がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ギャプランの設定をいいかげん確定させよう
 フライルーとエリシアカスタムを辞典に追加しようと思ったら、そもそも根本のギャプランの設定が曖昧であることに気づいた。ここは手持ちの資料を駆使して考察してみましょう。

 資料の古い順に。
○ガンダムZZ&Z 保存版設定資料集(MJマテリアル)
 連邦軍が一年戦争後に全く新しいコンセプトで開発した空中戦闘用機である。(中略)通常のパイロットではGに対応できず、オーガスタのニュータイプ研究所に引き継がれ、パイロットとして対G仕様の強化人間ロザミア・バダムが搭乗する。

○機動戦士Zガンダム大事典(ラポートデラックス)
 オークランドのニュータイプ研究所製造された可変MS。(中略)しかし、そのGには一般人ではほとんど耐えられるものではない。これは元来この機体が強化人間用に開発されたためである。(中略)欠点としては、地球上で使用する場合、エネルギーを多量に使用するので機体のプロペラントだけでは不足してしまい、巡航中はブースターを使用しなければ航続距離が極端に短くなる事と、全方位スクリーンが不完全で真下がモニターできないことである。

○MS大全集(B-CLUB SPECIAL)
 連邦軍製可変モビルアーマー。本来宇宙用に開発された機体で、大気圏内では長時間の飛行は出来ない。

○MS大図鑑Part.2(ENTERTAINMENT BIBLE)
 ORX-005ギャプランは、アッシマー以上の運動性、火力を有する航空戦対応TMAである。(中略)だが、本来この機体は高高度迎撃用に開発されたもので、大型ブースターによって成層圏まで打ち上げられ、あとは半ば自由落下状態で戦闘するように想定されているため、さほどの問題ではなかった。推進システムは熱核ジェットであるが、後に開発された宇宙用では熱核ロケットに変更されている。

○データコレクション 機動戦士Zガンダム上巻(メディアワークス)
 本来は宇宙用に開発された機体であり、大気圏内では長時間の飛行は出来ないが、ブースターを装着すると、衛星軌道まで到達できる。

○HGUCギャプラン キットインスト
 ギャプランの稼動領域は中/高高度を主眼としており、ブースターの使用によって圧倒的な推力を発揮する。軌道上の防空システムが突破された場合の迎撃機(インターセプター)として、あるいは弾道を経由しての超音速侵攻も可能とされている。無論、さらに大気上層へ進出しての空間戦闘も想定されており、例えば降下部隊の母艦や艦隊の要撃も想定されていたと言われている。

○ADVANCE OF Z Vol.4
 ギャプランは北米のオークランドにあるニュータイプ研究所で開発された高高度迎撃用の可変MAである。


 もういろいろ矛盾しまくってるんですが、落ち着いて整理していくと実はそこまで矛盾しているわけではないことになります。
 まずオークランドとオーガスタについてですが、オーガスタは「運用」を行っただけで、「開発・製造」は間違いなくオークランドと判断して問題ないことになります(少なくとも、上記の資料の上では)。オークランドで作ったはいいが、機体にかかるGが強すぎて運用できなかった。オーガスタにはGに強い強化人間がいた(強化人間なら誰でもGに強いというわけではないのでしょう。強化人間の最大の目的はサイコミュへの対応であって肉体の強化ではありませんから)。だからオーガスタに使わせようということですね。オーガスタはバウンド・ドックとサイコガンダムMk-IIの運用も任されていますし、強化人間の人材は比較的豊富だったようですね。

 そして、宇宙用なのか空中用なのかという矛盾についてですが、これは「本来宇宙用だった」「本来高高度迎撃用だった」「後に宇宙用が開発された」という3種類のファクターが存在します。
 とりあえずEBを信じるならギャプランは熱核ジェット推進ということになるので、宇宙には出られません(熱核ジェットは大気を使うので)。しかもブースターで行けるのは成層圏までとなっています。しかしデータコレクションによるとブースターで衛星軌道まで上がれるとなっており、完全に矛盾しています。ただし、「成層圏まで=空戦用」「衛星軌道まで=宇宙用」と考えることはできると思います。
 HGUCでは「大気上層まで」という非常にあいまいな単語が使われています。どうも大気の上層とは成層圏を指すようなので、やはり宇宙用であるということはフォローされていないようです。
 以上を踏まえると、「本来は宇宙用であった」という設定がやや浮いているように思えます。しかしこれを、オークランド→オーガスタの移動と合わせて考えると、整理できるように思えます。つまり、オークランドが開発したときは宇宙用だったが、オーガスタにおいて高高度迎撃用に仕様変更されたということです。

