がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
小説版「コロニーの落ちた地で…」
 ジオフロに続いて読破完了。同じ作者なので似たようなノリでしたが、こっちのほうがはるかに面白かったです。理由はたぶん、オーストラリア戦線という既存設定にない世界を描いていたからでしょう。メカ描写とかキャラ描写とか以前に、世界設定を読むだけで面白かったですね。
 あとは、元々ゲーム自体にシナリオ性が希薄なので、それをうまい具合に補完していること、ゲームにいないキャラがいい味を出していることが挙げられると思います。でも、ジオフロと戦記はその辺がいまいちだったんだよなぁ。なんだろ、作者以外に誰かアイデアを出した人がいたのかな。たぶんジオフロと戦記はファーストと同じ世界観を共有しているけど、コロ落ちはほとんど無関係だったのが良かったんだろうとは思う。
 というわけで少し内容を。

 ゲームはやったことないんですが、カードビルダーで最近ずっとホワイトディンゴを使い続けているので愛着が湧いて沸いてたまりませんでした。アニタもカード化しやがれこんちくしょう。
 正直ホワイトディンゴがやってることはフェンリル隊と大して変わらなかったです。「敵が作戦を企てている」→「何らかの理由でそれを察知する」→「相手はそれに気づいていない」→「ホワイトディンゴ大勝利」のパターン。ただジオフロだと敵側が常に負けるのに対し、コロ落ちはジオン側にもドラマというか第三勢力みたいなのが出てくるので、一方的な話にはならなかったということでしょう。ただその第三勢力=マッチモニードも、戦記の屍食鬼隊とだいぶかぶってるんですよねぇ。やむを得ない事情により命をなんとも思わなくなった兵士という描写はジオフロのレンチェフにも通じていまして、うーん、作者のオリジナリティに疑問を呈してしまいます。あとこの作者はマ・クベを悪く描きすぎ(笑)

 ただこの作品に限ってみればそんなマイナス面は存在しないので、これはオススメですね。投票で現在1位なのもうなずけます。Gジェネでも公式ストーリー扱いになってますし、WS版ギレンでもイベントが反映されているようです。ほとんど準公式作品ですね。コミック版は絶版だし。

 MS的にはやはりいまいちなのですが、それでもMS戦描写は他2作よりは頑張っているような気がしました。分かり辛いですけど。相変わらずザクとは何か、ドムとは何かは描けるけど、細かい機種の違いには言及しないんですよねぇ。スナイパーIIだけはちゃんと描いてくれたけど、キャノン系は出てこない。キャノン系はリアルに考えたらありえないって考え方なのかな?
 しかしこの作品には一つ超ウルトラ級の設定が。「現地改修によってホバー移動が可能となったザク」が登場するのです。これ、G型やろ?G型は07Cとか09Dとかと同様現地改修ナンバーである可能性が出てきましたよ。それなら外見が機体によってまちまちでも問題なしだね。というわけで設定的にもかなり美味しかったです(笑)

 ちなみにこの作者は、最近出た「一年戦争全史」にも執筆している模様。こちらのレビューはまた後程。
スポンサーサイト
コメント
コメント
林譲治
SF出身の架空戦記作家ですね。
林氏は。

主として架空戦記作家という種族は大衆向けの作品を書かざるを得ない為に、机上の空論的戦略や戦術を自論のみで「物凄い作戦」にしてみせたり、計画案に過ぎない試作機や未完成機のスペックを誇大に解釈して登場させたりする癖があるようです。

小説版「コロ落ち」でガンダム作家としてデビューした時、その豊富なミリタリー知識を用いて原作にかなりの脚色をしても割と面白かったように感じられたのは、「原作」のストーリーに基本で忠実だったからに思えます。
一方で「ジオフロ」「戦記」の場合は林氏独自の世界観が前面に押し出されて、原作の重厚な雰囲気(例えば戦局の悪化するジオン側の苦悩とか)が大いに削がれてしまったように思えました。(「戦記」に関しては、夏元氏のコミック版の方が遥かに世界観を保ってたかと)
最新作は「MSイグルー」シリーズのノベライズですが、こちらは原作にほぼ忠実な脚本にいくらか林氏の軍事的知識でもって解説を付け加えるだけに留まっていて、初めて良作(その功績は原作にかなり依存してますけど)になった様に思えます。

それにしても、ズゴックEで「すっごくいい!」なんてのを読んだ瞬間に、この作者のセンスを思わず疑ってしまいましたよ(苦笑)
また、「ジオフロ」のエイガーですけど、戦車でMSの後ろを攻撃するというのを『発案した英雄』みたいになってるんですけど、それ以外の連邦兵ってそんな事も思いつかない程の馬鹿だったのでしょうか?w
 
「コロ落ち」に関しては、キャラデザに戦記劇画家の小林源文氏を起用していたりと、原作の方が小説よりもよりハードな世界観に仕上がってますよ。
是非一度プレイして見て下さい。
2007/02/01 (木) 17:31:56 | URL | Me262(LMH) #uC/StMos[ 編集 ]
>「現地改修によってホバー移動が可能となったザク」が登場するのです。これ、G型やろ?G型は07Cとか09Dとかと同様現地改修ナンバーである可能性が出てきましたよ。

G型系は現地改修で様々なバリエがあるに1票。
V型系みたいなものか?
2007/02/01 (木) 20:42:18 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>Me262さん
理屈っぽい書き方とそれを丁寧に分かりやすく説明しようとすることろはそれっぽいですね。
あと、ミリタリー描写が豊富な割に、話そのものは勧善懲悪っぽいのがなんとも。指揮官の立場が色濃く描かれるのも特徴ですね。

「すごくいい」は確かにひどかった…ジオンの公用語は日本語なのかよって感じですね。ガンダムが無国籍を意識してることくらいは理解して欲しかったです。

コロ落ちやってみたいですが…そのためにドリームキャストやるのはなんとも(汗)
とりあえず攻略ガイド買って満足してます。ゲームでも結構ストーリー出来上がってるんですね。
元のシナリオがあったほうがいいタイプの作家なんでしょうね。

>突破さん
その辺のあり合わせのパーツで間に合わせてた感じみたいですから、
06R系のパーツを流用した機体が銀狼だったんだろうなとか、色々想像できますね。
ドムの配備はあまり進んでいなかったようですから、その埋め合わせに各地で行われていたのかもしれません。07Hのデータでも反映されてるんでしょうかね。
2007/02/01 (木) 21:48:26 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.