がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
カードビルダーのマイナー機体&出て欲しい機体
 カードビルダーには割とマイナーなMSがいくつも登場します(それがまたいいのだ)。ゲームにだってまず出ないようなマイナー機も登場するのが魅力の一つですが、一方でなんでこの機体がないのか!?というものもあります。そのどちらをも紹介しようという企画です。

20070614200404.jpg
RX-77-3 ガンキャノン重装型(ビーム砲装備)
 EBでの誤解以来、ガンキャノン重装型はデフォルトでビームキャノン装備であるかのように扱われることが増えましたが、カードビルダーではしっかり元設定通り、ガンキャノンIIと同じタイプのビームキャノンを装備しています。もちろん、通常タイプは実弾キャノンです。
 ゲーム上では、ノーマルの重装型と同じパラメーターで固定武装が違うだけなのですが、これを使うならより性能の良いガンキャノンIIを使うのが普通なので、まず使う人はいない悲しいカードです。更にコストが低くサーベルを持つジムキャノンIIが登場してしまったため、ますます存在価値がなくなってしまいました。まぁ、とっくに排出停止になってますけど。
 しかしこのユニットをカード化したこと自体が評価できる、と言えるでしょう。

20070614200428.jpg
RGM-79(E) 初期型ジム
 色々と物議を醸し出した、ジム改とほぼ同じデザインの先行量産型ジム。多分、設定画以外で明確にイラストが描かれたのはこれが初めてだと思います(ガンダムウォーに出てれば、別ですが)。このMSに「初期型ジム」という名称を与えたのもカードビルダーが初めてです。イグルーの「後期型ジム」と対になっている名称ですね。その「後期型ジム」という名称でのカード化は今のところないですけど。
 この機体はビームサーベルを装備していないんですが、サーベルラック自体はあるんですよね。ドライブできる出力がないというよりは、単にビームサーベルの生産が間に合っていないか、たまたま劇中のサンダース機が装備していなかっただけなのかもしれません。
 ゲーム的には、稼動当初は連邦軍のMS唯一の宇宙適性◎として、また先行量産型ジムと同コストでそれ以上の機動性を持つMSとしてそれなりに重宝されていました。ジムコマンドやジム改の宇宙仕様が存在する昨今では、さすがに使われなくなったと思いますが、サンダースに適性があるので、08小隊をあえて宇宙で使うような奇特な方の中には、使っている人もいるかもしれません。当然これも現在は排出停止です。

20070615011412.jpg
MS-06K ザクキャノン(ラビットタイプ)
 ザクキャノンの指揮官タイプ。ザクキャノンは試作9機が一つの部隊として運用され、その隊長がイアン・グレーデンだったとされています。となると、ザクキャノンの隊長機はイアン機しか存在しないはず…そう、これはイアン機なのです。事実、MSVのボックスアートには、イアン機と同じ機番のラビットタイプの後姿が描かれており、よく知られている緑色のイアン機は、通常機と同じカラーリングであった頃があったということになるのです。イアン機以外のラビットタイプのイラストは確か存在しないはず。そんな微妙な立ち位置の機体です。
 ゲーム的には、コストがイアン専用機より10安い分スペックも若干落ちた機体となっています。イアン機同様、通常機にはないビッグガンを装備しているので、イアン機を複数もってなかったり、専用機は専用のパイロットにしか乗せないというこだわりを持っている人であれば、こちらを使ったらどうかというレベルの機体です。これも排出停止。

