がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
アイナ様のカードビルダー戦記2
<あらすじ>
 コンスコン隊に配属されたアイナは、アッガイのパイロットになった。

コンスコン「突然だがブレニフ、アプサラスを下りるのだ」
ブレニフ「な、何故ですか」
コンスコン「先日このような物を手に入れたのだ」

20061229231931.jpg


ブレニフ「これは…ビームバズーカ!」
コンスコン「シャアの部隊ではザクやらグフやら出力の低い機体ばかり運用しているからな、こちらで試すことになったのだ」
ブレニフ「なるほど。アプサラスでは装備できませんしね」
コンスコン「そういうことだ。ゲルググキャノンを配備させたから、貴様が乗れ。ジオンで射撃と言えばお前だからな」
ブレニフ「了解です。しかし、ビームバズーカにゲルググキャノンでは近距離が不安です。僚機がなければ」
コンスコン「そうだな…コスト的にロバートのグフではきついものがあるが…」
アイナ「あの…」
コンスコン「な、なにかな?」
アイナ「先程、すぐそこで倒れていたジオン兵の方を救出したので、お連れしました」
コンスコン「何?」






20061217012809.jpg

「救出していただき、ありがとうございます」


コンスコン「目立った外傷はないようだな」
アイナ「私が看病しましたので」
ブレニフ「少将、彼女は僚機のパイロットに最適かと」
コンスコン「そうだな、コストも安いし」
シャルロッテ「救っていただいた恩もありますし、やらせていただきます」
コンスコン「よし。ではこの機体に乗るのだ」



20061229233320.jpg

シャルロッテ「これは、ゲラート隊長のザク!」
コンスコン「スパイクシールドとザクバズーカの適性武器も装備させておいた。さらに伏兵をつけておけば、低コストの機体もパワーアップする」
ブレニフ「くわえて、旧ザクはレベルアップ時に覚醒以外の全能力がアップする仕様だ。君のようなパイロットにはうってつけだろう」
シャルロッテ「能力が低いってことですね…うぅ、わかってますよ」
ブレニフ「成長すれば、そのコストの安さが武器になる。私も教導師団で新兵の育成をやっていたことがあるのだ、私についてくればいい」
シャルロッテ「は、はい!」

ブレニフ「まずは私が先手を取る。君は後方で援護だ」
シャルロッテ「了解です」
ブレニフ「ビームバズーカは射程が長いな…しかもゲルググキャノンのビームキャノンとある程度範囲が重なるようだ。これは使いやすい」
シャルロッテ「一撃…!さすがワンショットキラー」
ブレニフ「だが範囲が狭いな。高出力ジェネレーターで威力を上げるより、ワイドレンジスコープでレンジを拡大したほうが良さそうだ」
シャルロッテ「接近してきた機体は私が!」
ブレニフ「む、焦らなくていいぞシャルロッテ少尉」
シャルロッテ「全然当たらないよぉ(汗)」
ブレニフ「私も格闘は得意ではないのだが…」
シャルロッテ「やっとザクバズーカがあたったぁ!」
ブレニフ「よくやった。しかしこのゲルググキャノンは強力だ。バックラーシールドもいいが、3連装ミサイルランチャーで攻撃力を上げてもいいかもしれないな…」
シャルロッテ「さすがです、中佐」
ブレニフ「いや、君もなかなか筋がいい。どうだ?私の個別指導を受けてみないかね?」
シャルロッテ「えっ?」
ブレニフ「ゆだねてごらん…」
シャルロッテ「えぇーっ!?」



20061205225141.jpg

「何をやっているのですか!」

ブレニフ「ア、アイナ様!?」
アイナ「ブレニフ中佐、先程のレベルアップで射撃能力がMAXになったようですね…しばらく戦う必要もないでしょう。前線から下がってください」
ブレニフ「ど、どういうことですか」
コンスコン「お前を出すことは経験値の無駄になるのだよ。それにコストが高すぎる。君の役目は終わったのだ」
ブレニフ「しかし、アプサラスは」
アイナ「アプサラスには私が乗ります」
コンスコン「シミュレーションの結果、適性パイロットが乗れば、お前と同じくらいの命中率は出ることが判明したのだ」
ブレニフ「そ、そんな」
アイナ「ごゆっくり休暇を取ってくださいませ♪」

シャルロッテ「び、びっくりした…」
アイナ「ブレニフ中佐はいい教官になれそうでしたのに」
シャルロッテ「結構学ぶものは多かったです」
アイナ「色々と、ですわね。ところでコンスコン中将」
コンスコン「何かな?」
アイナ「この部隊にはオペレーターがいないようなので、召集しておきました」
コンスコン「なに?」







20061229235515.jpg

「ユウキ・ナカサトです…よろしくお願いします」
コンスコン「う、うむ(何故だ…最近急激に若い女性兵が集まってきおる…女性兵は連邦の方が多いイメージだったが…何が起こっているのだ)」
アイナ「歳の近い同姓の方が多いと、安心しますわね」
シャルロッテ「そうですね。よろしくね、ユウキ伍長」
ユウキ「よ、よろしくお願いします」


20061229235515.jpg20061205225141.jpg20061217012809.jpg




20061116223346.jpg

「圧倒的じゃないか…我が軍は」
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.