がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ザクの頭部バルカン砲
 ガルマ専用ザクは頭部にバルカンがあることで有名ですが、個人的にガルマザクのあれは飾りなんじゃないかと思っていました。だってザクの頭部にどう見ても弾薬なんて入らないじゃんと。
 でも、頭部バルカン搭載のザクってMS-06FSだけじゃないんですよね。06Dとか、06Mとかも搭載してるんです。最近知ったけど06R-3Sも搭載してるんですね。ゲルググは頭部バルカンを内蔵していないので、06R-3Sの頭部はゲルググのパーツも使いつつも、ベースはFS型なのかなぁと思ったりします。
 で、じゃあザクはどこにバルカンを装填してるのよという話です。

 正直のところ、アレックスのガトリングという、一番装弾機構が謎である機体が存在している以上、なんとなく不毛な気がするんですが、まぁちょっと思いついたことがあったので。

 ザクの頭部って、実はどんどん小型化してるんですよね。MG見れば一目瞭然ですが、06Fと06F-2ではだいぶ頭部の大きさが違います(ただし、カトキ氏の中では同じ大きさらしいです。ジオノだと同じ大きさですからね)。また、ゲルググの頭部の中身もほとんどザクと同じ構造ですが、ザクのそれに比べかなり小型化されています。技術の発展により、ザクの頭部は機能を向上させつつ、小型化されていったと考えるのが妥当でしょう。
 しかし、例えば06Dや06Mは、特に06Fと頭部の大きさが変わらないと考えられています。とりあえずMSVの設定画を見る限りはそう判断できます。でも中身も同じ大きさかは、設定画だけではわかりませんよね。実は、中身はF2型並に小型化されているんじゃないかと思うのですよ。で、その分の空いたスペースにバルカンを搭載していると。で、バルカン込みで既存のザクと同じ大きさになったという感じで。06R-3Sの場合、ゲルググの頭部にバルカンを仕込んだ結果、ザクサイズの頭部になったと考えればよいのではないでしょうか。

 つまり、06Dや06M、06FSの頭部は実はF2型系列だったのだ!ということが言いたかったわけです、はい。
スポンサーサイト
コメント
コメント
ザク系に関しては
ぶっちゃけ、モノアイレールから上の部分って
ガンダムやジムと違ってナニもない(在っても飾りの角位)ので
その余剰スペースぽい部分はだいぶ詰め込める様な気はします。
モノアイ自身も、表面のレール部分より外側の機構ですし
カメラからの配線はあるとしても、頭部可動に関する作動的な部分は
首あるいは胴体側に儲けてあったら、頭にはだいぶスペースが出来そうですよ
ガンダムやらジムにアレだけ弾積めるなら余計。
言うなれば、屋根裏的なスペースです。
2007/02/20 (火) 02:51:06 | URL | スウ #-[ 編集 ]
スペースは一見ありそうなんですが、プラモにはあまりスペースがないのですよ。
ただガンダムやジムに積めるならアリだというのはもうその通りなんですけどね。
ガンダムは側頭部に弾薬が詰められてるのがTV版の時点で描かれてますが、
ガンダムにはある側頭部ユニットがないジムはどう詰めてるのかというのも気になるところですねぇ。装弾数はガンダムより少なそうです。

そういえばガンダムのバルカンもあっという間に弾切れになってましたね。
ザクのも装弾数が少ないと考えれば無理はない…のかな?
2007/02/20 (火) 21:54:53 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.