がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ゲームブック
○機動戦士ガンダム 最期の赤い彗星
○機動戦士ガンダム 灼熱の追撃
○機動戦士Zガンダム ジェリド出撃命令

あとはシャアの帰還…無理だ(汗)
ヘルメス三部作は実は三部そろえる必要ない予感。

○機動戦士ガンダム 最期の赤い彗星
 ファースト最終話後のシャアが、アクシズに旅立つまでの物語。CDAともつながっているように見えますが、この作品にはシャア専用ゲルググが搭載されていないことになっているのでちょっと矛盾します。
 ペズン計画のMSが実はサイコミュによる遠隔操作用MSでしたというのはさすがにトンデモですが、「MS-06R-2の幻の5機目」が登場することで有名な作品です。
 ちょっと選択肢をミスると即死というゲームバランスが素晴らしい。

○機動戦士ガンダム 灼熱の追撃
 一年戦争末期のアフリカ大陸が部隊という、ありそうで実は未だに存在しない外伝作品。リド・ウォルフやロイ・グリンウッドもどこかにいるはずなんですが流石に登場しません。代わりに本作オリジナルのエースパイロットが何人か登場します。そして、プロトタイプドムのパイロットだったフレデリック・クランベリーが大役で登場するという凄いシナリオ。
 実は戦略戦術大図鑑に反映されている(著者が同じ)ので、ギレンの野望に登場してもおかしくない(?)など、比較的公式度は高めです。特にトンデモ設定もないし。ただ、逆シャア以前の設定が整理される前に作られた作品なので、特にジム系の型番がかなり今の設定と違っています。
 物語的には、3通りの展開が用意されていて、最初の機体にでそのまま最後まで行くか、連邦の機体を鹵獲するか、砂漠戦最強のトロピカルドムに乗って戦うかという流れになります。後者になるほどフラグ立てが難しいですけどね。

○機動戦士Zガンダム ジェリド出撃命令
 ティターンズ訓練生のジェリドが、エマ、カクリコンと共にガンダムMk-IIのテストパイロットに抜擢されるまでの物語。フリーランニングスタイルのゲームブックなので、フラグ立てを無視して都合のいい選択肢を選べば先に進めてしまいます。
 オリジナルメカが多いのが特徴で、ある意味ではそれが最大の魅力と言っても過言ではありません。それもそこまでトンデモ設定ではなく、比較的整合性の高いMSが多いので見逃せません。イラストのある機体はほとんど存在しませんが、いつかビジュアル化してほしいなぁ…なんて思います。

 ゲームブックに関しては別項で専用コーナーを設けてるので詳細はそちらを参照されたし。灼熱の追撃は…そのうち更新します。
スポンサーサイト
コメント
コメント
>プロトタイプドムのパイロットだったフレデリック・クランベリー
>砂漠戦最強のトロピカルドム

この鉄のサソリ所属のトロピカルドムですが、クランベリーがトロピカルドムにも搭乗したという記述(Gジェネ系)を考慮すると、式典パイロット時のプロト1号機をそのまま受領して、D型仕様に改修した可能性も考えれますね。
2007/04/01 (日) 13:52:58 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
十分その可能性はありますよね。
実質破棄されていたのも、試作機で実戦には不要だったのかもしれませんし。
それを受け継いだジョン・クエストがクランベリーを討つと考えると、
感慨深いものがあります。
2007/04/01 (日) 20:33:14 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.