20070614200438.jpg
MS-06R-2 高機動型ザクII2型
 何がマイナーかって、「緑色の06R-2」という機種は基本的に存在しないのです。あるとすればジョニー・ライデン、ロバート・ギリアム、ギャビー・ハザードに与えられた3機を除く残り1機なのですが、これはR-2P型であると思われ、最近ではR-2P型はRP型同様オレンジ色だと解釈されることが多くなっているからです。ただし、「緑色のR-2P」のイラストが存在していることから(今度のジオノでも出るみたいですね、緑色のR-2P)、テストカラー(オレンジ)の後に緑色に塗られ、R-2型に改修されたと考えれば、緑色のR-2が存在する余地は一応あります。それくらいマイナーな機体なのです(笑)
 ギレンの野望シリーズでは、緑色のR-2を量産することが可能ですが、これは量産型ギャン同様、「もしリックドムIIではなくこちらを採用していたら…」というifを再現したものと考えるべきでしょう。実際、コストパフォーマンスが悪すぎるので量産する人は少ないと思います(笑)
 ゲーム上では、専用機3種がすべて存在する上そちらの方がパラメータが高く、またロバート機・ギャビー機がコモンであるのに対しこちらがアンコモンであるという謎の仕様から、使う人はまずいませんでした。適正ないパイロットを乗せるにしても、専用機に乗せた方が強いですからねぇ…。当然これも排出停止。

20061120230342.jpg
MS-14B 高機動型ゲルググ(エース部隊仕様)
 以前ネタにもした、「ゲルググキャノンと同じ色の高機動型ゲルググ」です。このカラーのゲルググキャノンは一般機と言われているのですが、キマイラ隊にもこの色のゲルググキャノンが配備されていた節があるので、あながちエース部隊仕様という言い方も間違いではありません。
 この仕様はジオノグラフィのゲルググキャノンでしか商品化されていなく、また画稿もMSVポケット百科ジオン編の表紙くらいしか存在していません。極めてマイナーなMSです。
 ゲーム的には、ゲルググキャノンのパイロットであるトーマス・クルツとジェラルド・サカイが何故か格闘のパラメータの方が高いという仕様なので、彼らの能力を最大限に発揮できるように用意された機体といえます(適性も◎)。が、そもそもその2人を使う人自体が少ないんですけどね(笑)

20070614201546.jpg
MS-09R-2 リック・ドムII(ザクIIカラー)
 「0080」に登場した、コロニー内で運用されたタイプのリックドムIIです。これを「ザクIIカラー」と表現したのはカードビルダーが初めてだと思います。劇中の機体は単なる色違いのように扱われることが多かったのですが、このゲームでは陸戦用のリックドムIIとして扱われています。リックドムIIは無換装で地上でも対応できるという設定もありますから、設定上は間違っていません。ただ、地上用だからこの色なのか、というのは凄く微妙な感じですけど。
 先述したようにゲーム上は陸戦用で、ドワッジが登場しないことからドム系の最上位という扱いになります。ただしクロニクル限定カードということもあって所有者自体があまり多くなく、またジオンの地上はイフリートが主流となっているので、これもあまりお目にかからない機体です。砂漠で使うならトローペンの方が強いですしねぇ。


 マイナーMSはこのあたりでしょうか。ドアン専用ザクなんてふざけた仕様のカードもありますが、あれは外見上は普通のザクと同じだしなぁ。
 次はこれ出したらいいんじゃねぇの!?と思う機体を。

○ゲルググキャノン(ジョニー・ライデン専用機)
 一応設定上存在するんだし、ジョニーは射撃の方が高いので、結構ありがたいと思うんですよね。機動性の低さも、ジョニーの能力で帳消しできますし。スペックはゲルググキャノンエース仕様と同じで、適性を変えればいいだけですし、次のバージョンアップで追加してはいかがでしょうかと提案したいです。マツナガ専用イェーガーとのバランスを取るためにも、ね。

○グフ(ヴィッシュ・ドナヒュー専用機)
 これはネタにしかならないような気がしますが、以前はヴィッシュのグフに対する適性が◎だったのに、0083になって○に修正されてしまったので、これが出る伏線なのではないかと密かに思っています。
 外見はともかく仕様はほぼグフカスタムと同じなので、グフと同じスペックのグフカスタムという扱いでどうでしょう。コストはラル専用機と同じ90で。
 まぁ、グフカスタム自体使う人が少ないんで、こんなの出てもあまり使う人はいないでしょうけど(笑)

