いて)唯一後から新規設計されたガンダムであり、同じく新規設計されるべきであったヘビーガンダムと境遇が似ているからです。アレックスという名称は「装甲積層実験」の略だと言われていたり、FSWS案が存在していたりしましたし、例えばアレックスの2号機以降(NT-2とか)は、ヘビーガンダム仕様として開発される予定があったのかもしれません。

 いずれにしても、ヘビーガンダムはフルアーマーガンダムの後に開発されるべき機体だったと言えます。では、何故ヘビーガンダムはフルアーマーガンダムの別案だと言われるのか?ということです。
 もちろん、フルアーマーガンダム自体が実在を疑問視されている機体であり、不明瞭な機体の後継機などあるはずがない、これらは同時並行的に開発されたものだ、と考えることも出来ます。フルアーマーZZとファッツみたいな感じですね。しかし、そうだとすると引っかかる機体があります。それがFA-78-3、いわゆるガンダム7号機のフルアーマータイプです。

 もちろんこのFA-78-3も、FSWSの3番目のプランと考えることができますが、フルアーマーガンダムとヘビーガンダムは基本的には装甲が脱着可能か否かの違いしかないのに対し、FA-78-3はそもそもHFA-78-3重装フルアーマーガンダムまでの装備を前提とした、コンセプトが根本的に異なる機体です。フルアーマーガンダムやヘビーガンダムと同列の機体とは思えません。
 つまり、3種類のFSWS計画機は、平行開発されていたプランではないと考えた方が都合がいい、ということです。

 FA-78-3まで含めて考えた場合、一つの推測が成り立ちます。つまり、FA-78-1フルアーマーガンダムを始点として、FA-78-2とFA-78-3こそが平行して存在したプランなのではないかということです。
 本来、フルアーマーガンダムは、ガンダムの装甲と火力を更に強化するプランとして立案されました。その実用評価を現存するガンダムを使って行い、得られた結果を新設計のヘビーガンダムにフィードバックする予定だったと考えられます。
 しかし、その過程でフルアーマーガンダムにもう一つの運用法が提案されました。それは、増加装甲をパージ前提とした装備と考え、装甲脱着式の仕様をそのまま後継機に継承させるというアイデアです。そして、その実験機として開発される(はず)であったのが、ガンダム7号機だったというわけです。

 結果的に、ヘビーガンダムは廃案となったことがMSVコレクションファイルにて断言されています。また、フルアーマーガンダムまで廃案になったと断言されています。しかし、フルアーマーガンダムは実戦参加説も多いですし、ガンダム7号機はフレームレベルまでの開発は完了していたということになっています。いずれにせよ、増加装甲前提案が勝利したということになります。フルアーマーZZはパージ前提の装備だったことも、そのような事実があったからなのかもしれません(直接の関係はなさそうですが)。また、アレックスのチョバムアーマーもパージ前提の装備でしたし、あれは実はガンダム7号機の計画内にあった装備なのかもしれません。
 つまり、増加装甲の脱着可能か固定かという意味では、フルアーマーガンダムとヘビーガンダムも結果的には対立するプランになったと言えるのだということです。
 まとめます。

(1)ホワイトベースが素人の運用でオデッサまで生き延び、ニュータイプではないかという疑いがかけられる
(2)ニュータイプ部隊の特別機として、FSWS計画が立案される。
(3)FSWSの実験機として、オーガスタで開発されていたアレックスの流用が計画される(形式番号FA-78-1)
(4)FSWSの実戦投入が決定、アレックスではなくファーストロット及びセカンドロットのガンダムにFA-78-1の装甲を採用することになる(当初のFA-78-1案は一旦廃案になったということになる)
(5)更にFSWSの完成機として、ヘビーガンダムの設計が始まる(FA-78-2)
(6)一方で、新たな案としてFA-78-3のプランが浮上する
(7)星一号作戦が立案され、セカンドロットのガンダムのうち4~6号機はそれに伴う改修が行われることになり、ガンダム7号機はFA-78-3の母体となることが決定する
(8)FA-78-2は廃案となり、アレックスはNT-1として実戦投入決定
(9)終戦。FA-78-3は未完成のまま、開発計画はRX-81に引き継がれる。

 こんな流れなのかなぁと。「FA-78-1廃案後にFA-78-2が立案」というMSVコレクションファイルの記述を「FSWSアレックス廃案後にヘビーガンダム立案」と考え、「FA-78-1と78-2は平行して開発」を「ヘビーガンダムの設計と同時に現存するガンダムの利用が決定」とすることで、矛盾を可能な限り回避してみました。
 正直これだと、ホワイトベースがある程度生き延びてからのFSWS立案という、終戦までのタイムテーブルがとんでもないことになりそうな状態なんですが、アレックスの「装甲積層実験」の意味やアレックスFSWS仕様、ガンダム7号機を含めて考えるとこうするしかないのかなと思います。
 実際、実機が建造されたとされるのはFA-78-1しかないわけですし、計画レベルであればこれくらいのスピードでもなんとかなるかな、という感じです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.