がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
シャア少佐のカードビルダー戦記7
<あらすじ>
グフカスタム、ハイゴッグ、シャア専用ズゴックと、次々と戦力が充実していくシャア隊。ララァの機嫌も直ってきた頃、新たな女性兵・シャルロッテが配備され、再びララァのプレッシャーは増大するのだった。

シャア「フフフ…ついにこの時がきたのだ」
イアン「な、なんです?」
シャア「見たまえ」


20061228214938.jpg20061228214938.jpg20061228214938.jpg20061228214938.jpg20061228214938.jpg


イアン「ザクマリンタイプが5体!?」
シャア「そうだ。ワラワラデッキ、通称藁と呼ばれる編成だな」
イアン「しかも装備がみな同じ…まさか」
シャア「全機ネイビーフルバーストだ」
イアン「パイロットはどうするんです?」
シャア「フ、エキスパートを呼んである」




20061228220115.jpg

ドズル「シャア!なんだこの俺を呼びつけて、晩餐の予定がパーではないか」
イアン「ド、ドズル中将!何故ここに」
シャア「フ、カード解説の右下を良く見たまえ」
イアン「量産機の大編成…なるほど」
シャア「そしてそれ以外のパイロットには水中戦のエキスパートを用意した」
イアン「ブーン大尉とか?」
シャア「それだけではないぞ」

20061116221809.jpg

ブーン「少佐、部下を連れてまいりました」

20061228220645.jpg20061228220730.jpg

シャア「よく来てくれたな」
ボラスキニフ「お久しぶりです少佐」
マリガン「ご活躍は聞いていますよ」
イアン「彼らは?」
シャア「マッドアングラー隊のメンバーだ」
イアン「なるほど、それで水中戦が得意なんですね」
シャア「うむ。水中にいるだけでテンションが上がる面子だ」
ブーン「我らの力、連邦に見せ付けてやりますよ」
シャア「頼むぞ。しかし、一人足りないな」
イアン「自分出ましょうか?コスト安いですし」
シャア「そうだな…しかしイアンでもコストはきつい」
ララァ「少佐、ちょうどいい方がいますよ。最近加わった…」
シャア「ん?」


20061217012809.jpg

シャルロッテ「えっ?私?」
シャア「確かにコスト的には問題ないな…」
ララァ「でしょう?」
シャルロッテ「えぇ~っ?」

20061116221809.jpg20061228220645.jpg20061228220730.jpg

マッドアングラー隊「よろしくな!」


20061217012809.jpg

シャルロッテ「は、はい(汗)」

ドズル「なるほど、この部隊の指揮を私に任せたいというわけだな」
シャア「はい、お願いできますか?」
ドズル「いいだろう!面白い部隊だ」
シャア「ありがとうございます」
ドズル「では出撃だ!」
シャルロッテ(まぁ…フェンリル隊とそんなに変わらないか)


シャア「素晴らしい攻撃範囲だ。画面の半分は埋まっている」
イアン「そうですね。これなら大抵の敵は迎撃できそうですが…」
ドズル「遠距離砲撃!姑息な!」
シャア「射程の長い機体には勝てないな」
イアン「1機くらい盾持ちの機体が欲しいですね」
シャア「そうだな。考えておこう」
ブーン「反撃します!」
イアン「うは、2機でロックオンしただけで×6とか出てる」
シャア「盾装備でも一撃で破壊するな」

ドズル「ガハハハ!ザクマリンタイプ量産の暁には、連邦など蹴散らしてくれる!」
イアン(それは無理だと思う…)

シャア「しかし見た目の割にロックオンが全く決まらんな」
イアン「攻撃範囲が広いだけじゃダメですね。ちゃんと狙わないと」
シャア「だが5機もフィールドにあると誰が撃墜されたのかも分からんな」
イアン「結構プレイヤーの技術が要求されますね」
シャア「だが、次に何を動かすか考えながら動かすのは、将棋に似た戦略性を感じる。熟練者が藁編成を好むのもわかる気がするな」

イアン「戦果はまずまずですね」
シャア「思ったほど強力ではなかったな。ネタ編成だ」
イアン「まぁ、こんな編成する人は他にいないでしょうね」


シャルロッテ「ふー、なんとか生き残った…ザクマリンタイプは装甲が弱すぎね」
ララァ「あら、生きてたのね」
シャルロッテ「マッドアングラー隊の方々は撃墜されちゃいましたけど、私はなんとか、運が良かったです」
ララァ「貴方が生き残るなんて、そんなことはスタッフが許してもこの私と視聴者が許すもんですか」
シャルロッテ「えぇっ!?私カテジナ役ですか!?」

シャア「何の爆発だ?」
ララァ「勝利」
シャア「?」
イアン「ことぶきつかさ分かる人じゃないと分からないっすよこのネタ」
ドレン「少佐、先程の戦闘で敵機を鹵獲しました」
シャア「なに?またか。嫌な予感がするな…」






20061228223057.jpg

シャア「またガンダムか(汗)」
イアン「これは鹵獲ではなく回収というのではないでしょうか?(汗)」
ララァ「コストが大幅に低いガンダムと考えれば…」
シャア「しかし出力はジム並まで下がっているし、腕が一本ないぞ」
イアン「なんでこんなのがレアなんだ…」
シャア「売却する価値もなさそうだな、これは…」
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.