 つまりこういうことです。
1.オークランド研究所が宇宙用可変MAとしてギャプランを開発。
2.ギャプランは高い性能を持つが、使いこなせるパイロットがいなかった。
3.ギャプランの運用をオーガスタ研究所に委託する。
4.オーガスタ研はギャプランを高高度迎撃用に仕様変更。
5.元々航続能力には乏しいので、ブースターを装着して無理矢理飛ばすことに。
6.パイロットにはロザミアが選ばれ、エゥーゴへの追撃に使用される。
7.やっぱりブースターでも航続能力に乏しいので、超強化版のファイバーを作る。
8.後に対G性能が強化され、本来の宇宙用として改修される
9.ヤザン、及びT3部隊で運用される。

 エリシアはどこのニタ研所属だっけな。宇宙用のギャプランのテストは彼女が行っていたのではなかろうか。

 矛盾を整理すると以上のようになります。矛盾していないのは「高高度迎撃に使用される」「そのままでは長時間飛べないのでブースターを装着する」というところくらいですね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
>オークランドが開発したときは宇宙用だったが、オーガスタにおいて高高度迎撃用に仕様変更された

ほうほう、ナイス全肯定!
2007/03/14 (水) 17:08:11 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
二つ矛盾があるなら組み合わせてしまえという強引な裏技を使ってみました。

MS大全集とEBで矛盾してるって、何やってるのバンダイって感じです(笑)
2007/03/14 (水) 22:13:53 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
オーガスタのサリッサ計画機は宇宙用っぽいですが、主流は迎撃用に改装ってことですね。
2007/03/15 (木) 23:26:29 | URL | カセクシス #6x2ZnSGE[ 編集 ]
サリッサ計画って何でしたっけ(汗)
多分オーガスタ仕様が熱核ジェットで、オークランド仕様が熱核ロケットなんじゃないかと思っています。
2007/03/15 (木) 23:43:06 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
> サリッサ計画
女の子を救うためにブースターで、成層圏?くらいまで
ギャプランを飛ばすって話だったと思います。
かなり昔のガンダムエース掲載の漫画です。
2007/03/17 (土) 18:23:25 | URL | カセクシス #6x2ZnSGE[ 編集 ]
そんな漫画があったんですね。
過去は短期連載のコミックがいくつかありましたから、その中の一つでしょうか。

しかしネタがグリーンダイバーズとかぶってますな、それだけ聞くと。
2007/03/19 (月) 21:35:08 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
お久しぶりです。ねも@出張帰りです。
「2.ギャプランは高い性能を持つが、使いこなせるパイロットがいなかった。」

一般パイロットの耐G問題
資料によってこの頃は2種の記述が…
「空間・宇宙格闘戦時のバインダーのスラスターによる急激な方向転換の際の
高機動のGに耐えれない」
「ブースター使用時の高Gに耐えれない」
(どちらもソフトウェアリミッターの設定でで簡単に回避出来たりして…w
強化人間の耐G能力は主に薬物で強化(セラミックの人工骨への置き換え描写
は無い様)なので、一般パイロットとの耐G能力差は少ないと想像)
しかし、普通のパイロットに運用出来ない高高度迎撃機というのは問題な気が…


「5.元々航続能力には乏しいので、ブースターを装着して無理矢理飛ばすことに。」

だと、「MA時の飛行性能(巡航性能や航空格闘戦能力の一部)は低い」事になってしまいます。
ブースターの設定は本来、「成層圏などの高高度戦域」や「弾道飛行利用で基地から長距
離戦域」へ短時間・高速で機材(ギャプラン)投入が目的でしょうから、飛びそう、速そうな
デザインで、巡航性能の低い空戦型MAってのも困った設定ですね…。


