がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
シャア少佐のカードビルダー戦記6
<あらすじ>
ザクキャノンのイアン専用機が想定以上の性能を発揮し、地上部隊の戦力が充実していくシャア隊。そこに突如現れたアイナ・サハリンは、ララァの嫉妬によってコンスコン隊に送られたのだった。

ドレン「突然ですが機体の交換要請が来ています」
シャア「なんだ?どういう機体がある」
ドレン「リストはこのようになっていますが…」
シャア「む、これは…!」

20061217002536.jpg

イアン「グフカスタムじゃないですか、これは少佐の陸戦機としてうってつけなのでは?」
シャア「確かにな…赤くないのが癪だが、ザクキャノンとのコンビネーションを考えた場合、これほど適当な機体はない」
ドレン「代わりに何を出しましょうか」
シャア「ガンダムでよかろう」
ドレン「鹵獲兵器も欲しいと言っていますが」
シャア「かまわん、ダブっているし出してしまえ」
ドレン「了解です」


シャア「よし、グフカスタムを手に入れたぞ。早速使ってみるとしよう」
イアン「了解です」
シャア「ララァ、出撃するぞ」
ララァ「…はい、少佐」
シャア(元気がないな…どうするシャア?)
イアン(少佐が迷っておられる…)

シャア:グフカスタム+ショットガン+グフシールド+ワイドレンジスコープ
イアン:専用ザクキャノン+ジャイアントバズ+3連ガトリング砲+強化炸裂弾
ララァ:ザクキャノン(ラビット)+ザクバズーカ(増加マガジン)+強化炸裂弾

シャア「やはりグフは格闘がすべてだな。ガトリングシールドで射撃を狙ってもいいが、それでは両手持ち武器が使えなくなってしまう」
イアン「両手持ち専用武器のショットガンは強力ですね」
シャア「ほぼ確実に全弾あたるマシンガンという感じだな。しかも防御状態で撃っても射撃時とほぼ同じ威力になるというのが心強い。盾を構えながら攻撃することができる」
イアン「少佐が前線で撹乱してくれるので、こちらも狙いやすいですよ。ねぇララァ少尉」
ララァ「え、えぇ」
シャア「だが前線と後方で分かれてしまうと、敵も分散させてくるから結局各個撃破になってしまうな。あまり離れすぎない方がいいようだ」
イアン「そうですね、我々は近づかれると弱いですし」
シャア「ララァはザクキャノンでない方がいいかもしれんな…別の機体を考えておこう」
ララァ「…」


イアン「グフカスタムは問題ありませんが、編成は考え直す必要がありそうですね」
シャア「そうだな。ザクキャノンと同等以上の射撃能力があって、接近戦もカバーできる機体があればいいのだが」
イアン「バルカンかマシンガンがあればというところですかね」
シャア「そうだな…。ちょうどいい機体があればいいのだが」
ドレン「少佐、先程の戦闘で新たな機体が配備されました」
シャア「うむ。見せてみろ」




20061217010811.jpg

イアン「これは…!」
シャア「またレアな機体だな」
イアン「ちょうどハンドミサイルユニットもありますし、使えそうですね」
シャア「うむ。早速乗ってみることにしよう。ララァ、ザクマリンタイプで援護してくれ」
ララァ「はい、しかしイアン中尉のほうが良いのでは?」
シャア「ネイビーフルバーストはララァの方が慣れているだろう」
ララァ「それはそうですが…」
シャア「頼むぞ、私は慣れない機体で上手く扱えんかもしれん」
ララァ「は、はい」

シャア「ハンドミサイルユニットの威力はいまいちだな…」
ララァ「格闘はそれなりに強力のようです」
シャア「それはそうなのだが、機動性はそこまで高いというわけでもないな。動きがトリッキーな気がする」
ララァ「相変わらずネイビーフルバーストは強力です」
シャア「ララァの方が撃墜数が多いか…さすがだな。それにハイゴッグは見た目ほど強力ではないようだ」
ララァ「しかし、水中部隊としては強力な戦力かと」
シャア「そうだな。よし、ハイゴッグはブーンに使わせよう」


ドレン「少佐、発注していた機体が届きました」
シャア「おお、届いたか!」
イアン「何です?」
シャア「まぁ見たまえ」

20061217005637.jpg


イアン「これは…!すでに生産中止になっていたはずの赤いズゴック!」
シャア「どうにか払い下げられた機体を買い戻せたのだよ。これでようやく専用機で戦える」
イアン「ズゴックはただでさえ強力な機体ですから、これは百人力ですね」
シャア「これにハイゴッグとザクマリンタイプを加えれば、水中での戦力はほぼ完璧と言っていいだろう」
ブーン「久しぶりの出撃ですな」
シャア「うむ、グラブロに乗っていた貴様にはむしろハイゴッグのような異形の機体は扱いやすいだろう」
ブーン「ズゴックよりはしっくりきますな」
シャア「では出撃だ」

ブーン「攻撃が当たらない…」
シャア「レベルが低いからな、仕方ない。私に任せろ」
ララァ「さすが少佐…確実にクリティカルが出ています」
シャア「やはり専用機でなくてはな!」
ブーン「自分も負けてはいられませんな」
ララァ「盾のない機体は私が一撃で破壊します」
シャア「いいコンビネーションだ、悪くない」
ブーン「しかし、ハイゴッグはコストに見合う機体かどうかは疑問が残るところです」
シャア「そうか。機会があれば手離してもいいかもしれんな…まぁいい、今回はこんなところだろう」
ララァ「少佐はやはり赤い機体の方が似合っています」
シャア「ララァもそう思うか、私もそう思う」

イアン「ララァ少尉の機嫌、直ってきたみたいじゃないですか」
シャア「一時はどうなるかと思ったがな」
ララァ「少佐、私の機体の件ですが…」
ドレン「少佐、新たなパイロットが配属されました」
シャア「ん、ララァの話はあとで聞かせてくれ。新たなパイロットを通したまえ」
ドレン「はっ」




20061217012809.jpg

シャルロッテ「本日付けで配備となりました、シャルロッテ・へープナー少尉です!よろしくお願いします!」
シャア「ほぅ…よく来てくれた。まだ新米のようだな。私が懇切丁寧に始動するから安心したまえ」
シャルロッテ「はい!光栄です少佐」

ララァ「…(怒)」
イアン「あぁ、少佐の馬鹿…」

続く。
スポンサーサイト
コメント
コメント
何だか、仕事がけっこう順調で、そっちに手が回っていて、
家庭が疎かになってるようなサラリーマンのような感じが。

新たな部下が女性って言うのも運が良いのか、悪いのか(笑
NTでも、女性の機微には疎いのかな??
2006/12/18 (月) 20:46:51 | URL | カセクシス #6x2ZnSGE[ 編集 ]
ここのシャア少佐が
「ガンダムさん」の方のシャアに見えて来てしょうがないです。
「こまります 少佐」
2006/12/18 (月) 21:31:25 | URL | スウ #-[ 編集 ]
>カセクシスさん
シャアって結構そういう人だと思うんですよね。
絶対子供に懐かれないタイプというか。

NTは女性に疎いと思いますよ、カミーユとかはハサウェイとか…

>スウさん
あー、結構イメージしてるかもしれません(笑)
ララァが突っ込み役なところとかかぶってますしね。
シャアは動かしやすいキャラでネタにしやすいんですよね~。
2006/12/18 (月) 22:02:58 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.