がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ガンキャノンのキャノン砲
 マイブームがゲルググからガンキャノンに完全に移行しました。というわけでガンキャノンの話。

 今更気づいたんですが、ガンキャノン重装型とガンキャノンIIってバックパックの形が同じなんですよね。つまり違うのはキャノン砲だけなんです。
 ガンキャノンのキャノン砲の砲弾は、バックパックには収納されていません。ノーマルのガンキャノンのバックパックを見ればすぐわかる話です。そのため、近藤版ではアレンジされてたりしますが、MG化された際に、背中を通して胴体に弾薬が収納されているという設定になりました。元デザインを尊重した上で弾が入っていることを前提とすると、そういう構造にするしかないようです。
 同様に、重装型の実体弾も胴体に入っていると思われます。ビームキャノン装備の重装型はその分のスペースが空き、その分ビーム用のバイパスに用いられていると考えられるのです。つまり、実体弾とビームキャノンの換装は極めて容易であると言えます。砲身と給弾機構しか違いがないわけですから。まぁ、ゲルググキャノンのように簡単に取り替えるというわけにはいかないでしょうけど。
 だとすれば、EBの誤設定から生じた「2砲門ビームキャノン仕様の重装型」も、あながちありえない話ではないのかな?と思うのです。この機体は必ずしもありえない機体というわけではなく、ジムキャノンIIに至る過程だと考えれば割と辻褄は合うんですよ。ガンキャノンIIの片側センサーのビームキャノンは割と理にはかなってるんですが、ジムキャノンIIにそれが受け継がれてないじゃんと。他に2門のビームキャノンを装備した機体というと、その誤設定の重装型だけなんですね。
 ちなみにジムキャノンIIとガンキャノン量産型もバックパックの形がほとんど同じなんです。ガンキャノン系列にとって、バックパックの形状は意味をなさないということがわかります。

 そういえば、マドロックはどこに砲弾が入ってるんだろうなぁ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
マドロックは実弾だったりビームだったりしますね。
はっきりしてくださいよって感じで。
個人的にはどちらかと言えば実弾の方が好きですが。

>ジムキャノンIIとガンキャノン量産型も
ビーム砲のガンキャノン量産型もできるって事なんですかね?
逆にビームの減衰しやすい自然環境下での実弾ジムキャノンⅡとか。
ありがちなネタですが。
2007/01/12 (金) 23:12:22 | URL | わんこ #2DdjN05.[ 編集 ]
マドロックはキャノン砲の基部を見る限り実体弾が通るスペースがない気がするんですよねぇ。
ビームサーベルが横についてるし、デザイン上はビーム前提のような気もします。

>ビーム砲のガンキャノン量産型、実弾ジムキャノンⅡ

どちらも可能だと思います。
ただ前者はガンキャノンですが後者はジムなので、背中の内部構造がどのくらい共通なのかわからないのがネックですね。
外見上は、ほとんど同じに見えるんですが。
2007/01/13 (土) 21:24:29 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
ガンプラレベルでは
HGUCのガンキャノンとMSVのガンキャノン2を合体させてガンキャノン重装型を作ろうと作業している最中です。ガンキャノンと重装型の違いも細かい点は多々あるのですが、結局違うのはバックパックだけだと私は思うのです。
2007/01/14 (日) 09:13:56 | URL | ポルノビッチ #-[ 編集 ]
重装型はそういう2個イチのために設定されたような機体ですからね。
自作するしかないのはキャノン砲部分だけですかね~。
2007/01/14 (日) 21:25:46 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
キヤノン|略称 = |国籍 = |郵便番号 = 〒146-8501|本社所在地 = 東京都大田区下丸子三丁目30番2号|電話番号 = 03-3758-2111(大代表)|設立 = 1937年8月10日|業種 = :Category:日本の
2007/01/24(水) 04:00:55 | まみのブログ
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.