「そのままでは長時間飛べないのでブースターを装着する」
ブースター無しギャプラン(MA)の巡航性能が低い(=熱核ジェットの推進剤消費が
激しい)なら、プロペラントタンクを持たせれば良いだけ…ですし…、
巡航性能向上の改良の方が急務な気も…
2007/03/24 (土) 21:10:48 | URL | ねも #iozbGO92[ 編集 ]
おひさしぶりです~。

>耐G問題
これは自分も気になってたんですが、
普通に考えると方向転換のGだと思うんですよね。
単一方向のGがかかりすぎるとなると、明らかにオーバースピードな感じがするので。V2の方が加速きつそう。
仰る通り、普通の人間に使えない迎撃機なんて役に立たないと思いますしね。

>航続能力
宇宙用を改良したから問題があって、
それを空戦用に最適化したのがギャプラン改なのかなと思います。
また、推進剤消費が激しいのは、実は熱核ジェット/ロケットだったからだと考えるのもありなのかなと思ったり。
2007/03/26 (月) 21:22:51 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
はじめまして
お初です。
ほっとんどビギナーの者です。
映画版Z視聴をきっかけに幼いころから意味のわからなかったガンダムのストーリーをネットで調べまくってようやく味わえているところです。
今回はギャプランで検索してたどり着きました。

ヤザンは優秀というか適正があるから乗りこなせるということでいいんですかね?
ちょいと上記の中の設定のひとつを別のページで見て『乗りこなすことからして通常無理なのか、ヤザン版は何かデチューンでも?』と疑問に思い調べていました。
2007/07/05 (木) 04:38:29 | URL | まーくはんと(36ppqq) #hAQOBuh2[ 編集 ]
はじめまして、書き込みありがとうございます。

ギャプランが何故ヤザンでも乗れたのか、ということについては、
多くの設定資料では「ヤザンが凄いだけ」とされています。
しかし、「ヤザンが乗ったのは一般人にも乗れるようにしたタイプ」と解釈される場合もあります。

電撃ホビーマガジンの外伝企画である「アドバンス・オブ・ゼータ」では、
ギャプランを一般兵でも使用できるように腕のバインダーを換装したタイプが登場しますが、
その後パイロットは変わっていないのに、
何故か普通のギャプランと同じタイプのバインダーに差し戻されており(まぁ、そうしないとプラモ化できないからですが)、
デチューンされていると考えるしかないと言えます。
ヤザンが劇中でギャプランの性能に不満そうにしていたのも、
デチューンされていたからなのかもしれません。

ただし、ヤザンはハンブラビでギャプラン以上の運動性を発揮していますし、
ヤザンがたまたま加速に強かっただけとも考えられます。
実際のところ「何故ヤザンがギャプランを扱えたのか」を明示する設定は存在しないというのが現状です。

ガンダムの設定は細かいようであまり細かくなくて、
そのほとんどが受け手の勝手な解釈で成り立っています。
当サイトのMS辞典では、明示されている設定と受け手の想像に任されている部分を分けて記述しているので、
参考にしていただければ幸いです。
2007/07/05 (木) 19:19:59 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
ルロイ様、丁寧なご回答ありがとうございます。
なるほど、たいへん参考になりました。
確かにガンダムはけっこう融通が利いちゃってるというか
劇中例えば時間経過が本当はかなりあったのかもしれませんがMSの修理があっという間に見えるとか
リアルなこというとけっこうありますね。
ギャプランや設定についてはよくわかりました。
こちらのサイトはこれから参考にさせていただきますよ。
今はサラによるフォンブラウン壊滅テロがアナハイムに与えた被害とかがどれくらいか気になってたりします・・・
2007/07/05 (木) 23:00:49 | URL | まーくはんと(36ppqq) #hAQOBuh2[ 編集 ]
サラによるテロは1つの街を破壊した程度ではないかと思います。
その後なにか大きな影響があったようでもありませんし。
もちろん、月面で一つの街が消えるというのは大事ではあるかと思うのですが…

こういうフォローが何もないのがZガンダムなんですよねぇ。
2007/07/07 (土) 21:20:37 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.