がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
百式のネーミングの意味
 百式はM・ナガノ博士が「100年後も通用するように願いを込めて」そう名付けられたと言われます。そのままの仕様で100年通用するという意味ではなく、基礎設計がという意味でしょう。例えばジェガンは30年間現役だった機体ですが、その後継機であるヘビーガン、ジェムズガン、ジャベリンもほとんど同じ設計だったようですので、実質的には60年以上通用した機体ということになります。
 百式の後継機はその後せいぜい百式改くらいしかなく、結局100年通用することはありまセんでした。ジェガン改という機体もありますが、後のジェガンにそれが受け継がれているようにも見えませんし。
 まぁそれはそれとして、どうしてM・ナガノ博士はこの百式という機体に「100年もってほしい」というほど思い入れを持ったのでしょうか?だってあれ、所詮は「Zガンダムの没案」でしかないじゃないですか。

 百式はデルタガンダムとして開発されていた可変MSが、構造的に欠陥があったために急遽非可変機として再設計されたことで生まれた機体です。本来は欠陥があった時点でその機体は廃棄されるでしょうから、それをわざわざ再設計して使ったということは、よほど可変機構以外の部分が優れていたのでしょう。
 「MSグラフィカ」によると、百式の売りはバランス制御の部分だそうです。また、デルタガンダムの構造を見る限り、可変機構そのものはZガンダムとさほど違いがないようで、手足や頭部はほとんど百式と同じであるようです。
 バランス制御に必要な物は、と言われると専門の知識がないので詳しいことは分かりませんが、とりあえず人体を基本に考えてみます。人体でバランスを司るのは耳の三半規管です。これが体の位置を認識しているので、どの方向に身体を向ければバランスが取れるかわかるのです。逆にこれがおかしくなると、自分がどの方向を向けばいいのかわからなくなって、ふらふらしてしまいます。酔った状態はそういう状態のようです。たぶん百式も三半規管が優れているんでしょう(笑)いやギャグじゃなく、そういうのを判断してるものがあるんでしょうね。OSなのかセンサーなのかは良く分かりませんが。頭部にそういうものがあるのかもしれません。
 ただ、単純に三半規管が優れていればバランス感覚に優れているというわけでもなくて、というのも体のバランスを制御するにはやっぱり体そのものが優れていなければならないわけです。体操選手とか、バランス感覚が良くなければできない運動は、やっぱり体を鍛えているからできるわけで。三半規管だけプロ選手並でも、身体が老人ではできることに限界があるでしょう。というわけで、百式はその構造自体がやはり優れているのだろうということになります。それはフレーム構造そのものでしょう。
 センサーやOSの類は移し替えてしまえばどんなMSにも移植できそうなので、百式のバランス制御を実現しているものはフレーム構造だと判断します。デルタガンダムが変形に失敗したのは強度の問題だそうですから、おそらく精巧すぎるそのフレーム構造は強度の部分ではいまいちだったのでしょう。繊細なものほど脆いのは当然ですからね。デルタガンダムと百式は胴体以外はほとんど同じフレームを使っているように見えますので、やはり優れているのはその点だったのではないかと思います。
 ナガノ博士はそのフレーム構造に凄く自信を持っていたのでしょう。極めて精巧な代物でしょうし、そういうものを完成させたらやはり気持ちいいものだと思います。ただ、それは美術品の感覚なんですよね。実際問題精巧であれば優れているというわけではないのです。ただ、100年前の機械と今の機械ではその精巧さには天と地の差があると思います。精巧さとはすなわち細かさです。昔の携帯電話はとんでもなく大きい物でしたが、今の携帯電話はそれよりはるかに小型なのに、はるかに高性能となっています。それだけ一つ一つのパーツが小型化されているということです。百式もまた、そういう意味で名付けられたのだと思うのです。つまり、「今は量産にも耐えられないしパイロットも選ぶ代物だけど、技術が進歩した100年後くらいだったらこの設計は間違いなく役に立つ」と考えたのではないかということです。例えば、今から10年前に今の携帯電話と同じ機能を与えようとしても、かなり大型で、高価で、しかもすぐバグるような代物だったと思います。百式も、そういう感じのものだったということです。
 百式は「100年後まで通用する」というよりも、「100年後なら通用する」という、極めて先進的な機体だったのかもしれません。もしかしたら、RGM-196フリーダムあたりは凄く百式に似たフレーム構造だったりするのかも。というかむしろ正体不明のジェイブスがそんな機体だったとか妄想すると楽しそうです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
ふーむ
四肢のフレームだけなら
Z系にも受け継がれている様な気はしますけどね(笑)
設計思想位なら・・・
2007/01/15 (月) 00:16:04 | URL | スウ #-[ 編集 ]
Z系フレームはガンダムMk-II系統なので。そのためにティターンズから奪ったんだし。ただ変形機構自体はデルタガンダムとほとんど同じですから、そういう意味では受け継がれていると言えるのかもしれません。
でもZガンダムの元になったのはプロトZのフレームなんですよね。プロトZは非可変説と可変説がありますが、非可変説をとった場合、デルタ→百式と逆パターンになるという点で興味深いですね。
この辺も掘り下げる余地がありそうです。
2007/01/15 (月) 22:06:50 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.