がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
機動戦士ガンダムSEED C.E.73 DELTA ASTRAY1巻
早速ゲットしましたよ。デルタアストレイって刀みたいなの装備してたんだね、知らんかった。
純粋に作品として楽しむというよりは、小説の資料として購入した側面のほうが大きいです。
アークエンジェル出航後の外伝ってこれが唯一だしね。スターゲイザーはですトロイ輸送時くらいしか関わらないし。
特にロンドが誰に味方しているのかがわかったのが大きな収穫でした。

・ロンドはカガリの結婚式に来ていた
・ロンドはカガリとキラの味方
・ロンドはマルキオとも接点を持っている

 以上から、ロンドはターミナル系とのパイプもあると考えられます。また、カガリに対しては好意的なようです。もしかしたら、アカツキの開発に関わってたのかもしれないですね。
 とりあえずロンドをスカンジナビアに味方させたのは正解だったようです。第一話でロンドとカガリに接点を持たせたのはちょっと微妙かも。作中ではロンドはカガリに代表をやるように促したけど、実際は代表から離れることを促したからなぁ。ちょっと台詞を修正しようかな。
 ジュール隊とアグニスに接点があるというのもポイントか。ここも修正してもいいんだけど、そこまで必要なわけではないか。
 あとはカガリ結婚式前後にスウェン達ホアキン隊がオーブにいたこともポイントかな。

 単純な感想はというと、結局のところ種デスの物語を第三者の視点から見たらどうなるか、という話なんだねというのはよくわかった。現状は可もなく不可もなくという感じかな。ただデルタアストレイは強いのか弱いのかさっぱりわからん(汗)ヴォワチュールリミュエールが凄いのはわかるけど、パイロットの技術がどのレベルなのかいまいち。ザコには無敵だけどスウェンには負けちゃうあたり、凄いかませ犬みたいな感じなんですけど。

 設定的には、ヴォワチュールリミュエールにミラージュコロイドを組み合わせたのがデスティニー、ドラグーンシステムを組み合わせたのがストライクフリーダムってことでいいのかな。
スポンサーサイト
コメント
コメント
運命と攻撃自由の光推進はデルタとは別物だそうです
ちなみにスタゲとデルタも別物だそうで
まぁスタゲのVLは太陽風を受ける為の『光の帆』ソーラーセイル
んでデルタ他は単純に高性能なスラスター扱い
何で帆がいきなりスラスターになるのかわかりませんが…
スタゲは加速を外部に依存してたのに対して、自分が出した光を使って加速って事なんですかね?
デルタがスタゲと運命他の中間の機能らしいですが
これって内部と外部の両方に対応してるけど、その分半端な性能だったりして

それと、どうにも疑問なのは伝説と無限正義に光推進ないの?
2007/02/28 (水) 00:00:41 | URL | わんこ #2DdjN05.[ 編集 ]
いきなり新展開に呆れてます(笑)
序盤までは良かったのになぁ
焦りすぎな印象が残りますね。

あんまり深くしないで物語を広げるのが千葉氏の考えなのか?
2007/02/28 (水) 21:20:38 | URL | CRS #-[ 編集 ]
>わんこさん
別物といっても、同じヴォワチュールリュミエールであることには変わりないわけで、
要は使い方の問題と他の技術がどれだけ絡んでいるかなのでしょう。

ターンデルタの運用法から類推するに、スターゲイザーの場合はエネルギーを外部からもらっていて、デルタの場合は自力で賄えるという違いじゃないでしょうか。内燃機関と外燃機関の違いというか。
ただデルタの場合は燃焼効率がよくないので光の翼が出てしまうと。

>CRSさん
何かしらのテコ入れがかかっているのはわかりますね。
それが読者の評判がよくないからなのか、商業的な意図があるのか、作者の意図なのかはわかりかねるところですが、
アストレイはストーリーよりも新メカの増加が優先されることが多いですよねぇ…。
2007/02/28 (水) 23:57:25 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.