がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ヒートロッドと海ヘビ
 ガンダム世界が誇る2大電撃兵器、ヒートロッドと海ヘビ。この存在意義についてちょっと考えてみます。

 まず、これらの武装が対MS用兵器であることは疑うべくもありません。戦艦にはちょっと電撃流したくらいじゃダメージを与えられないでしょうし、戦車や戦闘機に近接攻撃としてこのような攻撃手段をとるのはさすがに非効率的です。

 これらの電撃兵器は、機体を壊さずに内部からダメージを与えられるというのがポイントです。また、パイロット自身にもダメージを与えられるというのも特徴の一つです。これらの特徴に対MS兵器であるということを踏まえると、一つの推測が可能となります。

 つまり、電撃兵器は「MSを鹵獲するための装備」なのではないかということです。MSを破壊せずに無力化するメリットは、必ずしも鹵獲が可能になるというだけではありませんが(弾薬を消費することなく敵を倒せる、パイロットを殺さずにすむ可能性が上がる、機体を残すことで敵軍に回収の手間を与える…など)、グフとハンブラビという機体の開発環境を考えると、そう考えてもおかしくはない気がします。

 グフは連邦軍のMSが確認される以前から、対MS戦を考慮して開発された機体です。言い換えれば、いつ連邦製MSに遭遇しても対応できるように設計された機体です。そのような機体であれば、敵MSを無力化・鹵獲することが想定されていても不思議ではありません。事実、グフが配備されていたランバ・ラル隊では、セイラが搭乗するガンダムを鹵獲しようとしていました(実際にガンダムを捕獲しようとしたのはコズンのザクでしたが)。
 グフカスタムで仕様変更されたのは、純粋に鹵獲に使用するためとも考えられます。グフのヒートロッドは電撃兵器以外に、溶断兵器(というか、柔らかいヒートサーベル)としても使用可能でしたが、グフカスタムのものは完全に電撃に特化していました。これは、実際にジムが登場したのを受けて、それを鹵獲できるよう具体的な運用法を模索した結果なのかもしれません。

 そして、ハンブラビはティターンズが開発した機体でしたが、当時のエゥーゴとティターンズの戦闘は、少数精鋭による高性能機同士の戦闘が多く発生しており、両軍共に最新鋭機をすぐに実戦投入していました。ある意味では、実戦を利用した軍需産業のデモンストレーションだったといっても過言ではありません。そのような状況であれば、敵機の鹵獲も新技術の奪取という大きな意味を帯びてきます。これも、実際ヤザンのハンブラビが初めて海ヘビを使用した際、Zガンダムを無力化するために使用していました。レコアのメタスが割って入ったためにカミーユは無事でしたが、アナハイムの最新技術の塊であるZガンダムはティターンズとしては是非入手したいものであるはずで、Zガンダムの鹵獲を想定していてもおかしくはありません。
 …まぁ、ヤザンはどう見てもカミーユらを殺す気満々だったように見えますが、気にしてはいけない(笑)

 もう一つの可能性としては、「ガンダリウム合金に対抗するため」という理由が考えられます。ガンダムのルナ・チタニウムはザクマシンガンを受け付けないほど強固なもので、ビームを使用しない限り、正面からの物理的な破壊は困難という代物でした。そのために、電撃による内部からの攻撃という発想がとられたのではないでしょうか。
 そういえば、グフのヒートロッドはガンダムのシールドをひしゃげさせるほどの威力があったかと思います。それは電撃よりも溶断兵器としての側面が強いものでしたが、対ガンダリウム対策としてはそれなりに有効だったのかもしれません。
 ただこれだとハンブラビのほうがあまり意味がなくなってしまうんですよね。たしかにグリプス戦役の時点ではガンダリウムγがありましたが、ビーム兵器も普及していましたので、単純な防御力という意味ではそれほど脅威ではなかったかと思いますし。Iフィールド対策かな?

 アドバンス・オブ・ゼータでは、電流ワイヤーを用いてヘイズルを破壊するというエピソードがありました。ただ、これはほとんど奇策であって、特殊なケースかと思います。ドーベンウルフもマシュマーのザクIII改に同じような戦法を用いていましたね。
 これらの場合、突出した1機を数機で倒すために戦法としてとられていました。確実に動きを止めてから破壊するという発想ですね。電撃兵器は、確実に1機を仕留める場合にも有効なのかもしれません。

 以上のことから、電撃兵器は「敵を無力化し」「防御力を無視し」「敵機に確実にダメージを与えられる」武器であるといえます。これらの武器は確実に敵機を破壊する攻撃力が備わっていれば必要ないわけで、そういう意味でも鹵獲という目的が一番現実的かなとも思うんですが、劇中に確実にそうだといえる描写がないのがネックです。やはり単純に、火力に劣る機体が確実に敵機を仕留めるための、接近戦の切り札という考え方が妥当なところなんでしょうか。

