がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ガンキャノンの装甲パターン
 量産型ガンキャノンの形式番号RX-77DのDが何を意味しているのか、いまいちわかりません。というかそもそもガンキャノンに末尾のアルファベット付きの型番ってないんですよね。と思ったらRX-77-1Aがあるじゃんと。
 ガンキャノンAはRX-77-1の装甲パターンを変更した機体だといわれています。見た目的に重装型に近い装甲になっているので、この機体をベースにRX-77-3、77-4と発展していったのだと思われます。
 つーことは、末尾のアルファベットって装甲パターンを指すんじゃないの?という話。

 ガンキャノンAを「装甲パターンA」として、量産型ガンキャノンを「装甲パターンD」とすると、ちょうど間にRX-77-3と77-4の装甲パターンにB、Cが当てはまるのでいい感じなんですよ。前述したとおり77-1A→77-3と発展したように思えますし、77-4と77Dはアンクルガードや頭部の形状などどことなく共通点が見られます。まぁ、BとCは他にも近藤版ガンキャノンを当てはめてもいいですし、そもそも77-3と77-4はA型装甲パターンをそれぞれ改修しただけかもしれませんし、そこはどうとでも解釈できるんですが、そう考えるとオペレーション・タイタンの見た目量産型・型番はRX-77-3のガンキャノンも「D型装甲のRX-77-3」と解釈できるわけで非常に都合がいいのでは?と思うのです。

 これを応用してジム系の型番の末尾アルファベットも装甲パターンなのでは?と思ったんですが、F型あたりが特にダメダメなのでこちらはあえなく没となりました。こっちはどっちかというと生産者による区別なのかな、やっぱり。
スポンサーサイト
コメント
コメント
確か当初はノーマル(-1&2)、重装型(-3)、II(-4)と数えて4番目でDだったような記憶があるんですが、1Aと絡めると確かに面白いですね。

そういえば、F型ドムもこの数えパターンネーミングですね。
2007/01/09 (火) 06:43:56 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
そういう解釈が存在したんですか?自分も以前はそう思ってました。

ドムフュンフのネーミングとF型の型番ってやっぱり関係あるんですかね?
2007/01/09 (火) 21:57:24 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.