がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
TV版ファースト
 だいぶ前から少しずつ少しずつ見てます。最近は「再会、シャアとセイラ」まで。ゲルググのナギナタが真剣に見えるんですが気のせいですか?(笑)
 しかしこれを見ると、いかに最初のガンダムがリアルじゃなかったかがわかります。ガンダムは「リアルロボット」じゃなくて「リアルなスーパーロボット」でしかない、ということを本当に実感しますね。
 ガンダムのリアルってのは、ほんと「世界」と「人間」だけなんですよ。メカ的SF的なリアルは全て部外者の後付けに過ぎない。なのに後付け部分だけが肥大化したのがガンダムなんだなぁ。それなのにどうしてもガンダム以降のリアルロボっていうのはメカのリアルに偏る傾向がある。世界やキャラがリアルでも、メカがもっとリアルだから目立たない。でもメカのリアルをちゃんとしないとガンダム(の後付け設定)に慣れた視聴者には受け入れられない…そりゃリアルロボがガンダムから脱却できないわけですよねぇ。
 そう考えると、SEEDのリアルはガンダムのリアルに当てはまらないよなぁっていう。でもそれが売れる。なんかオタクの現実って感じですなぁ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.