 正直、単純に電流攻撃というのは悪の手先が使う攻撃手法の代表的なものというだけなんでしょうが、ガンダムなんで理屈でも考えてみましょうよ、という話でした。
スポンサーサイト
コメント
コメント
Vガンのビームストリングスも電撃武器のはずです

見てないのでなんともいえませんが(汗
それにしても何故70年も後にまた装備しはじめられたんでしょう?
2007/07/11 (水) 02:12:42 | URL | ファイバー #-[ 編集 ]
>ドーベンウルフもマシュマーのザクIII改に同じような戦法

ドーベンの腕試作案はヒートロッド仕様であったんで、その名残っぽいですよね。
2007/07/11 (水) 10:19:53 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
「敵の兵器を鹵獲する為の武器」というのはさすがに無理があると思うのですが…。
過去に敵陣営の兵器を鹵獲して、自軍で運用する…という例は多々ありましたが、それも基地を無傷で占領、その際に放置された兵器を再利用したり、自陣営の領地に不時着させた兵器を後方へ移送して解析…といった風に「場当たり的」なモノが殆どです。
中にはドイツ軍の新鋭戦闘機「Fw190」を奪取するために特殊部隊を編成したイギリス軍などがありましたが、通常兵器の兵装に「てかげん」を与えるのは有り得ませんね。
「鹵獲」というものは、あえて行うというモノではありませんし、敵の新鋭機を奪う…という事もリスクが高すぎてあまり実行に移すことはありませんでした。

日本軍などは「殺傷能力が過ぎる銃器は倫理に悖る」と、三八式歩兵銃の貫通力を抑えていましたが…。

やはり、「機体表面に過度の電流を流し、アビオニクスなどをカットオフしてしまう」武器と考えるのがよいのではないでしょうか?
流体パルス駆動だと、尚の事電撃武器が有効だったとか…。

そう考えると、MCA構造のF91などには非常に効果がありそうな気がしないでもないですが…。
2007/07/11 (水) 21:11:56 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
>ファイバーさん
そういえばビームストリングスもありましたね。Gジェネではずいぶん苦しめられました。
あれはコロニー内でのMS戦のための武器なんじゃないかな、と思います。
ザンスカールは当初はコロニー制圧から始めたようですし。
宇宙戦国時代ならではの装備といえるのかもしれません。

>突破さん
あの有線サイコミュハンドはヒートロッドの予定だったんですね。
ドーベンウルフって何気にスパロボすぎですよね、あれ…。

>コンラッドさん
やっぱり鹵獲は非現実的ですかね?
電流を流す暇があったらサーベルで斬った方が早いんじゃないか、と思ったので、
なにか特殊な運用目的があるのかな、と思ったのですが。
単純に動きを止められればいい、というレベルのものなんですかね?

MCA構造に有効というのはなんとなく分かる気がしますね。
そういえば、ギュネイはνガンダムの捕獲のために電撃を使っていました。
結果的にファンネルが敏感に反応し、ケーラの死に繋がってしまったわけですが、
あれもサイコフレームに電撃が直接作用した結果なのかもしれませんね。
2007/07/13 (金) 18:52:10 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
ガンダムを捕らえる為に用意した急造の電撃武器…というのならば、鹵獲を目的とした兵器とも思えなくもないですが、グフの標準兵装になってますからね。既に書きましたが、手当たり次第に相対した敵機を鹵獲をしていくというのは非常に非現実的であります。

電撃武器はリーチの面でもそうですが、それよりも「コストパフォーマンスに優れた近接兵装(の予定)」だったのでしょう。
人型ならば「完全に破壊」せずとも、他の方法で行動力を奪えば無力化できるので、その方法としてヒートロッドなどが生み出された…というルロイさんの電撃武器の用法は自分も納得のいくものですが、最後の「鹵獲の為」と結び付けている点が気になったので反論を書かせて頂きました。

いずれにしても、非常に「過渡期的」な武器ではあったと思います。
2007/07/16 (月) 00:58:48 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
手当たり次第に敵機を捕獲、という意味ではなく、
貴重な試作機や未知の機体に遭遇しても対応できるように、という意味なんですけどね。

基本的には実験的な意味合いの強い装備だったと思うんですが、
ファイバーさんがゾロアットのビームストリングスを挙げているように、
時代に応じて運用法が変わっていった兵器なのかな、と思います。
2007/07/16 (月) 21:11:31 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.