がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
コミック版ガンダム戦記
 古本屋で購入。ゲームはシナリオがないのがいいんだからシナリオ作るなよ!って思ってたので、当時はガンダムエースで流し読みする程度で済ませてたんですが、実はこれ、面白い。
 いや、連邦軍のMSの配備状況の背景とかは似たような設定の「ブルー(コミック・小説版)」なんかよりずっと丁寧に描かれてるし、変に細かくし過ぎて設定の網に引っかからずにちゃんとした内容を貫いていて凄くいいです。メカの使い方が上手いですよね。
 しかしメカ以上に、物語なんかSEEDや08小隊に似てる部分があるけどずっと勝ってる気が。てか、08小隊よりこっちをOVA化したほうが面白いんじゃないかと思うくらい(汗)
 夏元氏はやっぱりガンダムの漫画家としては逸材なんだなぁと思います。ちょっと間違えると途端に内容が安っぽくなる危うさもありますが、それはむしろシナリオ書いてる千葉氏のせいなのかな、と千葉氏が関わってないこのマンガを見て思いました。

 えー、陸戦型ゲルググとジムスナイパーIIの配備時期が早すぎるっていうのは、まぁご愛敬でしょう。こんなにスナイパー系が活躍してるマンガもないしなぁ。武装が武装なんで陸ジムのスナイパーに脳内変換してもいいし。ゲルググもかっこよく描かれてたしなぁ。
 まぁ、あのゲルググはきっとMS-11なんですよ、ということで(爆)ビーム兵器は試作型みたいな形状だしー、先行量産型以前の試作機ってことにしときましょう。ビーム兵器以外は割と早くから出来てたみたいだしな。スナイパーIIもジム系の外見的相違は開発部署の違いであって、仕様とは別問題ってことにすれば、あれは出渕素ジムのスナイパーカスタムでしかないと判断できていいんじゃないでしょーか。




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.