○陸戦型ゲルググ
 ヴィッシュとケンの適正機が先行量産型ゲルググというのはあんまりなので、いいかげん出しましょうよという機体。地上適性◎、固定武装にグレネードとミサイルという、かなり強力なユニットになるでしょう。連邦のGP01に対する対抗馬といった位置付けになりそうです。
 ただ、問題はコロ落ち版と戦記版のどちらでカード化するかで…いっそ両方でもいいんですが(笑)戦記版なら強化型ビームライフルに適性があって、固定盾付きという仕様になるんだろうなぁ、多分。

○装甲強化型ジム
 マドロック、ドムフュンフを出してこれを仲間外れにしちゃいかんでしょうよ。連邦版ドムとしてそれなりに個性のあるユニットになると思うんですけど、適性パイロットがいないこととジムカスタムだのパワードジムだのある中でこんなの誰が使うのよ、というイメージが拭えないのがネックでしょうか。コストはプロトタイプドムと同じ100でいかがでしょう。

○ジムキャノン(アフリカ戦線仕様)
 北米戦線仕様があるんだから、こっちも出そうよっていう。砂漠適性◎だし、デザートジムや陸戦型ガンダム砂漠仕様と小隊を組ませるとそれなりに絵になると思うんですが。

○ジムスナイパーカスタム(フランシス・バックマイヤー専用機)
 固定武装が2連装ビームガンになり、ハイパーバズーカに適性がついた(これ重要)スナイパーカスタム。固定盾がついたりしちゃったらもう最強なんだけど…さすがにそれはないのかな。カトキ版ならそれもありなんだけど。
 スペックはスナイパーIIに匹敵するだろうから、こんなの出たらみんな使いそうだなぁ。

 つーか、どれかオリカで誰かが作ってそう(笑)
スポンサーサイト
コメント
コメント
>「緑色のR-2P」のイラストが存在していることから(今度のジオノでも出るみたいですね、緑色のR-2P)、テストカラー(オレンジ)の後に緑色に塗られ、R-2型に改修されたと考えれば、緑色のR-2が存在する余地は一応あります。それくらいマイナーな機体なのです(笑)

そしてその直後、黒とピンクのデモカラーに塗られてしまったり(笑)。(ジオン軍ミリタリーファイル参照)


>ギレンの野望シリーズでは、緑色のR-2を量産することが可能ですが、実際、コストパフォーマンスが悪すぎるので量産する人は少ないと思います(笑)

宇宙では主力でしたよ。ザク縛りだし(w

>どれかオリカで誰かが作ってそう(笑)

ジョニゲルキャ冬コミでありましたな(w
2007/06/15 (金) 20:00:42 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>そしてその直後、黒とピンクのデモカラーに塗られてしまったり(笑)。

そんな塗装例があったのですね。黒とピンク…アイナザク?
そういえばR-2Pのカード絵を見たら、R-2の残り1機はR-2Pとは別物で、このP型がシャアの5号機になったんじゃないかとなんとなく思ってしまいました。色そっくりなんですもん。

>ギレンの野望のR-2
ザク縛りなら使わざるを得ないでしょうな(笑)
R-1Aとは性能段違いですもんねあれ。

>ジョニゲルキャ冬コミ
むぅ、欲しい(笑)
2007/06/15 (金) 23:24:09 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>R-2の残り1機

 あれ、残りの1機ってMS-06R-3(ザクⅢ?)に改修されたんじゃなかったでしたっけか。うろ覚えなので違ってたらすみません。

 
2007/06/18 (月) 13:30:15 | URL | SUGA.KEN #-[ 編集 ]
直接R-2がR-3に改修されたかどうかは明示されていなかったかと思います。
どちらにしろ研究用に残されたのは確かですけどね。
2007/06/18 (月) 23:24:53 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.