がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
シャア少佐のカードビルダー戦記8
<あらすじ>
 シャア隊はザクマリンタイプ5機の部隊を設立した。しかしその戦闘の中で、ララァはシャルロッテを謀殺してしまうのだった。

シャア「む?シャルロッテの姿が見えないな」
ララァ「彼女はコンスコン隊に転属になりましたよ」
シャア「そうなのか?着任早々だぞ?」
ララァ「ドズル中将がその腕を認めて向こうに回したみたいです」
シャア「そうか。将官が部隊内にいると指揮系統も統一できないな」
ララァ「補充として別の女性兵を呼んでおきました」
シャア「ほぅ?」
ララァ「女性のほうがよろしいのでしょう?」
シャア「いや、そういうわけではないが…ララァ一人では寂しかろう」
ララァ「ええ、彼女がいれば私の能力もアップします」
シャア「能力が?」






20061231001745.jpg

キシリア「シャアか、久しぶりだな」
シャア「キ、キシリア閣下(汗)」
ララァ「キシリア少将はテンションMAX時にニュータイプの攻撃力をアップできるのです。我が部隊にうってつけかと」
キシリア「うむ。貴様たちの働き如何で、ジオンの未来は変わる。ギレン総帥に結果を見せるためにも、私も全面的にバックアップしよう」
イアン「これは心強い!艦長能力も最強クラスですし、大幅な戦力アップですね」
シャア「確かにそうだが…わ、私は閣下とは相性が…」
ララァ「私との相性でプラスマイナスゼロです」
キシリア「相性など気にするな?初期テンションが変わるだけだろう?」
シャア「そ、そうですが…なるほど、確かに女性か…」
キシリア「なんだ?」
シャア「い、いえ、なんでもありません」
ララァ「クスクス…」
イアン(この部隊ないで敵を作るのはやめた方がいいな…)

シャア「とにかく、課題はララァの新たな乗機だ。ザクキャノンでは近距離に不安が残る。それに機動性と攻撃の幅に難があるな」
ララァ「キシリア閣下には良いアイデアはありませんか?」
キシリア「ふむ…グフ重装型でいいのではないか?」
イアン「た、確かに…あれのフィンガーバルカンは近距離でも有効だし、射撃オンリーの機体だからララァにもうってつけだ」
シャア「なるほど、あれはこの部隊設立当時に配備されていた機体だ。灯台下暗しというやつだな…原点に戻る必要もあるということか」
ララァ「さすがです、キシリア閣下」
キシリア「ニュータイプと言えども、MSに関する知識は私のほうが多いということだな」

シャア:グフカスタム+ショットガン+シールド+ワイドレンジスコープ
ララァ:グフ重装型+脚部ミサイルポッド×2+強化炸裂弾
イアン:ザクキャノン(専用)+ジャイアントバズ+3連ガトリング砲+強化炸裂弾

シャア「これは近距離・中距離・遠距離のバランスが取れている。非常にいい編成だ」
イアン「少佐の機体は何故ワイドレンジスコープなんです?」
シャア「ヒートロッドは範囲が狭いからな。これで広げて当たりやすくする。ヒート剣は真横まで範囲が延びるから、すれ違いざまに攻撃を加えることも可能だしな」
ララァ「グフ重装型は遠距離にこそ攻撃できませんが、火力抜群です」
シャア「イアンのザクキャノンも3連ガトリングのおかげで接近されても迎撃できる。隙がないとはこのことだな」
ララァ「少佐、戦闘シミュレーターが発動しました」
シャア「来たな、相手は格上の友軍か…面白い!」

シャア「敵はグフか?しかもマ・クベ専用機か。イアン、高台に上って狙撃しろ」
イアン「了解です。敵機捕捉…しかし近づいてきません」
シャア「なに?何を企んでいる…」
ララァ「少佐、右翼より敵機!アッザムです!」
シャア「グフはおとりか!味な真似を!」
ララァ「迎撃します!」
シャア「よし、アッザムリーダーに気をつけろ。あれは機動低下を招く」
イアン「しまった、被弾!」
シャア「ちっ、私が迎撃する!」
ララァ「こちらも武器を破壊されてしまいました」
シャア「そうそう好きにはやらせんよ」
イアン「ショットガンの狙撃効果!アッザムを沈めましたね」
シャア「あとはグフだが…」
イアン「補給完了、迎撃します」
シャア「よし、一撃!やはり火力はザクキャノンだな」
ララァ「アッザムが再出撃しました」
シャア「二度は同じ手は食わんか…さすがに猛者だな」
イアン「しまった!撤退します」
シャア「イアンがやられたか、だがアッザムは盾がない!」
ララァ「一斉砲撃します!」
シャア「アッザムはやったが、グフがまだいるな」
ララァ「グフが背後に!」
シャア「ララァ!くっ、やられたか…あとはグフ同士の一騎打ちというわけか。何、母艦を盾にしてくる?えぇい、沈め!」
キシリア「シャア、戦闘時間が残りわずかだぞ」
シャア「お互い手負いだ、一撃を加えた方が勝つ!…なに、脱出艇だと!?」
キシリア「敵母艦が脱出艇を積んでいたようだな。これで2対1だ」
シャア「くっ、脱出艇が邪魔でグフに攻撃できん…」
キシリア「タイムアップだ」

シャア「脱出艇とは…まさかそのような手を使ってくるとはな」
イアン「しかしいい勝負でした」
シャア「うむ。この部隊であれば上級者でもやれる。そう確信したよ」
ララァ「あとは宇宙での編成ですね」
シャア「そうだな。宇宙用の機体は固定装備が強力な機体が少ないからな…火力重視の編成は難しいかもしれん」
イアン「でも、機動力の高い近距離格闘仕様・瞬間火力の高い中距離射撃仕様・射程が長く威力の大きい遠距離狙撃仕様の組み合わせはどんな部隊でも有効ですね」
シャア「まさにその通りだ。連邦でも格闘用にチューンされたジムコマンド、ミサイル装備のガンキャノン、180mmキャノンを装備したバズーカ装備のジムが活躍していると聞く。コンセプトはこちらも同じだな」
ララァ「一つの結論が導き出せましたね」
シャア「そうだな。この戦争も終結が近い。新たな機体が配備されても、この組み合わせは崩さないようにしたいものだな」

イアン「今回はオチはなしですか?」
シャア「機体が配備されないのだ…」
ララァ「出ない時はほんと出ませんからね…」
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.