がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
レポート:ザクキャノンとハイザックの関係について
 MS-06Kザクキャノンは、少なくとも外観上、極めてベース機であるMS-06Jからの変更点が多い。砲撃用の頭部補助カメラや、全周式に改良されたモノアイ、そしてMS-07Bを参考にした脚部推進器や腕部アタッチメントは、実に合理的な設計変更だが、胴体の設計変更に関しては疑問が多い。
 これは内部構造が一般には公開されていないため推測の域を出ないが、MS-06Kの胴体構造はRMS-106ハイザックに酷似している。元々RMS-106MS-06系の発展型として開発した機体であり、胴体の設計に関してはMS-06K系統のものを流用したと考えられる。だが、それは一体何故なのだろうか?

 MS-06Kの胴体の主な特徴は、胸部に設置されたインテークと、特異な位置に接続された動力パイプである。インテークに関しては、MS-06Jに搭載されている空冷式ジェネレーターの冷却効率を更に高めるためのものであると考えられる。推進剤を噴射するバーニアの類である可能性もあるが、陸戦用の機体の場合、それは考えにくい。動力パイプに関しては詳細は不明だ。RMS-106のパイプはリニアシートへのエネルギー供給のためだと言われているが、無論MS-06Kに関してはそのようなことはないだろう。
 MS-06Kの胴体構造に関してはもう一つ、他の06系と違う点がある。それは背部ランドセルだ。06Kの場合、背部ランドセルには180mmのキャノン砲が備え付けられている。それだけではなく、このランドセルは06Jタイプと交換が可能であったと言われている。
 MS-06系におけるランドセルの換装例と言えば、マインレイヤーと呼ばれる機雷散布用パックが有名である。そのため、決してMS-06という機種が背部ランドセルの交換が不可能であるというわけではない。
 しかし、特殊な任務のために非戦闘宙域で使用されるマインレイヤーと違い、MS-06Kは試作機が全機実戦参加したという中で、ランドセルの換装テストが行われたと言われている。連邦軍の北米奪回作戦のさなか、いつ最前線に投入されるかわからない状況で行われていたそのテストのことを考慮に入れると、ゲルググのように簡単に換装が可能だったのではないだろうかと推測できる。そう考えると、06Kは他の06系よりも背部のユニット化が進められていた可能性があるのだ。独特な胸部インテークと動力パイプは、ランドセルのユニット化による設計変更に伴うものだと考えられはしないだろうか。

 そう考えると、06Kタイプの胴体構造がハイザックへ流用された理由も自ずと見えてくる。ランドセルのユニット化、これこそ連邦系MSとの互換性を確保するために都合のいい構造だったのではないだろうか。
 事実、RMS-106系は地球連邦軍の主力MSであるRGM-79とのバックパックの互換性を持っており、RMS-106用のパックをGM系でテストしていたことも確認されている。RMS-106の背部がユニット化されていることは明白であり、そしてMS-06系で同様にユニット化されているのが06Kだけであると考えれば、この両者の関係もそこにあると推測できるのだ。

 地球連邦軍のMSはほぼ例外なく胸部にインテークが設置されており、その点においてもMS-06Kが同様であったというのも、連邦系の設計を導入するにあたって都合が良かったのだろう。むしろ、胸部にインテークが設置されるような設計自体が、連邦系MSの設計思想に近いものであるとも考えられる。
 無論、インテークの位置関係には他にもMS-15やMS-08TXなどの例があるため、根拠としては乏しいのだが、いずれにしても背部構造と胸部インテークの相関関係に関しては、考察の余地があるのではないかと考える。

 とにかく、RMS-106の胴体の設計ベースにあえて06Kが選ばれた理由は、背部のユニット構造に関係があるのではないか、と考えるのである。
スポンサーサイト
コメント
コメント
>ゲルググのように簡単に換装が可能だったのではないだろうかと推測できる。そう考えると、06Kは他の06系よりも背部のユニット化が進められていた可能性があるのだ。

とあるゲルググの試作機(ガルバルディの先行量産型?)がザクキャノンに酷似した腕部をしていたとかいなかったとか(笑)。
そんなわけで、実は06Kはゲルググの腕部とか背部とかの設計の参考にもされたとか妄想していい?
2007/05/14 (月) 22:16:36 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
どうでしょうね~、ザクキャノンはキャリフォルニアで開発されたわけですが、
ゲルググはキャリフォルニアでの生産や配備の例を聞きませんので、
直接的な関係があるかはかなり怪しいところだと思います。

ただ、ザクキャノンの機体設計自体がザク系の中でもかなり新しい部類に入るとは思うので、
すでに本国で開発中だったゲルググのアイデアを借りている可能性は考えられますね。
なんと言っても、ビーム兵器の搭載を検討したくらいですし。
2007/05/15 (火) 18:45:38 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>ビーム兵器の搭載を検討
初出はビーム砲なんだよね、アレ。(ストーリーブック・大河原オリジナルバリエーションの4体)

>ザクキャノンに酷似した腕部
まぁ、あれはザクキャノンからの流用パーツなんで(w
2007/05/15 (火) 23:42:15 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
バックパックがユニット化されてるとバリュートパックの
装備も簡便にできそうですよね。
2007/05/16 (水) 20:54:30 | URL | カセクシス #6x2ZnSGE[ 編集 ]
>突破さん
>初出はビーム砲なんだよね、アレ。
あ、そうだったんですか。
それでビーム兵器の記述があるわけですね。

>カセクシスさん
ゲルググやザクキャノンにバリュートを装備することも可能かも知れませんね。
なんか変な妄想が浮かんできました(笑)
2007/05/17 (木) 14:56:20 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.