がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
バーザム暴論
 バーザム(アニメ版)はとても変なMSです。何が変って、人体の構造になってないんですよね。とりあえず腰がなくて、手足は大きさも関節の位置もおかしいです。
 さて、手だけが大きいMSといえば、MS-06Zが挙げられます。あれは体がザクで手だけジオングだからそうなるのです。もしかしたら、バーザムも同じ感じなんじゃないか!?という資料的根拠ゼロの暴論。

 結論から言えば、バーザムの手足は本来サイコガンダム系のものだったんじゃないの?ということです。それを、ジャムル・フィンみたいに強引に完成させたと。
 元々バーザムは他の機体との接点があまりなく、なんでこんな機体が生まれでたのかかなり謎な機体です。モデグラの人たちはむりやりMk2の量産型にしちゃいましたが、それよりも「生産性を重視した急ごしらえのMS(ガザCみたいな)」としたほうが現実的かと思うのです。
 しかし無論、バーザムの手足は全然サイコガンダムに似てません。ちゃんと計ってないけど多分サイズも合わないです。だが、量産型サイコならどうだ!?あれはサイズ的には通常MSよりも大きく、サイコよりは小さいという半端なサイズの機体です。あれの設計を大幅に流用した機体だと考えれば、まだ説得力があるような気が…しません?(笑)
 ちなみに設定画を見比べると量産型サイコともぜんぜん似つかないですけどね。脚はフレームだけで考えれば似てるような似てないようなって感じですが、まぁ無理があることは明らかでしょう。

 でもカトキ版ならともかくオリジナルのバーザムはやっぱりMk2ともハイザックとも似てない変な機体です(なんか元々はMSとしてデザインされたわけじゃないらしいんで仕方ないんですが)。とりあえず構造の異質さを「急ごしらえだから」と言う理由にすると少しは説得力があるんじゃないの、という提案です。元の機体は、今ある設定で考えれば量産型サイコが一番適当なんじゃないか、というだけです。A.O.Zでなんとかしてくれんかね(笑)
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.